読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

【不倫推奨論】不倫するほどに、幸せになれる。

【大好評。無料:LINE限定、お悩み相談コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、セックスレシピのお悩み解決型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」お気軽にリクエストをどうぞ!
▶︎LINE Add Friend QR code

または、ID:@lha1700b で友達追加(冒頭は小文字のL)

======================



最近、私自身も周囲もいい感じに既存のパートナーシップの概念が崩壊していて、「不倫」「浮気」といったワードが純粋に脳内に存在しない。というか、後から話題にしていて初めて「あれってそういえばいわゆる不倫だったわ」と気づく程度。とどのつまり、どこかの誰かが作ったカテゴリーなんて所詮、そんなもの。


そしてそんな先にふと思った仮説は、不倫するほど実は幸せになれるんじゃないか、ということ。不倫も浮気も、ドロッドロの昼ドラよろしく修羅場イメージがあると言うけれど、それはその視点でそれらの事象を見ているからであって、別の視点を提案したい。



■好きな人に好きと言えない時点で、「自分」が死んでいる。

言いたいことも言えない世の中じゃポイズン、はかなり真理だと思うけれど、何かを嫌いだとか、自分の主義主張だとか、そんなお堅いものの前に、好きな人に好きと言うことすらできないなら、私自身は、生きている意味がまるでないと思う。メリットも合理性も一番ない恋愛というフィールドでその一言すら言えなかったら、他に一体どこで自分の純粋な心を表現できるんだろう。

 


「付き合ってください」とか、「結婚してください」じゃなくて。それはただの要求。そうでなく、自分が感じたことを口にするだけ。私ね、あなたのことが好きなんだ、って伝えるだけ。コミュニケーションの根幹、初めの一歩。それができなくて、どうやって「生きて」いくんだ。


相手がどう思うとか、結果がどうとか、その先の関係性とか、知ったこっちゃねぇよ。そんな隅々にまで責任を持ったら、その瞬間自分自身が消失する。自分の介在しない世界を生きているということは、つまり自分は死んでいるということだ。




■本音はいつも、自分にだけ向いている。

 
好きな人に好きと言えたなら、その先どんな場面でも、自分の心に素直であれる。会社を辞めるとか、子どもを産むとか、人生を大きく変えるような場面でも、好きな人に好きだと言えたときの、即ち自分を生きた瞬間の感覚を忘れさえしなければ、どこでだって本音を生きることができる。


恋愛でも、仕事でも、人生でも、責任を持てるのは自分にだけだ、ということ。相手のパートナーを困らせるとか、会社に迷惑をかけるとか、誰かを傷つけるかもしれないとか、実は本気で思っていないことに気づく。正確には、思えないことに気づく。責任を持ったフリして、実は一番無責任だということに気づく。「でも、相手の奥さんが……」もう一度聞く。それ、本気で思ってる?




■相手のパートナーをも幸せにする。


相手の奥さんでも彼女でもパートナーでもいいけれど、たとえばもし自分が不倫とか浮気をしたことで、結果その女性が怒ったり悲しんだりしたとしよう。それは、その女性に、ものすごいプレゼントをしていることになる。「なぜ今怒っているのか」「なぜ私は悲しいのか」彼女がそれを掘り下げていったときに、その奥にある本音に気づく。「もっと本当は大事にして欲しいと思っていたけれど、伝えられなかった」「彼に大切にしてもらわなきゃと感じていたけれど、自分が自分を満たせていないだけだった」「私、自分のことを、純粋にもっと好きになりたかっただけなんだ」。


──人生の主語は常に「自分」だ。だから、パートナーの行動によって自分の心に何らかの揺れが生じたなら、今まで無視してきた本音があるということだ。そこに気づくプレゼントをそっと差し出す。その女性に結果的にしてあげられることはあれ、何かを奪うことなんて、ちゃんと考えたらありえない。人は人に、何かを直接あげたり、逆に失わせることなんて、出来っこないのだから。





だから結局、好きな人を好きだと言えたとき、自分自身はもちろんのこと、伝えた相手、そしてその相手に大切な人がいるならば、そこにまで幸せは波及していくと思っている。というか、そうとしか思えないのだ。もちろん一時的に嫉妬とか、怒りとか、喪失感を覚えることはあれど、それはもともとあったものが、あなたが発した本音を通して明るみに出たにすぎない。そしてそこにそれぞれが向き合った結果、互いにより自分らしく、本音で生きることができるのだと思う。もしかしたらよりそれぞれのパートナーシップが強固なものになるのかもしれない。結果はどうだっていい。その瞬間、好きな人に好きと言えるかどうか、その一点だけなのだ、人生は。


f:id:sexrecipe:20161004141936j:plain



もし愛した人に、また愛する人がいたのなら、そこまで幸せにするくらいの気概で愛していけ。自分が幸せになるから人も幸せになる、そこにはタイムラグなんてない。感じたままを次の瞬間突き放していく、その生き様こそが、本音を生きる美しさ、生きることそのものに思えて仕方がないのだ。





===近日イベント情報===


✔️10/16(日)トークライブ「それでも恋するFLY♡M」@東京

石原舞とのコラボ。女性20名限定。
恋をしたい、ときめきたい、自分を心から好きになりたい、とにかく愛したい、すべての女性へ贈る、1日限定の女性のためのトークライブ!
https://goo.gl/L65blm


✔️10/23(日)15:00~18:00 トークセッション@沖縄


沖縄で、「本音」「恋愛」「パートナーシップ」「豊かさ」すべて伝え尽くします。
実際に人生で大きな変革を遂げた、Michiko Konoとのコラボトーク形式でお贈りします♡

https://www.facebook.com/events/1077892912325802/




 

藤井みのり



Facebook


https://www.facebook.com/minori2

 

Twitter


https://twitter.com/lovecreator3