読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

正義のコミュニケーション

 

よく「身近にいる人5人を思い浮かべて、その人たちの平均収入があなたの収入です」というフレーズがあるけれど、それはお金に限った話じゃなくて、というかむしろ人間性においてもっと当てはまるような気がする。そう考えると、少なくとも私は悪い奴じゃないと思う。神様みたいな人たちばかりだし、時につまづいたりへこたれたりもするけれど、それも含めて、優しさでいっぱいだから。

 

というかこのフレーズだけが一人歩きしていることにとても違和感を覚える。まるで、お金でしか測っていないみたいじゃないか。いや、数字はわかりやすいのだけれど。でも、真理じゃない。必ずしも自分が平均身長でないように。というわけで、誰かの有名なフレーズなんてものはあまり役に立たない、占いみたいなものだ。

 

 

 

□正義のコミュニケーション

 

子供の頃は、言い争って喧嘩して時には取っ組みあったのに、翌日はケロっとした顔で一緒に遊んでいるなんてことはしょっちゅうで、なのにいつしか、一度ドンパチやるとそのあとが気まずい、なんてことになってしまったなと思う。

 

いつコミュニケーションを失ってしまったのだろうと思い巡らせたら、それは、正しさをそこに持ち込んでからだった。どちらが正しいか白黒つけ始めたところからだった。

 

どっちが正しいかなんてものをコミュニケーションにしていたらそれはもう人と人とのやりとりではない気がする。人の数だけある法律での終わらない裁定。白黒つけるはずなのに死ぬまで終わらないのは、完全無欠な法がないからだ。

 

そういう意味で、目には目を、歯に歯を、で終わらせていた時代のコミュニケーションは深かったんだろう、今よりもずっと。

 

意見や行為と人間性は全く別物だと知っているのに、言動を否定されれば存在を否定された気になるのは、自身に正しさを持ち込んでいるから。正しくないと存在してはいけないと自分に定めているから。

 

 

 

 

□わがままロール

 

我が儘(あるがまま)とワガママというやつについて、以前よく思案を巡らせていた。

 

それは比べるものじゃないというか、見ている次元がまるで違うから、答えが出ないのは当たり前だった。

 

あいつはワガママだ、なんて言っている時点で、そこにあるのはルールではなくロール。誰かに渡された脚本を知らずのうちに握りしめているだけ。

 

ルールはいつも自分から生まれる。人にどうのこうの言ってる時点でそこは舞台の世界であって、リアルじゃあなかった。

 

 

 人に興味を持たなくていい、それをここまで肯定してくれる記事はない。まゆさん、大好きです。↓

 

 

 

 

□立ち止まれない奴が走るんじゃない

 

自分のリズムというやつがある。自分のペースというやつがある。
それを乱すと大抵どこかに無理が来て、放っておくと次第に動けなくなる。

 

『無理しない。だから、無理じゃない』

 

というシャーマンキングの名言の中でも名言だと思っているフレーズの意味が、やっと最近少しずつわかり始めたような気がしている。無理な時ほど無理してしまうのが世間のペース。でも、本質は逆だ。

 

急いでいるからこそ、電車を降りる勇気を持つべきだ。

焦っているからこそ、正解を選ばない意思を持つべきだ。

生き急ぐからこそ、人生のレールを踏み外す決断を下すべきだ。

 

 

 

f:id:sexrecipe:20170226095214j:plain

 

 

 

最近は、「何かを良くする」ということに一ミリも興味を抱けない。

問題なんて何もない、正解を持ち込んだコミュニケーションほど薄っぺらいものはないと思っている。






Twitter

https://twitter.com/lovecreator3

 

■LINEコラム■

不定期な対話型コラム。返事は気長にお待ちください^^

LINE Add Friend QR code

または、ID『@lha1700b』で友達追加(冒頭は小文字のL)

 

■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 

 

藤井みのり