読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

親に感謝できない子どもは、だめなのか。

 

最近若い世代と話をすることが多くて面白いのだけれど、やっぱり一番ぶち当たっているのが「親」。そして何かにつけて「親に感謝しましょう」「親にありがとうって伝えるところから」と、同じくらいの頃に言われていたのを思い出す。けれど、はっきり言わせてもらいたい。親に「ありがとう」なんて伝えなくていい









どういうことかを説明する前に、軽く私自身の親との激戦歴を書いておきたい。



・第一次藤井家大戦

大学3年の終わりに、はじめて自分の足で一歩踏み出す(それまで親の「OKエリア」でしか生きていなかった)。沖縄に家出したものの、羽田空港で母とリアル逃走中&那覇空港にて警察に確保され、翌朝一の便で母が那覇まで飛んできたりと人生の中ある意味一番ドラマチックだった。

 

sexrecipe.hatenablog.com

 


・第二次藤井家大戦

実家の「就活しなさい」の嵐に堪え兼ねて家出アゲインtoシェアハウス。地道に電車で荷物を運び出したのはいい思い出。そして当然シェハウスに両親が凸。「3ヶ月以内に『ちゃんとした(=大手の)』内定をとってくる」ことを条件にシェアハウス暮らし容認とのことで、大手内定ゲット。


・第三次藤井家大戦

親のための内定ゆえ合う訳もなく、4日で退社。その旨を前夜に電話で伝えたところ母が卒倒。翌朝本社前に両親出現。


・第四次藤井家大戦

「セックス」を生業の一つにするために、WILD ONEのVIBE BARでバイトを開始。数ヶ月後母からの鬼電。まさかの母のガラケースマホシフトで露呈したらしい。渋々バイトを辞める。


・第五次藤井家大戦

性について書いていたブログが発覚。包丁を持ってシェアハウスに母が押し掛けてくるというこちらも第一次に引け目をとらないドラマチックな展開に。やむなくブログ(アメブロ)を削除。


・第六次藤井家大戦

昨年夏からのヒデアキとの日本縦断こと婚前道中膝栗毛の件でてんやわんや。ヒデアキも巻き込まれての家族会議を重ねること数回。また道中メディアに出たことで旅の間も電話越しに大合戦。


sexrecipe.hatenablog.com

 







・・・と、今のところ計6回ほどの大戦を乗りこえた両親と私である。




◆「ありがとう」の在処。


そもそも親に限らず、「ありがとう」があまりに形骸化している気がする。ありがとうは感情であってルールではない。ルールに従えば無難だけれど、その先には空っぽの自分がいるだけだ。藤井家大戦をやるまでの私はまさにそれで、死ぬ理由ばかり探していた。生きている理由がどこを探しても見当たらなかった。そもそも「自分」というものがなかった。




◆嘘を並べるほど、自分はそれに埋め尽くされていく。


「ありがとう」に限った話ではない。思ってもいないことを口にして、思っていることを口にせず、本音をひた隠しにして、嘘ばかりを表現する。そんな形骸化した自分を愛せなくて結果、「私なんている価値ないな」と思う。また「生まれて来なきゃよかった」と自責ないし「生んでくれなきゃよかったのに」の他責に走る。




◆「生んでくれてありがとう」なんて、言えなくていい。


親に「生んでくれてありがとう」と伝えよう!というイベントが昔あって、学生だった私は当時いたく感動して親に電話越しに伝えたのを覚えている。けれど、それを口にしづらかったのは、当時は恥ずかしいからだと思い込んでいたが、実際は全くの逆だった。「生んでくれてありがとう」なんて思っていなかったのだ。口にするときの喉にひっかかったような違和感、それは嘘を吐くときの違和感だったけれど、嘘つきに慣れた自分は簡単に嘘で誤摩化せた。だからこそ、言えたのだけれど。



最初にも書いたが、「親に感謝しなきゃだめよ」という上からの圧迫とその正しさに気圧されて、遠回りをしたなと思う。感謝はするものではなくて、自然と湧いてくるものだ。なのに「生んでもらったんだから感謝しないといけない」「感謝できない自分はダメだ」といって更に自分が嘘に塗られていく。

感謝できないならできないでいい。正しくは感謝しなくていい。「できない」んじゃなくて「したくない」のだから、それが本質だ。正しさに自分を当てはめた瞬間、自分が形骸化するのは書いた通りだ。もし今あなたが死にたいと思っているなら、それは自分が骸になっている=嘘を吐き続けているからだ。親に限った話ではないが、いわゆる「正しさ」と自分は、違っていい。万人が好きと言う相手に嫌いと思っていい。すべきものをしたくなくて当たり前。この世界は正しさで出来ているんじゃない、「自分」の集まりで出来ているのだから



f:id:sexrecipe:20151007211958j:plain

photo by カルロス



そう思えてはじめて、「ありがとう」と口に出す時の違和感が消え去った。
This world is made in ME, not rightness.







─── 追伸。


来月、「写神家」として有名な加味大輔さんとコラボトークをさせていただくことになった。本当に愛溢れる方でそしてこよなくおっぱいを愛している方なので(←)、ぜひ来てみてください。

詳細&お申し込み ▶︎https://goo.gl/ZxpGLt

sexrecipe.hatenablog.com

 





 

【Event Informations】
─────────────────

 <NEW!>10/19(月) 13:00-16:00@愛知・星ヶ丘 
お話会なのかワークショップなのか、当日次第です。笑
▶︎詳細希望の方は、lovecreator.minori@gmail.comにご連絡ください。

 <NEW!早割10日まで!>11月8日(日)20:00-22:00@東京・目黒
写神家、加美大輔さんとのコラボトーク
▶︎https://goo.gl/ZxpGLt