セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

クリスマスを5回過ごせる、愛し方がしたい。

 
近しい人たちには伝えていたけれど、今年のクリスマスを私は5回やりたいと思っている。大好きな5人の人と、大好きなクリスマスを、それぞれの形で過ごしたいんだ。だって、その方が嬉しいから。その方が幸せだから。愛する人が5人いたら、私の幸せは単純計算で5倍だ。実際は、もっともっと大きいけれど。


クリスマスに限らず、全部ぜんぶ同じことなんだと思う。この会社でないと生きて行かれないとか、このキャラじゃないと愛されないとか、このルールには従わないといけないとか。違うのなら変えればいい。この世界に上下はない。上下があるのは一定の枠組みの中でだけだ。一つのコミュニティの中では偉い人とそうでない人がいても、それは一歩外に出れば同じ人間だ。結局、価値なんてものは幻想で。お金を稼いでいるからとか、肩書きが素晴らしいからとか、そんなものは誰かが作ったルールでしかない。それに従うか従わないかは自由だけれど。事実として、誰もがみんな、生まれた後には死んでいく。それだけ。

 

 

sexrecipe.hatenablog.com

 


だから私は、クリスマスは5回したいんだ。それくらい、本当は自由なはずなんだ。ある一つの枠組み(例えば野球でいうならピッチャーがいて、キャッチャーがいて、みたいな)を、知らないうちに大きな世界にも当てはめてしまっているだけ。日常生活にピッチャーもキャッチャーもいないのに。社長さんが偉いのは会社というゲームの中だけ。お金を稼げたほうがいいのは、稼ぐビジネスというゲームの中。親が偉いのは、そういうルールの家庭というゲームの中だけ。それはゲームだよ。リアルじゃない。昨日の記事でいうところの観念だ。リアルは、もっと手前にあるだろ、それを忘れちゃダメだ。

 




どれもいいの。比べるものじゃないの。私の好きな人と、もう一人の好きな人を横に並べたって、比べるものじゃない。それは、例えるならイスとパソコンを比べてるようなもの。立ってパソコンをするより、ただ座っているだけより、椅子に座ってパソコンができた方が嬉しい。どっちにも嬉しい。ただそれだけのこと。なのに、パソコンの方が重いとか、椅子の方が大きいとか、そんなこと比べたって、何にもならないでしょう。





どれだけ一緒に過ごしても、わからないことがたくさんある。だから嬉しい。むしろ、わからないことが多い方が嬉しい。4年一緒にいるヒデアキにだって、「私、本当にあなたのことわからない」ってよく言ってる。だから面白い。見てて飽きない。次は何をしでかしてくれるんだろうってわくわくして見ている。ヒデアキに限らず、私の好きな人はみんなそうだ。





f:id:sexrecipe:20161111010346j:plain





私には見れない世界があることが、本当は嬉しいのだと思う。
私には触れられない世界があることに、ため息をついているのだと思う。

だって、それを見つめているあなたの目が、言葉にできないくらいに、美しいから。





【大好評。無料:LINE限定コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、セックスレシピのトーク型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」「これについて悩んでいる」
お気軽にリクエストをどうぞ!

▶︎LINE Add Friend QR code

または、ID:@lha1700b で友達追加(冒頭は小文字のL)

======================



===近日イベント情報===


✔︎11/11(金)13:00-15:00 トークライブ@東京

「完全他力」の3秒で悩みが消えるすごいトークライブVol.2。
算命学鑑定士、秋田由理さんとのコラボ。Vol.3はすでに満席です。

https://goo.gl/forms/wnAvz6YFmowNQt273



藤井みのり





<<フォロー&申請、お気軽にどうぞ!>>

Facebook


https://www.facebook.com/minori2

 

Twitter


https://twitter.com/lovecreator3