セックスレシピの作り方

恋も、性も、私らしく。「自分をもっと大切にしたい」と思った時に読むブログ。

「みのりさん、はやく出て行って欲しい。」

 

ぶっちゃけ、自分がクソ野郎であるという自覚はとてもある。そのくらいには客観視出来るが、それを矯正出来るかといえばまた別の問題になってくる。兎にも角にも、嘘が吐けない。他人に吐けないのなら"正直者"とまだプラスの評価を貰うことも多々あるが、自分に吐けないとなるとこれ、マイナス評価の方が実は多くなってくる。"浮気者" "クソ野郎" "裏切り者"といった評価になる。

  

パートナーが居ても、他の誰かを好きだと思えばもう好きなのだ。歯車を止めるストッパーが存在しない。何かへの興味が首を擡げれば、隣に居る人間に構わず一目散に駆け出してしまう。過去は過去、今は今だから、言っていたことは卓袱台より早くひっくり返る。けれど台を返す側は相手だ。「言っていたことが違うじゃないか」「約束は守れ」クレームが飛ぶ。私だって、可能な物ならそうしたい。"初心貫徹"、地球上で一番憧れる四字熟語だ。

 

 

…けれど、それは叶わない。これはもう、私の性分なのだ。嘘を重ねたところで、最後は溢れて洪水になって、もっと大きな被害と瑕を残してしまう。だから、ある時から誤魔化すのを辞めた。怒られることは増えた。けれど、ややこしくはなくなった。恋人公認で恋だってセックスだってする。面白そうなことには二秒で足を突っ込む。その時から、やっと、人生が楽しいと思えた。生きる事は絶望だという瑕は、今も心の隅には残ってはいるけれど。

 

 

 

優樹(同居中の、分かりやすく言うと"彼女")と同居を始めたのは去年の春。彼女程懐と器の深い人間を私はまだ知らない。どんな弱さも受け止める、ステータスは攻撃力ゼロ包容力カンストといった具合。寂しいと言えば、「じゃあ仕事休もうか」と真顔で言う。決して無理をしない、どれだけ周りに怒られても。本当に大事な物を、大事に出来る人間だ。私にはとても真似が出来ない。

 

鬱に徐々になっていった一年、隣にヒデアキが居た。今も、そして死ぬまで、彼を一番愛しているのはおそらく変わらない。だから、あの日の決断を後悔はしていない。家を出たいと言った彼に、今は自分のペースで頑張りたいのだと告げた彼のその思いに、頷いたことを。寂しくなかった訳ではない。その後、コンドームを捨てながら涙を零したのも覚えている。それでも、彼の進むその背を押したかったし、その足を引っ張るのは一番嫌だった。時々会って、元気そうな横顔を見る度に、私の為に残らないで居てくれてありがとう、と思う。

 

鬱が徐々に回復していった一年、隣に優樹が居た。彼女を通して死ぬ程自己嫌悪を抱えた。彼女は何時だって弱さを見せられる強い人だ。彼女に癇癪を起こしたことも一度や二度でない。けれど、一度も彼女は怒らなかった。神様じゃないかと思う。そうして見守られながら回復して、今度は立場が逆になっていた。「自分のペースで頑張りたい、チャレンジしたい。だから、出て行きたい」。鬱の時に一緒に歩いてくれる程スローな彼女のペースは、チャレンジしたい私のペースと次第にズレていった。支えてくれた彼女を裏切るのかと、正しい私が始終私を責め立てた。年明けのある日、罪悪感と自己嫌悪で爆発した。それを全部受け止めてくれたのもまた、彼女だった。

 


「…みのりさんが大好きだから、一人になるくらいならもう死にたいかもしれない」

 


伝えた直後の彼女は、しばらくご飯がロクに喉を通らなかった。なんて酷いことを言っているんだという自覚はある。パートナーとして100人いたら、少なくとも過半数は私を嫌うか、病むか、気が狂うか、大喧嘩になるか、兎に角私は"クソ野郎"だ。私と住む為に実家に出て来たと言うのに、喧嘩したとか嫌いになったとかでもないのに、自己都合で離れさせてくれだなんて。私の周りは自由主義だけれど、そうでない価値観の方が圧倒的に多い。私が出来るのは、「ごめん」と「ありがとう」を繰り返すことだけだった。

 

 

 

 

一週間程経っただろうか、彼女がにこりと笑って言った。

 

「一人は寂しいけど自分は自分で自分の人生に集中する。出て行ったら油絵を描く。…だからね、はやく出て行っていいよ」

 

死にたいと言った彼女の前では必死に堪えていた涙が、この時ばかりは堪えられなかった。ごめんなさいより、ありがとうの方が、突き上げる物があるらしい。

 

 

 


抱き締めた彼女は、いつも通り私より少し体温が高くて温かかった。いつもワガママで周りを振り回す。その度に自己嫌悪が心の隅の瑕を抉る。けれど、私の隣に居てくれる人はどうしてか、それごと抱き締めてくれるのだ。絶望はやっぱりあるけれど、優しさもやっぱり同じだけあることを、思い出させてくれるのだ。

 

 


もう一人の彼女もまた泣かせて、けれど抱き締めてくれた話は、いつかまた今度。

 

f:id:sexrecipe:20200125175702j:plain

 

 

​───2020年は、私の中で大きく音を立て始めている。

 

 

 

 

 

 

みのり