読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

裸の男と、正義の話。


「どんな男性が好きか」と聞かれたら、今の私は「裸の男が好き」と答える。もちろん物理的な意味ではない。裸で土俵に立てる男。仕事や肩書きやお金や地位や経歴や夢などがなくても、ただその二本の足で立っている人。臆すことなく、比較することなく、ただそこに一人でポツンと立っている。そして何の前触れもなく走り出すこともある。そんな男性に魅かれるのだ、どうしようもなく。
 




■空と大地のある世界に生きていたい。


ちょっと遠回りをするけれど、ここで「正義」の話をしたい。

というのも今日私はカンボジアで、ポル・ポト政権の大量虐殺の名残であるKIlling Fieldとトゥールスレン刑務所跡地を見てきて、正義について考えを巡らせていた。私の中に、時々酷く冷徹だなと自分でも思うのだけれど、「正義と悪のどちらにも立ちたくない」という思いがある。だから、それらを見て、痛ましいとは思いつつも、別段涙を流すことも、当時のリーダーを酷く責めようとも思わなかった。多分、そういう場で、彼は悪であり、それをやめさせたことは正義だ、間違いようがなく。でも、だからこそ、それを超えたところでそれらを俯瞰したい私がいる。どちらかに酷く同情したり、涙したり、相手を憎んだり、それはすごく人間らしいと思うのだけれど、私の中の何かがそれを許さない。

 


「光と闇
 美と醜
 正義と悪ー

 これら全ては前があるから後ろがあるように
 ふとした拍子に変化してしまうものだ


 大切なのはそのどちらにもとらわれる事なくー

 その表裏一体をうけいれる覚悟を持つ事ー」

──『シャーマンキング』9巻

 

一つには、小学生の時に何度も読んだ中でもこの巻だけ、ボロボロになるくらい読んでいたからではないかと思う。いわゆる中庸というやつなのだろうけれど、そこにいたいという思いがある。でないと、なんというか、見えている世界の半分を失ってしまうような気がするのだ。それは悪を削ったから正義だけの世界になるのではなく、大地か空のどちらかが消失してしまうような感じだ。それは酷く歪で、多分、成立しない世界だと思う。


もう一つは、カヤノヒデアキとやり終えた日本縦断、そのルーツである原発のこと。3.11の後、原発推進派と反対派、あのデモで感じた空気をもっと刺々しくしたものが、今日行った場所にあったように思う。「正しい」ものを強いる空気。それは途方もなく正しいのだろう、その瞬間。でもその空気は、成立しない世界で流れている空気な気がしてならない。




■「正しさに立つ」


昨日書いた記事の延長にもなるのだろうけれど、「正論」に立つときほど、自分の背中に気をつけないといけないなと思う。何かを伝える時に、そこに「正論」という後ろ盾があると、人と人の対等な関係でなくなる。

例えば「学校へ行きなさい」「早く起きなさい」「ありがとうと言いなさい」そんなフレーズは、その人自身の言葉ではない。「学校へ行くの楽しいよ」「早起きは気持ち良い!」「ありがとう」は、その人の言葉だ。その人の心だ。心と心のやり取りが人と人のやり取りであって、前者は人でない何かとのやりとりだ。そしてそこにはそれを発した人の後ろに「そうすべきだ、何故ならそれが正しいのだから」というお墨付きがぶら下がっている。だから、自分がマジョリティの立場とか、そのコミュニティ内で正しいとされる立場にいるときほど(私の場合あまりないような気もするけれど)、自分の背後には気をつけていたい。それは先日のお金のやり取りでも感じたことだった。後ろ盾を捨ててもう一度人と人として接し直すことが出来た私自身に、拍手を送りたい。


f:id:sexrecipe:20160809224829j:plain



さて、話がやっと戻るけれど、冒頭の「裸の男」というのは、ある意味この後ろ盾がないというのが一番かもしれないと思った。肩書きや経歴と同じように、「正しさ」もまたその人をenpowerする。でも同じくそれはその人自身ではない。だから、無意識にしろ、何かを強要したり、同調圧力をかけてくる人は男女問わず好きではない。それらを一切脱ぎ捨てて裸の人と見る景色は、空も大地もある、まあるい世界だ。綺麗事だけではない、常に何かと何かがぶつかっては砕け散っているかもしれないが、それでも私は、その世界を、そんな人と、見ていたいと強く、思うのだ。


f:id:sexrecipe:20160809224900j:plain

揺らぎかけた私に、ただその事実があるだけだと見せてくれたお母さん犬と、Killing Tree.

 

 

カンボジアの夜風が、ただひたすらに心地いい。






藤井みのり


Facebook
https://www.facebook.com/minori2

Twitter
https://twitter.com/lovecreator3

 

◆相談型LINE@コラム

無料、不定期配信。
いただいたお悩みやご相談に答える形で配信中。
LINE@でしか読めない限定コラムはこちらから友達追加で簡単に読めます。

http://line.me/ti/p/%40lha1700b

(バックナンバーはホーム場面に掲載してあります)