セックスレシピの作り方

恋も、性も、私らしく。「自分をもっと大切にしたい」と思った時に読むブログ。

絶賛浮気中の今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


ぶっちゃけると、最近彼女公認で浮気をしていて(浮気とは微塵も思っていないけれどわかりやすく図式にするとそうなる)、最近彼女とその子とで喧嘩したというので絶対修羅場になるのも目に見えてはいるんだけれど、「3人で住んだら絶対面白いのになー…」ということを思っている。更にぶっちゃけると、その子と通話を繋ぎながら彼女とシたセックスがなんかもうシチュエーションに燃えすぎてしまって、声聴いただけで潮吹いてしまったから、セックスはテクニックより相性より時に大事なものがあるぞ、と最近思っている。


最近LINEコラムの方は、私がコラムを書いて、感想として返ってきた読者さんの面白い物語を匿名で読者さん達に共有して、すると化学反応が起きてそれをまた共有する、という形を取っている。みんな言わないだけでさ、本音を、タブーだからって言えないだけでさ、好きって気持ちを、けれど隠せる物でもないから、こういうクローズドな場所でぽろりと打ち明ける。それでいいと思っている。そういう場所でありたい。そういう意味で、私のLINEコラムは媒体というより媒介なんだろう。



「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




最近は「2人とも好きなんです!」という話が多くてニヤリとしている。何たって私の掲げる言葉は「愛したい人を、愛したいだけ、愛せる世界」だ。いいじゃないかと背中をドカンと押していく。これは私が先陣切っていきたいし、その姿で「まぁ傷だらけにもなるけど、それでも好きな人を好きで入れるのって、やっぱ幸せだし楽しいんだよね」って笑っていたい。そりゃあ私も葛藤するし。その二人が喧嘩しているの見たら「まぁ私のせいですよね」ともなる。酔いが回った暁に、その潮盛大に吹いた後、おまけに盛大に泣いた。二人に怒られた。「お前がワガママ張らなくてどーすんだ」「正しさより譲れない間違いで突っ走れよ」──はい、としか言えない。今後は二人に何があっても、私は私のワガママ張っていこうと心に決めた瞬間だった。…ありがとう。



"長年付き合って来た彼も大事にしたい、けれどこのときめきも止められない"。…そういうもんだろ、人間って。そういうもんでしょ、恋愛って。だから楽しいんだってこと、忘れると女として、人間として、何か大事なものを失ってしまう気がしている。振り回して、「傷ついた!」とかぶつけられた言葉に傷ついたりして、でもやっぱり「…それでもね、愛してる」って言えた時、人は無敵になる。恋愛に限らず。そこら辺に、私に取っての「愛」の定義みたいなものが転がっている気がしている。



f:id:sexrecipe:20190517204132j:plain




5月に入って、やっと、自分の足と自分のペースが合ってきた気がする。今まで走ろうとして、そのテンポが合わなくて、足を縺れさせていた感覚があって。何度も転んだ。きっとまた何処かで転けるのだろうけれど、それでもやっぱり走り続けたいんだ、私は。



来月久々のイベントをやろうと思っている。6/21(金)、江ノ島ラムピリカで。詳細はまた追って告知するけれど、よければ開けておいて欲しい。今までより、「優しさ」と「シャープさ」のある内容。それは私達に限らず、参加する側も。何も生まれない「対話」は、嫌いなんだよね──。




惰性で愛したくはないから。私は永遠の愛も誓わないし、嫌いなものには手を振って笑って"バイバイ"がいい。



───────


読者さんと紡ぐ、アナザーストーリーのコラムはこちら。

「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.012BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.