セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「自分を信じる」なんて、どうかしてる。

 
人の言葉で話す人が私は嫌いだ。人の言葉というのはつまり、自身の経験を経ずに生まれた言葉すべて。そこに重みがないのは聴いていてすぐにわかる。そしてつまらないなと思ってその場を離脱する。一体何を話しているんだろうと思う。一体何と話しているんだろうと思う。世界が美しいなんて思ってもいない人が「世界は美しいですよね」という瞬間に、ぞわりと背筋が寒くなる。その瞬間その人の顔は、多分のっぺらぼうのようになっているに違いない。怖くて見れないけれど。そう、嫌いというより、怖いという方が感覚的に近いかもしれない。
 
 
それは以前書いた「正論」をかざす人も同じ。それが正しいと信じてそれを体感することすらしない意見の一人歩きは、さながら『魔法使いの弟子』の箒のよう。人の言葉で話す人も、思ってもいないのに空気を読んだ言葉を吐き出す人も、多分全員の顔が同じ箒になっている。箒が箒と箒の話をしている光景。
  

sexrecipe.hatenablog.com

 

 

それは自分ではない何かを信じているということだ。先日プノンペンに来てくれた友人が、涙と共に「ここの人たちは一体何を信じているんだろうと思ったんです」とこぼしたのだけれど、多分彼らは何も信じてはいないのかもしれない、と思った。信じる必要がないのではないかと思った。だって、この世界に「信じる」必要がある物事なんて、多分どこにもないだろうから。

 


 
時々、自分を信じなさいと人は言うし、以前は私も自分を信じられるようになりたくて仕方なかったけれど、今はそれはまるきり幻想だと感じている。どうして自分を信じないといけないのかと思う。信じるというのは、ある種の期待に応えるようなもので、何かの延長線上を目指しているということだ。努力は裏切らないとか、過去があって今の自分があるんだとか、永遠の愛を誓うとか、夢に向かって走り続けるとか、すべて「線」がそこに引かれている。細いながらも、レールが引かれている。人が引こうが自分が引こうがそれがレールであることは同じだ。今の「自分」以外の何者かが引いたレールの上を走るということは、今の自分が途方もなく不自由だということ。


過去の自分を裏切らなくてどうするのか。未来の自分を裏切らなくて、ましてや人の期待を裏切らなくてどうするのか。すべてがレールで、細かれ太かれそれは「自分」を縛る。縛られた私はもはや「私」ではない。だから、すべての瞬間を点にして生きていく。つながりなんてない。予想図もない。自分の期待に答え続けたとしたらそれは、例えば幼い頃ウルトラマンになりたいと引いたレールを今も走らなければならないのと同義でしかない。


f:id:sexrecipe:20160819192337j:plain



「自信」という言葉に惑わされるな。
「1秒前の自分」に騙されるな。
「人の経験」を自分の物だと取り違えるな。

裏切りこそ、究極の命だ。
  
 
 



藤井みのり


Facebook

https://www.facebook.com/minori2

 

Twitter

https://twitter.com/lovecreator3



相談型LINE@コラム

無料、不定期配信。
いただいたお悩みやご相談に答える形で配信中。
LINE@
でしか読めない限定コラムはこちらから友達追加で簡単に読めます。

 

http://line.me/ti/p/%40lha1700b

(バックナンバーはホーム画面に掲載してあります)