セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「イけない」人は○○の順番が逆。だから、幸福度が低い。

 

先日プライベートカウンセリングを受けてくださった方の悩みが、セックスで一度もイけたことがないこと、そもそもセックスが気持ち良くないことそしてセックスレスになってきていてパートナーも自信をなくしているということだった。


▶︎詳細はこちら。

プライベート カウンセリング | Sex Recipe Shop



「イけない」という悩みを抱えている人は多い。勿論具体的なテクニックの問題もあるのだが、それ以前に前提として、ある順序が逆なのである。今回カウンセリングを受けてくださったクライアントの方の例を挙げつつ説明したい。


f:id:sexrecipe:20150709113249j:plain




◆オナニーは、外イき。

オナニーする際は、クリでならイけるということだった。でもそれ以外、中は気持ち良くないから自分でも触らない。そしてセックスではその唯一気持ちいいと思えるクリトリスを触ってもらうのだが、これがまたなかなかそのいい案配を伝えるのが難しく、セックスではむしろ「そうじゃないのに…」とイライラしたり冷めてきてしまうという顛末。


そもそもクリトリスというあの小さな部位を男性がいい案配に刺激するということのハードルの高さ。クンニすればいいと思っている男性も多いが、指で出来ない動きがどうして舌でできようか。クンニで本当に気持ちいいと思ったのは個人的な経験でも1%に満たない。オナニーで外イキきできるからセックスでも外イき、というのは近道のようで遠回りなのである。




◆「イく」のは結果。

順序が逆と言ったのは、セックス以外も含め、「結果」が先になっていること。結果に囚われすぎて、プロセスが全くなっていないのだ。潮吹きでも絶頂でも、「気持ちいい」から副産物として生まれてくるのであって、「イかせよう」「潮吹きさせよう」とするから、「彼の手マンが半端なく痛くて泣きそう」「イかせようと躍起になってくれるほど、こっちが冷めていくのよね」という声が増えていく。


女性は結果なんざ求めていない。「イかせてくれること」より「愛されていると感じること」「セックスで幸せを感じること」のほうを余程求めていて、それはその結果に固執すればするほど遠のくどころか、着実にセックスレスに向かっていくので、セックスそのものを遠ざける結果にしかならない。逆に言えば「イかなくてもいいから、幸せにしてあげたい」という男性ほど、相手をイかすことが出来るのだから、この世界は矛盾しているなとつくづく思う。



 

◆「痛い」は絶対に避ける。


「『痛い』って相手に言っていいんですかね…彼が自信なくしそうで。」よく女性に問われる質問なのだが、100%言った方がいい。その場しのぎを女性は愛しすぎているように思うが、そんなの情けであって愛ではない。「痛い」と感じた瞬間身体は強ばってどんどん悪化するし、「痛い」というのは本能的に避けたがるからどんどんセックスが嫌になっていく。結果、セックスレスになって更に自信を失うのは誰?パートナー、そして何より自分自身。


本音をぶつけられないくらいの関係ならやめちまえ。「痛い」の一言が言えないのは、相手を信じていないからだ。自分をさらけ出せる価値すらないということになる。一度、男性の立場に立って考えてみればいい。「俺、信頼されてないんだな…」と間違いなく思うはず。



痛いなら即ローションを導入すること。購入の際はカンジダの原因になる砂糖を不使用のものを。



f:id:sexrecipe:20150709113732j:plain



◆セックスは、生き方だ。

性の悩みを今までも多く聞いてきたが、私が伝えたいのはセックスの悩みを改善することではない。「性を通して生き方を見つめ直すこと」だ。


「イくこと」ばかりに囚われている人は、日常でも結果ばかりを追い求める。そしてそれを為せない自分にイライラしたり、自己嫌悪に陥ったり。思考ばかりを働かせ、将来のことを逐一気にして「今を楽しむ」ことをおろそかにしている場合も多い。そのため幸福度が低い。挿入中も「あ、あの人にメール返してなかった」「これ終わったら洗濯物干さなきゃ」なんて考えているタイプである。そりゃ頑張ったって、イけっこない。


「痛い」と言えない人は、自分を信頼していない。先述の通り相手を信頼もしていなくて、自力でなんとかしようとするから、一人じゃどうにもできない問題に打ち当たったときに自信をなくす。その姿は男性にも「俺、何もしてやれないんだな」と相手の自信も喪失させる。大切な人に何かを頼んだり一緒に取り組むことは、結果その瞬間はハードでも双方の幸せに繋がっていく。


だからこそ、ノウハウやテクニックに縋るのではなく、性の悩みが浮上した際はしっかり自分と相手に向き合って欲しいのだ。結果でなく過程。セックスをどうするより、生き方をどうしていくか。結果その方が性の悩み自体の解決が早いと言うのは、すでに言った通りである。



f:id:sexrecipe:20150709114244j:plain





性に悩む人は、幸せを生きる人。
その思いは、今も変わらない。




────────────────────────────────

 あなただけの、プライベートカウンセリング。

────────────────────────────────

 
詳細はこちら▼

プライベート カウンセリング | Sex Recipe Shop
(カウンセリングを受けたクライアント様の声も記載しております。)


90分10,000yen。学生半額。夫婦・カップルでのご相談は大歓迎。

性から人生、パートナーシップのお悩みに答えます。

気になる方はお試しで、以下のいずれかにご連絡をいただければと思います。
簡単な範囲でよろしければ、無料で文章にてお答えします。

 

Tel 090-2912-3359
Mail lovecreator.minori@gmail.com
LINE @minoriinyo
Twitter @lovecreator3
Facebook Minori2