読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

男の孤独を愛せないのは、あなたが孤独という愛を知らないから。


ヒデアキが寝た後の、私しかいない静まった部屋の感じが結構好きだったりする。1人でゴミ出し行く時の夜空に対する自分の存在とか、そういう「1人」であることがすごくすごく愛おしく感じる。



「彼が悩んでいるみたいで、でも聞いても話してくれないんですよ。放っておいてくれって。でも放っておけないから、私こんなことをして…」なんてよくある話だけれど。どうして放っておいてあげないの?と思う。それ以上の愛は、ない。



共有することは確かに幸せだ。私の一番の幸せはヒデアキと同じ景色を見ることだと以前書いたくらいに、すごく大切にしていることだ。でも、共有すればするほど、愛せば愛するほど、触れれば触れるほどに、絶対に重なり合わない部分があることに気付いてしまう。絶対に共有出来ないものをお互いが持っていることを感じてしまう。でも、それは悲しい物でも切ない物でもない、むしろ、それこそが一番に愛おしい物だと思う。


それは世界で彼以外の誰一人触れることの出来ない、たったひとつのかけがえのない世界だ。今まで生み出されてきたどんな言葉も世界観も入り込むことの出来ない、誰にも形容することの出来ない、純粋な「彼そのもの」だ。だからそれがあることそのものが、切ないようでいて、知覚するたびに、歓びにも似た何かが内側からじわじわと湧き上がってくるように感じる。




もし自分がその世界を愛することが出来ないなら、彼の孤独や彼だけの何かを受け入れることができないのなら、同じように自分自身のそれを自分は愛せていないというだけの話だ。共有することが愛、理解することが愛、その人のために尽くすことが愛だと思い込んでいるだけだ。そんな薄っぺらい物じゃない。共感されることで安心しているのなら、まだ自分のそれに気付いていない。


そのときは、共感を断ってみればいい。悩んだとき、誰かに相談して同意を得たり、どうすべきかを調べたり、誰かの言葉を読んでやっぱりこれでいいんだよね私、みたいなものを全て削ぎ落とせばいい。その世界は静かな空間でしか見ることが出来ない。自分の中にしかない。男性にその孤独さがあるのは、女性より共感で埋まってしまうことが少ないからかもしれない。静けさが多いからかもしれない。


f:id:sexrecipe:20160129040452j:plain



静かな夜を1人で歩いてみると、その世界はそっと寄り添ってくれる。
それは寂しさのようでいて、とても優しい孤独である。



【大好評。無料:LINE限定、お悩み相談コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、お悩み解決型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」お気軽にリクエストをどうぞ!
▶︎LINE Add Friend QR code

 

【Event Informations】
───────────────── 

▽NEW!!▽

・2/21(日)14:00-16:00@東京・神楽坂
本音で生きるパートナーシップ〜本当に愛される人生の創り方〜
×秋田ゆり×くきたひろえ
▶︎
http://goo.gl/forms/9oEaj731gH


 
▽大阪開催決定!▽

・2016年 3/20(日)14:00-16:00@大阪・梅田
「3秒で悩みがなくなる!?」すごいお話会・PREMIUM。
▶︎
http://ameblo.jp/khlm-taka/entry-12105005854.html