セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

"三角関係"すら、超えてゆく。愛する人から、一歩引いてみた世界の話。


とにかく、とにかく、とにかく、「大事に」されたかった。

『他人はコントロール出来ない』とか、
『大事にされるにはまずは大事にする』とか、
そんなのまじでどーーーーでもいいところで、私は、大事にされたかったんだ。




それが「今の」私から湧き出てくる正直な思いだったと、先月のカンボジアを通して気づかせてもらった。それが実現可能だとか、道理にかなっているかとかは関係なく。難しいことは置いておいて。

その、自分の、あまりに小さくてくだらなくて愛おしい願いに気づいた時に、私自身が生まれ直すような感覚が、私自身を貫いていた。とうに脱皮したそれをいつまでもライナス症候群よろしく纏っていたのは、他でもない、私だった。

 

sexrecipe.hatenablog.com

 

 

私にとって「大事にされる」と言うのは、「私にベクトルを向けていてくれること」だ。それは具体的には、頻繁に連絡をくれることだったり、何かをプレゼントされることだったり、体を重ねることだったり、様々だけれど、人それぞれだけど。


  

もしかしたら、そういう意味では、私は人を愛することが出来ないのかもしれない。無償の愛を捧げることも、ベクトルを向けられなくなった途端に別のところへ走って行ってしまうのかもしれない。

心のときめきにだけ従っていくことは、あまりに刹那的すぎて、あまりに不確かすぎて、少し怖い。でも、それでも、ときめきのない世界で自分は生きられない。……そう、微笑みながら、諦めた。

 

 

 

元々、継続と言う言葉とは基本的に無縁で生きてきた。飽き性なのだ。だから、私自身もころころと変わってしまう。自分が自分に翻弄される。それが、私という人間。

だから、少し、継続というものに耳を体を傾けすぎたなと思って、愛情みたいなものに歩み寄りすぎたなと思って、一歩引いてみた。具体的には、カヤノヒデアキという人間から、一歩だけ離れてみた。そしてもう少し、見える景色を広げてみたら、自分の願いはちゃんと叶うんだって、驚いた。

 



そして同時に、距離と愛はまるで関係なかったことを思い出した。どれだけ彼からこのまま距離を取り続けても、例えば会うことがなくなって、姿が見えなくなるどころかある日どちらかが死んでしまっても、何一つ問題なんてない。何も変わることはない。

そういうものだった、愛って。


だから、関係は問題じゃない。そんな目に見えないもの、はなっからないんだ。彼が何をしているか、その生死すら、何も揺るがさない。私と彼が存在したという事実だけで、十分すぎる。

 

 

 


だって、愛しているから。

 

 

 

"関係"を、超えてゆきたい。"三角関係"すら、もう私の中で、喋ることのない化石になっている。

 

f:id:sexrecipe:20170925051509j:plain

photo by Chiaki Toyozumi

 

愛おしいと思って涙が勝手に溢れ出すその瞬間にだけ、私という存在は、静かに息づいていた。

 

 

 

 

▼30日間のセルフ・セッション▼

 

“ 自分の人生に、恋する生き方を。”

30日で生まれ変わる。ひたすらに、ときめき続ける。
3名限定の、スペシャルメニュー。


http://sexrecipe.hatenablog.com/entry/2017/05/19/190618

 

 

■大好評。無料:LINE限定コラム。■

読者2100人突破。LINEでしか読めない、セックスレシピのトーク型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」「これについて悩んでいる」
LINEからお気軽にリクエストをどうぞ!

友だち追加

または、ID:@lha1700b で友達追加(冒頭は小文字のL)




TwitterFacebookInstagram(フォローお気軽にどうぞ!)

        Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

   Facebook:ホットなハイライト。

   Instagramリニューアルしました!

 

 

 
■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 

 

 

恋をするように、生きていたい。

 

 

 

 

 

 

藤井みのり