読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

愛を持って、冒険へ。「振れ幅」こそが、その人の深みだ。

自分を愛する生き方 恋愛、パートナーシップ 藤井みのりについて


最近「ゼロ」になりたいという想いが止めどなくて、現状維持したままなんとかゼロになってみようとふんばってみたけれどダメだった。しばらく足掻いた末に諦めて、仕事を全部止めて、ヒデアキとアジアの旅に来月出て来ようと思う。

何も決めない。台湾スタート・シンガポールゴールとだけ決めて、フライトチケットだけを持って。予約とか最近出来ないから(先日も沖縄でホテルに行ったら、日にちを全く違って予約してた!)、ヒデアキに頼んだら見事に初日から空港泊。「おいおい無理だろ」と思うのは、何かにしがみついているから。多分ここ数ヶ月「続ける」ということをしてしまっていた。だから現状の自分に飽きてしまって、私の中の何かが「ゼロになりたい!!」と叫びだしたのだと思う。






数日前、沖縄の西表島で、青い海に抱かれながら仲間と話していた。

「どちらでも、楽しめる自分でありたいんです。」

どこまでも続く海と空を満喫しながら、渋谷の真っただ中を歩く自分を思った。何かをひたすら愛したい、その瞬間死んでもいいと思うくらいに愛し抜く一方で、何かを徹底的に嫌ったり関心を持たないあり方や、真裸で夜の海に飛び込んで星と夜光虫の中を泳いだ自分と、頭から足の先まで着飾って念入りにメイクアップをして煌びやかなどこかをヒールの音を立てて歩く自分の姿とか。


何か一つを良しとする、正しいと固執した瞬間、もう反対側の世界が消失する。自分の世界そのものが半分になってしまう。それは何だか勿体ないなと思うし、その反対に私の愛する人が住んでいたなら、私はその人ともう同じ景色を一緒に楽しむことが出来なくなる。それは無性に悲しいと思う。私にとってそれは譲れない幸せで、だから右も左も表も裏も、統べて楽しめる自分でありたいのだ。




何かが出来たなら、同じだけその反対も出来るということだ。そして自分一人で踏み込めずとも、愛する人がいたならなんなくそこへと飛び込んでいける。そうやって私は生まれてから今まで何度も何度も、世界は思っていたより大きくて深くて優しいのだと教えて来てもらった。それでいいと思っている。自分で開拓できなくても、愛する人の手をとればいい。逆に言えば、愛する人のいない世界まで見たいとは思わない。私にとって、「何を見るか」より「誰と見るか」の方が余程大事だからだ。



f:id:sexrecipe:20160616165112j:plain



f:id:sexrecipe:20160616165448j:plain



愛を持って、冒険に出たい。





藤井みのり



Facebook
https://www.facebook.com/minori2


Twitter

https://twitter.com/lovecreator3



+相談型LINE@コラム+

無料、不定期配信。
いただいたお悩みやご相談に答える形で配信中。
LINE@でしか読めない限定コラムはこちらから友達追加で簡単に読めます。

http://line.me/ti/p/%40lha1700b

(バックナンバーはホーム場面に掲載してあります)