読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「『好き』って言えないのは、相手の都合を考えてためらっているのか、否定されるのがただ怖いだけなのかわからない」

恋愛、パートナーシップ ポップ目なやつ


好き、という言葉を恐れていた時期があった。好きと口にしたら、この関係はどうなってしまうんだろうと。拒否されるかもしれない。逆に嫌われるかもしれない。チャンスはこれ一度きりかもしれない。だからうまくやらないといけない。もう少し様子を見よう、もう少し待ってからにしよう、もう少し外堀がうまってから、もう少し彼がこっちを向いてくれてから、もう少し、もう少し……



なんて無駄なことをしていたんだろうと、今になっては馬鹿らしく思えて仕方がないけれど。笑



 

f:id:sexrecipe:20150927223942j:plain

 


 

「好き」という言葉に、案に「付き合ってください」をこっそり混ぜ込んだ奴がいたら引っ張り出して説教したいと思う。どうやったらそれを同じ意味で使えるようになるんだ。全く釣り合わないその二つの言葉を「=」で橋渡ししてしまったばかりに、渡るに渡れなくなっている人が立ち往生しているのを見てみろよと。
 


好きは好き。付き合って欲しいとは全く異なる概念だし、好きは形容詞で付き合ってほしいは動詞。状態と動作は違うでしょ。ピーマンが好きだからって毎食食べないのと同じように、好きだからって付き合うとかセックスするとか必ずしもそうはならない。必要条件ですらない。安易すぎてパブロフの犬かと突っ込みたくなる。


 


まわりくどくなったが、「好き」なら「好き」と伝えればいいだけだ。「好きって言っていいのか悩んでます」「伝えたら迷惑なんじゃないかと思って」「拒否られるかもしれないし…」一体、何を言っているのか。言いたいことは言わない以外使い道がないし、伝えることそのものに迷惑も何もないし、嫌なら受け取らなければいいだけであるし、そもそも他人に拒否されるということはありえない。相手があなたが好きかどうか(ピーマンから好かれるかどうか)は相手の決めるところであって、そこをとやかく言う権利はそもそもないし、言ったところでどうにもならない。




「好き」「嫌い」を時々、「自分には価値がある」「自分には価値がない」とものすごい変換をしている人がいる。Googleだって予測出来ない変換だ。ピーマンばかり例に出して悪いが、ピーマンが嫌われているからってピーマンに価値がないことにはならないし、好かれるために甘くなったらそれはもはやピーマンではないのは一目(味)瞭然だ。それこそ野菜炒めにもチンジャオロースにも使えなくなって、どうしたものかと途方に暮れるしかない。

 

 

f:id:sexrecipe:20150927223028j:plain




「好き」と言えない理由なんて、ほんとうはどこにも転がっていない。自分が自分として生きるか、それ以外として生きるのかの狭間で揺れているに過ぎないのだから。

 

 


【無料LINE限定コラムはじめました。】
─────────────────
 *期間限定、無料相談受付中*

以下から友達追加していただけると、
不定期の限定コラムや最新情報を購読いただけます。
 
▶︎line.me/ti/p/%40lha1700b(追加ID @lha1700b←小文字のLです。)



【Event Informations】
─────────────────

10/3(土) 13:00-15:00@福岡・博多
【福岡初・残席1名】セックスレシピ・ラボ体験ワークショップ
「『正しさ』より『幸せ』を選ぶ」女性になるための、3つの体験ワークショップ。

▶︎goo.gl/forms/pLd0h7wKFj


10/4(日) 18:30-20:30@福岡・糸島
お話会(※ワークショップではありません)
▶︎https://www.facebook.com/events/1628084574129385/


10/5(月) 19:00-21:00@宮崎・宮崎市
お話会(※ワークショップではありません)▶︎https://www.facebook.com/events/689056964563913/