読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

人生がオナニー化する女性達。「子宮の声」なんか聞こえるわけないだろ。


最近やたらと子宮ブームである。子宮ブームって何?って思う方は、ぜひ検索してみて欲しい。どちらかと言わなくてもスピリチュアル寄りだけれど。スピリチュアルも自己啓発も意識高い系とか何でもいいけれど、大部分に共通するのは「誰かがつくったもの」をなぞってるということ。


ずっと学校の勉強ばっかりしてきたからだけれど、既存のものをなぞって学んで満足して終わるこの中身のなさ。教育課程終わって不満だから何かを変えようとしてるんだろうけれど、同じことしか繰り返してないのに気付くべき。誰かの言葉を聞いて信じてふーんそうなんだって思って幸せになったつもりで終わる。自身は幸せになったかもしれないけど、微塵も幸せを作り出してはいない。「セックスはするものではなく作るもの」というこのセックスレシピの作り方は、そういう生き方をぶつけたくて書いている。



f:id:sexrecipe:20150715132854j:plain





例えば子宮を癒すとか子宮の声を聞くとか。冷静に考えて、子宮が喋るわけないだろって。触れもしない子宮を癒す、どうやって?「子宮の声を聞く」それはすべてをやってきた人の経験から紡がれた言葉で、その人にとっての真実。そこに嘘偽りはない。それをなぞって「子宮の声を聞いて生きると幸せになれるんだって!」「今私の子宮がこう言ってるから〜」とか、冷静に考えてヤバいと気付くべきよ。以前にも書いたけれど、言葉は副産物であって、行動して初めて自分の中から沸き上がるもの。その誰かの結果だけなぞってあたかも自分はそれができているように振る舞う人の多いこと。そうでない人もいるし、本質を理解している人もいるけれど。その違いは「行動している(してきた)かどうか」。傍から見ればすぐにわかる。ああ、この人、誰かの言葉借り喋ってるなって。



知る→実践する→腑に落ちて自分のものになる。
それは何においても同じだけれど、この「知る」で終わることの多さ。それはオナニーばかりしてそれで完結した気になっているのと変わらない。オナニーして自分を知って感じて、それをセックスの場で伝えて形作ってはじめて「ああ、感じるって幸せ。」と腑に落ちる。オナニーばっかしてるやつが「感じるって幸せだから!」なんて言ってても、所詮それはオナニーにすぎない。


自分の幸せを形作っていけば自ずと周りも巻き込んでいく。よく「自分が幸せになることがまわりも幸せにするのよ」と聞くが、その「自分が幸せになる」というのは「幸せとは何かという誰かの定義を聞くこと」ではなく「自分にとっての幸せを体現していくこと」。動かなきゃ何も変わらない。論理だけで世界は変わらない。いつだって世界に波紋を起こしていくのは何かを真ん中に投じた奴だ。



f:id:sexrecipe:20150709113959j:plain




そんな考えなので、カウンセリングを受けてくださるクライアントの方には、必ず「行動すること」を伝えます。何をすればいいかは一緒に考える。何が自分にとっての幸せかは一緒に掘り下げる。そして行動するまでじーーーーっと見届けてるので笑、変わりたくない人は来ないでね。



▶︎プライベート カウンセリング | Sex Recipe Shop
(カウンセリングを受けたクライアント様の声も記載しております。)



そしてヒデアキとの旅ももうすぐ終わり。今すぐ何か常識ぶっ壊して人生変えたいなら、こんなのもあり。今を遊べるくらいの気概がなくちゃ、変われないもん。笑

▶︎60人の諭吉プロジェクト〜婚前道中膝栗毛〜 (残り22名)




f:id:sexrecipe:20150715134343j:plain

 (実際、一切気にしなくていいと思う)





結局、楽しんでる奴が“最強に”魅力的。