読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

快楽を選ぶから、いのちが生まれる。 結果を得ようとすれば、自分が死ぬ。


メンバーさんとやりとりをしていてふと思った。「快楽」以外、何も選ばなくていい


発端は妊活の話だったのだけれど、「子づくり」のために無理矢理セックスするこの虚しさ。「さぁ子づくりしましょ♩」なんて動物を私は知らないし、多分あなたも知らないはずだ。ただ、そこに快楽、楽しさ、生きている感覚、充実感、開放感──そんなものがあるから、ただやって、幸せとか嬉しいとかそんな生温い言葉では表せない、咽び泣くような幸福感があって、そして、奇跡のような「結果」が生まれる。




少し話が逸れるが、先ほど素敵な学生のインタビューを受けていて、「起業家の方は『楽しいからやっていて結果仕事になる』のか、それとも『誰かのためにやって仕事になる』のか、どちらでしょうか」という話になって、これは間違いなく前者だと答えた。

もちろん、仕事は「誰かのため」にはなる。けれどそれは究極「自分が楽しいから」だ。誰かが喜んでくれることが嬉しくて仕方が無いからとかであって、間違っても正義感からじゃない。そんな仕事は続かない。そんな話をしたときにふと、数日前に自分が誕生日に仕事をいれたことを思い出した。むしろ自分からその日にしませんかと提案した。そのとき「誕生日にしたくない仕事なんて、1つもいらない。」と素直に思った。だって、仕事ってそういうものじゃないか。誕生日なのに…って思うくらいなら、それか正義感とかルールから派生した仕事だ。誰かのための仕事だ。だからそれは、本当の意味での「仕事」ではない。




誰かのためとか、何かのためにとか、意味とか意義とか生産性とか。それは「結果」であって「目的」じゃない。そこをはき違えた途端、一気に自分が死ぬ。それを、セックスは教えてくれていると思ったのだ。子どもを何としてでも作らなければと必死になって、苦しそうに「私は女としてダメなんです」って苦悩を吐き出してくれた女性がたくさんいたし、今もいる。

…違うだろ。それは順番が逆だからだ。うまく言えないが、結果を求めた瞬間何もかもが苦しくなって死んでいく。それを逆にすれば、すべてがいのちを吹き返す。受験のためにでなく、好きだからやる勉強。人のためにでなく、自分のための仕事。いのちを生むのではなく、自分が生きるためのセックス。もしかしたら自分の中の「何か」が反発するかもしれないが、敢えて言う。快楽だけを選べばいい。いのちが躍動する方を選べばいい。それが結果、今この瞬間までいのちを繋いできた。うまくやろうとか、人並みにとか、適齢とか、そんなこと気にしてきたら私たちはとっくに途絶えている。


f:id:sexrecipe:20160212004201j:plain

(ヒデアキさんがよくわからない加工を施しましたw)



快楽を選ぶから、いのちが生まれる。
結果を得ようとすれば、自分が死ぬ。


だから常に私は、「生きている!」と感じる快楽や開放感、充実感だけを、選び続ける。




【大好評。無料:LINE限定、近距離コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、双方向でやりとり出来るコラム。
「こんなこと書いて欲しい」お気軽にリクエストをどうぞ!
▶︎LINE Add Friend QR code

  

【Event Informations】
───────────────── 

【満員御礼・キャンセル待ち】
「3秒で今の自分が死ぬ!」すごいお話会
▶︎
http://goo.gl/forms/9oEaj731gH

 

・2016年 3/20(日)14:00-16:00@大阪・梅田(お話会シリーズ、ラスト!)
「3秒で悩みがなくなる!?」すごいお話会・PREMIUM。
▶︎
http://ameblo.jp/khlm-taka/entry-12105005854.html