読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

最高のパートナーシップとは何か。自立と依存の話。


先日のお話会で、「パートナーシップとは何ですか?」と聞かれたので、「結果です」と答えました。だっていちいちそんなもの定義してたら人生終わっちゃう…!!


f:id:sexrecipe:20151110162006j:plain

(旅中に撮ってもらったもの。すっぴん!!!笑)


それから、「ヒデアキさんとの関係を、パートナーシップの最高を100としたら、今何%ですか?」という質問に、即答で「100を軽く越えてますね」と考える間もなく口から出ていた。自分でちょっとびっくりしたくらいだ。100を越えてるって、一体どういうことなんだ。






という疑問を片隅に置いていながら翌日の友人との会話で「自立と依存」が話題にあがって、そういうことだったのかと納得した。


友人「さみしくて一緒にいたりする関係あるじゃん?あれはみのりちゃんどう思う?」

みのり「マイナスを埋めるのに一緒にいるんじゃないんだよ。100までは自分で埋められると私は思ってる。パートナーシップは100を越えた部分なんだと思う」

友人「メンヘラの恋愛がうまくいかないのってそういうことね!埋めようとして誰かに求めても、ずっと埋め続けることってできないもんね…」

みのり「何より怖いよね。この人を失ったら私から何かがなくなっちゃう…!っていう恐怖。だから離れていかないでって必死になって、まぁだから離れていかれちゃうんだけど…笑」

友人「それめっちゃ響いたー…!自分の部分ってやっぱ自分で頑張って埋めていかなきゃダメだよね!」

みのり「私の感覚だと、頑張ると更にマイナスを深堀りする感覚なんだけどね…笑」

友人「どうゆうこと?」

みのり「なんかさ、『自立した上で付き合いましょう』とか言うじゃん。その『自立』を取り違えてる人が多い気がして。まぁ過去の私なんだけど。1から10まで出来ることを自立だと思っちゃう訳だよ。でも出来っこないんだよ、そんなの。なのに出来ない自分に嘆いて、私なんてダメだーって落ち込む。そうじゃなかったんだよね。その人の色、言い換えれば数字がある訳だ。自分が4って数字なら、そこでそれを生きていたらいいのに、1~3と5~10もやる、言い換えれば別物になろうとして頑張る。いいんだよ、他の人にやらせたら。笑 そうやってちゃんと『4』を生きることが、自立だと私は思うんだ」

友人「確かに!」

みのり「怖いんだけどね、『これだけでいいんですか?』って。でも、いいんだよ。笑 その上で、100から先を紡いでいくのがパートナーシップだから、そりゃ100を越えてて当たり前なんだなって思った。ありがと、話しててそこがクリアになった!笑」



という、経緯である。会話から自分を知ることが多いから、こういう瞬間すごく嬉しいし、ありがたいなぁと思う。



f:id:sexrecipe:20151110174555j:plain

(どっちが私の足でどっちがおヒデさんの足だったかな…両方?笑)



冒頭に書いたパートナーシップは結果だというのは、歩いた後に出来た道、みたな感覚だ。何かを綺麗に定義してそれに合わせてこねくりまわすんじゃ人生はあっという間に終わってしまう。自分がやりたいようにやって、愛したい人を愛して、好きな風に生きて、結果残った物だけが自分にとっての答えだ。それが人と違っても歪んでいてもそんなのまるで問題にならないくらい、美しい。人もいのちも人生も、そしてパートナーシップも、そういうものなのだと私は思っている。





いのちを生きたいんだ、私は。



【大好評。無料:LINE限定、お悩み相談コラム。】
──────────────────────

LINEでしか読めない、お悩み解決型コラム。
「こんなこと書いて欲しい」お気軽にリクエストをどうぞ!
▶︎LINE Add Friend QR code



【Event Informations】
─────────────────

【満員御礼!キャンセル待ち】
・11/23(月・祝)14:00-16:00@東京・錦糸町
第2回「3秒で悩みがなくなる!?」すごいお話会。
脳みそクラッシャーな算命学鑑定士とのコラボ。
▶︎http://goo.gl/forms/hlDR7xhdOS


・12/12(土)@東京
第2回「自分」という名の職業〜仕事はつくるもの〜(仮)
Coming Soon!