セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「海外で得たものは、海外で捨てるしかない。」


今、Cambodiaの首都、Phnompenhにいる。
出張とは名ばかりで、何より私が私のために決めたCambodia滞在。


そもそも今回の海外行きが決まったのは、とある1本の電話からだった。

 

 

 

1年前の夏、ヒデアキとアジアを旅したその最初の国台湾で、
自分の中でズドンと落ちる瞬間があった。

 

未だに言葉にしきれないのだけれど、
「言葉というものの虚しさ」が、ひたすらに沸き起こってきた。

 


台湾に上陸しかけていた飛行機から見下ろした景色。
広大な海、延々と浮いている雲、その下に見える、徐々に大きくなっていく大地。
山があり、土が広がり、その中に小さく点在している、無数の人の生活。

 

 

いつから山は「山」になり、海は「海」になり、
人は「人」になったのか。
大地と山に境界線があるわけでもない。
海は明日には雲だったり、雨だったりする。
数年後には、大地の一部になっている人もいるだろう。

 



言葉の数だけ、境界線が出来ていく。
言葉の数だけ、分断する壁が突きたっていく。

それは国だったり、宗教だったり、性別だったり。
本当は、そこにライン一本ありはしないのにも関わらず。




そこに無性に虚しさを感じて、けれど言葉なしにはいられない、
その矛盾から、何もかもが、どうでもよくなった。


 

 

 

酷く、冷めてしまった。


 

 

『海外で得たものはね、海外でしか捨てられないんだよ』

 

 

深夜の電話越しに、石原舞がそう言った。

彼女はトランポリンを担いでアジアを旅した、
そして今は尊敬すべきビジネスパートナーでもある、
そして私が、愛してやまない女性だ。


その言葉を聞いて、私の中の何かが音を立てた。


 


「生まれ変わりたい」

 

 

 


それは彼女の記事を読んだこともあったのだと思う。

Cambodiaの秘境の崖、見渡す限りの緑平線、
一歩踏み出せばほんとうに死んでしまうそこで、
自分に今一度生きることを問いかけた話が、等身大の言葉で綴られていた。

 

 

 

……Cambodiaに、3度目の足を向けることを決めた瞬間だった。

 

 

f:id:sexrecipe:20170829013217j:plain

 

f:id:sexrecipe:20170829013226j:plain

 

f:id:sexrecipe:20170829013228j:plain

(愛してやまない、CambodiaのBROWN COFFEE。)

 

 

 




ここで過ごす2週間は、私にとって、また宝物の一つになろうとしている。



Going my way.



 

■ イベント情報 ■

9/23(土)、一時帰国する石原舞トークライブを行います。
江ノ島で14:00~16:00、淹れたての珈琲と、美味しすぎるお菓子と共に。

詳細は近日中にアップします。

 


 \新規募集スタート!/

▼30日間のセルフ・セッション▼


「愛したい人を、愛したいだけ、愛せばいいじゃない。」


いつだって、「心で決める」のは、自分。
仲間の変化に、毎回圧倒されております。。

http://sexrecipe.hatenablog.com/entry/2017/05/19/190618

 

 

 

TwitterFacebook(フォローお気軽にどうぞ!)

https://twitter.com/lovecreator3 / Twitter:最近こちらにいることが多いです

https://www.facebook.com/minori2 / Facebook

 


■LINE無料コラム■

ここでしか読めない、具体的かつ不定期な対話型コラム。笑

LINE Add Friend QR code

または、ID『@lha1700b』で友達追加(冒頭は小文字のL)

 


■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 

愛したい人を、愛したいだけ、愛せばいいじゃない。

 

 

 

藤井みのり