読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「自分を自分で抱きしめる」ということ。

自分を愛する生き方

 

ヒデアキとアジア旅に来ている。台湾→ベトナムカンボジアシンガポールとなる予定。思うのは、どこにいてもすることは同じだなということ。日本にいようと海外にいようと、1日のすることはほぼ同じ。朝起きてご飯を食べて、散歩をして、時折ゲームをして、近くにいれば会いたい友達に会いに行く。場所や環境が変わろうと生活ら何ら変わりはしない、そんな自分を、そしてヒデアキを、いいな、と思っている。

 

 

昨日ヒデアキから渡された「自分で自分を抱きしめるんだよ」という言葉があった。その意味は分かる、究極自分は自分のことしか愛せないということ。どれだけ知っても包んでも好意を持っていても相手の全てを感じることは出来ない、そういう意味では、相手の全てを抱きしめることは出来ないだろう。

  

でも一方で、だからこそ、自分を自分で抱きしめることは出来ないなとも思うのだ。うまく言えないのだけれど、そのときの私はきっと、自分とは違う何かに包んで欲しかった。違う何かを通して自分の輪郭を確認したかった。自分で自分をどれだけ抱きしめたところで、その境界はわからない。自分と異なる同じものに触れて初めて自分の境界線を知る。多分、その感覚が欲しかったんだ。(SMはまさにそれだと思っている)

 

f:id:sexrecipe:20160708015302j:image

 

正解も答えもベターも何もありはしない訳で、だからこのくだりにも落ちはない。ただ、私はそのときヒデアキに抱きしめて欲しかった、それだけは何にも変えようのない真実。

 

自分にとっての真実しかない世界で、どれだけ他の事実にそれをすりかえられないでいられたか、だと思う。

 

 

 

それが、私にとっての、「私自身を抱きしめる」ということだ。

 

 

 

 

藤井みのり(スマホにて書いた記事)