セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

自分をどうしても、どうしても愛せなくなった時に。


自分を愛する──それはこのブログの一貫したテーマだと思う。初期のセックスメインの記事も、それからの変遷も、最近の公三角関係も、このテーマに沿わない記事はここには殆どないと思う。ここは私のために私が綴る言葉の源泉であり掃き溜めであって、それ以上でもそれ以下でもない。だから、言い換えれば、私が私に投げかけ続けていないと死んでしまうライフテーマそのものが、「自分をいかにして愛するか」という、その一点に尽きる。




何を以って自分を愛したことになるのか。そんなの、きっと金星に行って訊いてみたところで分かりはしない。自分でそう思えたらいいのかもしれないけれど、一瞬一瞬変わってゆかざるを得ない人間にとって、それは途方もなく難しい。だから何度でも立ち止まるし、途方にくれるし、泣き喚きもする。


もしかしたら、私が一番私を肯定できていたのは「本音で生きる」と言っていた頃だったかもしれないけれど、そんな一つの枠組みも、しばらくすれば合わなくなってくる。大人になれば洋服のサイズはそうそう変わらないけれど、変わりに価値観や判断基準の衣替えが忙しい。一年に四回じゃきかないかもしれない。

それで私は、またいつものように立ち止まって、合わなくなった服を手に、ぐるりと周りを見渡した。
 

 




人間の、途方もない、弱さを見た。


今回そこに足を踏み入れたのを、偶然だの必然だの言う論議に、さして価値は感じない。だけど、きっと私の生き方は少なくとも、そのラインのすれすれのところで立ち続けている気がする。そこでしか見えない風景を見ていたいのかもしれない。駈け出す勇気がないのかもしれないし、もしかしたら、本当は足そのものがそもそもなかったのかもしれない。



気付けば、気力が底を尽きて、メールの返信が滞るようになっていた。ただでも起きれない三度寝常習犯が、寝ることメインの五度寝野郎になっていた。そのうち疑心暗鬼と呼ばれる鬼が心のどこかに住み着いて(普段も時々遊びには来るけれど)。音や声に耐えられなくなった。徒歩3分のカフェに行くのが富士登山、電車も数駅が限界で、サングラスとイヤホンなしには外出出来ず、夜中に静かに吐いていた。死ぬことに関して日々考えるのは長い日課だけれど、なんと一日半分ほどの独占市場になっていた。動悸も涙も、完全にアウト・オブ・コントロール。……でもその頃の記憶は、あまり私にはないけれど。


あるラインまでは、自分を愛することは、基本的にいつだって可能だと思う。でも、絶対じゃないのだと知った。地軸がひっくり返ってもそれを為し得ない場所があるのだと、今回身を以って痛感した。

その時はもう、誰かに代わりに愛してもらうしかないのだ。掛けてほしい言葉を、もう一つの口から言ってもらうしかないし、大事にされるしかない。それを甘えだと言ってもいいけれど、昔の私はそう言ったかもしれないけれど、一つまた心象風景が増えた今現在の私としては、「いいじゃない、代わりに誰かに愛してもらいなよ」と、心静かに言ってあげたいと思う。



矛盾。それは途方もなく美しいのだと思う。自分の中にある相反する感情も、敵対する何かに抱く愛情も。決意の上での揺らぎとか、許した上での怒りとか。私の見たい世界というと仰々しいけれど、私が生きてゆく上では、そういう世界でないと駄目なんだとはつくづく思う。




氷炭相容れずとは言うけれど、
どちらもこの世界にはあったりするし、
冷たいビールで炭火焼きを流し込むBBQは楽しかったりするのだし。


f:id:sexrecipe:20180223025954j:plain

(鮮やかな薔薇と温かい言葉をありがとう、まさ姉!)


 



矛盾を肯定する、物語を。
そこから生まれる、世界観を。

そしてかたち作られる、世界そのものを。





自分を愛せないとうことそのものが何より、自分を愛することなのかもしれない。







TwitterFacebookInstagram(フォローお気軽にどうぞ!)

        Twitter:みのりの脳内。またの名を、メモ。

   Facebook:ハイライト。

   Instagramリニューアル予定。

 

 

 
■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 

 

Words Warm the World.

 





藤井みのり