読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

私の人生を変えた人達から学んだこと。愛するなら、突き落として、何も言わずにただ祈る。

 
先ほど師匠でもあり友人でもある秋田ゆりさんと、21日にイベントをコラボさせていただくくきたひろえさんとSkypeミーティングをしていて、ふと思い出した、そして自分にとってこれから大切にしていきたいことを書き留めておきたい。


ゆりさんの先日の記事がめちゃめちゃよかった。

note.mu




私の人生の転機は何度かあるが、その度に「私自身」を信じてくれて、支えてくれた人達がその都度いた。そして彼らから学んだことを、私はまだ生かしきれていなかったなと痛感した。



例えば家出したとき。「お前はお前の人生生きなあかんで」と、泣きじゃくる私の話を聞いてくれもしたが、毎回とにかく一歩を踏み出させようとしてくれた友人。悲しいのも辛いのも分かった上で、行動しなければ絶対に現実は変わらないとそれをもって教えてくれた。


例えば会社を辞めたとき。「どうにもならなかったら、なんとかするよ」と隣で言ってくれたヒデアキ。でもきっと、私が自分でなんとかすることが分かっていたのだと思う。私を信じた上で、自分を頼らせるのではなく、私自身が自立するためにくれた言葉だった。


例えば仕事のスタイルを変えるとき。「みのりちゃんそれ安すぎるから!もっと自分の価値をわかってやりなよー!」と、言葉は軽いのだが、むしろこの人にそんなこと言われたら変わらざるを得なくなる…という秋田ゆりの言葉。純粋に信じられたら、それを裏切れないからこそ、変わらざるをえない。そしてそれは自分を裏切れないということなんだとあとから感じさせてもらった。


f:id:sexrecipe:20150827195547j:plain

PHOTO BYたなかしの



どの事例に置いても言えるのは、絶対に彼らは過干渉しなかったし、面倒見ようとか自分がなんとかしてあげようとか、細やかなフォローとか、そんなのはしなかった、ということ。「お前ならやれる」というそれだけに全力を注いで、むしろ下手な薄っぺらい共感や嘘くさいフォローに逃げなかったということだ。


それらしく「うん、わかるよ」とか、「こういう風にすればいいよ!」と自分からどんどんアドバイスしていけば、自分も役に立っている気になるし、相手も色々してもらった気にはなるけれど。本当の意味で私が「愛する」ことを選べた時は、「そうだね、大変だね」とたくさん頷いてもらった時ではなく、「うん、あなたなら大丈夫!Good Luck!♡」と崖から突き落とされた時だった。

 

 

sexrecipe.hatenablog.com

 

以前こんな記事を書いたけれど、改めて読んで、特定の誰かにとってだけでなく、全人類とか、もっと広い意味でのいい女でありたいと思った。年上だろうが親友だろうが初対面だろうが、いつだって目の前の人を崖から突き落とせる女。突き落としても必ず這い上がってくると、もっと「その人そのもの」になって帰ってくると、安っぽい言葉やアクションでなく、ただ祈りを込めて愛を込めて見つめることだけに専念出来る女。そんな女でありたいと、思った。



【大好評。無料:LINE限定、近距離コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、双方向でやりとり出来るコラム。
「こんなこと書いて欲しい」お気軽にリクエストをどうぞ!
▶︎LINE Add Friend QR code

  

【Event Informations】
───────────────── 

▽NEW!!▽

・2/21(日)14:00-16:00@東京・神楽坂(東京ラスト!)
「3秒で今の自分が死ぬ!」すごいお話会
▶︎
http://goo.gl/forms/9oEaj731gH


 
▽大阪開催決定!▽

・2016年 3/20(日)14:00-16:00@大阪・梅田(大阪ラスト!)
「3秒で悩みがなくなる!?」すごいお話会・PREMIUM。
▶︎
http://ameblo.jp/khlm-taka/entry-12105005854.html