読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

彼が喜ぶものじゃなく、自分があげたいものをあげること。例えそれで彼が喜ばなくてもね。


本日は気分転換に、話口調でお送りします。(どっちが読みやすいんだろうか…)



過去に、私がFacebookだかに「この財布めっちゃ欲しい」みたいなことを書いたのね。そしたら友人がヒデアキに、「みのりちゃんがこんなに欲しがってるんだから買ってあげなよー」って言ってくれたらしく、「よし、もっと言ってやって!」と心の中でガッツポーズを決めてたの。けど、それに対するヒデアキの返答が私の予想の斜め上を行っていて。




「確かにこれをあげたらみのりは喜ぶかもしれないけど、

  俺が嬉しくないので、プレゼントはしません。







これだけ聞いたら、なんてひどい奴だと思うと思うのね、ヒデアキが。笑
でもそうではなくて。もしヒデアキが「私が喜ぶから」という理由で行動を決めていたら、私がもし喜ばなかったときに彼はきっと怒る。「みのりのために買ってきてあげたのに!」…そうすると関係がおかしくなる。嬉しくなくても嬉しいフリをしないといけなくなる。嫌なことが嫌と言えなくなる。そうやって嘘を積み重ねていった関係の先には何もない、ということを彼は分かっていて、この言葉を返したの。







そのとき純粋に、この人はすごいなぁと思ったんだよね。だからこの人の前ではいつだって本音でいられるし、期待も一切ない、ただ思ったことを正直に言って、自分の素直な心で常に接せられる。だからずっと日本を一緒に歩いて旅してきた訳だけれど、溝が深まることもなかったし、逆に何かが大きく変わることもなかった。カヤノヒデアキという人間と、藤井みのりという人間が、いたいから一緒にいる。それだけの関係。だから本質的で、本音で、一瞬一瞬が本当に愛おしい。何を求めるでも、何かの理由があるわけでもなく、「一緒にいたいから一緒にいる」「愛してたいから愛している」というだけ。これほど幸せなことって、ない。



 




誰かのために、じゃなくて。親のためでも彼氏のためでもなくて。私は私のために生きている。何かに応えようとした瞬間、私は私でなくなる。──強いて言うなら、私が私であることそのものが、最大の愛だ、って思う。本当に、ただそれだけ。



f:id:sexrecipe:20151004235139j:plain

Photo by Hideaki Kayano


 

【Event Informations】
─────────────────

【ツイキャスします!】10/5(月) 19:00-21:00@宮崎・宮崎市 お話会▶︎https://www.facebook.com/events/689056964563913/

ツイキャスはこちら▶︎twitcasting.tv/hatarakurasu
※記事最後にある手続きが必要です!

 

 <<NEW!>>11月8日(日)20:00-22:00@東京・目黒
写神家、加美大輔さんとのコラボトーク
▶︎https://goo.gl/ZxpGLt

────────
 

=ツイキャスの閲覧方法!=

視聴料1000円のお支払い方法は下記の2通り!


① noteで課金

下記ページにアクセスして、クレジットカードによる課金
→動画視聴のパスワード(合言葉)を開示します!
https://note.mu/togoe_masami/n/na17da552cf57
 

② 銀行へのお振込み

10/5月曜日の15時までに下記口座に1000円をお振込み
→以下のアドレスまでお振込み名を明記の上メッセージ
→動画閲覧のためのパスワード(合言葉)を返信します!
▶e_p_com@yahoo.co.jp (※振込み詐欺ではございません。笑)


◎ゆうちょ銀行
店名:058(ゼロゴハチ)
普通口座
口座番号:6371024
カヤノヒデアキ