セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

やりたいことがない人ほど、起業に向いている。私の仕事は、生きててよかったと思うこと。

 

「やりたいことがない」

 

どうして生きてると、どうにもこうにも、「やりたいこと」を前提に持ってこられるのか。
それがないと生きてちゃいけないのか。そんな人生の片道切符をもらった覚えはないけれど、もしかして私はどこかで間違えてなくしてしまったんだろうか。


「将来の夢」とか散々聞かれてきたけれど、今ならはっきり言える。将来ってのは、どこまで行っても夢じゃなかった。どこまでも、現実に過ぎない。だから安心して現実を生きろ、幼き日の私。



 

■私の人生は、そういう感じ。

 

会社を4日で辞めた私は途方に暮れた。というか、小さい頃から割と困っていたんだと思う。将来を選ぶ指針が見当たらない。進路とか。進学とか。周りが大志を抱いて東大早慶に進学する中、「別にやりたいことないしなー、海外とかはちょっと行ってみたいしなー、でも働きたくないなー」みたいな私はきっと浮いていたんだと思う。


で、就職できないのなら起業しようとしたところで、ビジョンがない。野望がない。そしてやりたいこともないの三方塞がりだ。しかも飽き性ときたものだから、コツコツ続けてきたものが一つもない。部活はすぐに幽霊部員になるし、夏休みの学習計画は3日で頓挫する。

結果、友人の「みのりって性の相談受けとるんやろ? だったらセックスカウンセラーとかやってみたらええんちゃう?」の一言で決まったのだ。私の人生はそういう感じである。




一度もセックスでいい思いをしたことがないという友人に、幸せで涙が溢れたセックスの話をした。
性病にかかったかもしれないという友人に、性病を調べて一覧で送ってみた。
大人のオモチャが気になるという人がいればオモチャ屋さんに連れて行ったり、
泊まりで恋話や性の話がしたいという人がいれば企画した。
そのうち何故か恋愛相談が人生相談になり、そして起業の仕方を聞かれたので資料を作った。
旅をしたら人生変わるだろうなという人がいたから、海外での企画を主催した。
この子に何としてでもお金を落としたい、応援したいという友人と一緒に仕事をした。


……つまり、私の人生は、そういう感じなのだ。





■「アートは問い、デザインは答え」


と、いつか誰かが言っていた。
アートは自らの思いを込め、それを見た人に投げかけるけれど、デザインはニーズにひたすらに答えていく。その軸で考えるなら、私は基本的に圧倒的後者だ。アートを作るだけの情熱がない。けれど、人が喜んでくれれば嬉しいから、デザインすることは出来る。

デザイナーは、人の願いを叶えるのが、仕事だ。
私はそういう意味で、デザイン作家なのだと思う。




■デザイナーは、魔法使いかもね。


誰しもが情熱的だったならきっと世界は炎上してしまうし、そもそも夢見る生き物なんてマイノリティなのだし、やりたいことを万人が追求したら、サポートする人がいなくなって、結果それらは実現できなくなってしまうかも。


やりたいことがなくても生きていけるように作られているから、安心してほしい。そう、かつての私と、もし今それで途方に暮れている人と、起業したくても踏ん切りがつかない人に、伝えたい。


f:id:sexrecipe:20170926161717j:plain

photo by Chiaki Toyozumi


前回の記事の内容に、たくさんのメッセージを貰って、涙ぐんでしまってまだ全部読めていないけれど。改めて、私はたくさんの人に支えられて今ここにいます。


もし、「本当はこんな願いを持っているけれど、叶えていいのか分からない」とあなたが思っていたら、その背中を押しに行くから、連絡して欲しい。誰かの願いを叶えて、「生きててよかった」と思うのが、私の願いです。

 





Wish upon the words.




 

 

■大好評。無料:LINE限定コラム。■

読者2100人突破。LINEでしか読めない、セックスレシピのトーク型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」「これについて悩んでいる」
LINEからお気軽にリクエストをどうぞ!

友だち追加

または、ID:@lha1700b で友達追加(冒頭は小文字のL)




TwitterFacebookInstagram(フォローお気軽にどうぞ!)

        Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

   Facebook:ホットなハイライト。

   Instagramリニューアルしました!

 

 

 
■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 

 

 

恋をするように、生きていたい。

 

 

 

藤井みのり