読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「好き」がわからない。「好き」って何? 恋愛ができない、男友達から先へ進めない人へ。

「これって、『好き』ってことなんでしょうか」


という質問をよくいただく。多いケースは、異性を「好き」という感情を今まで一度も抱いたことがない場合。男友達はたくさんいてみんな「友達」として好きだけれど、「恋愛対象」として好きなのかどうかわからない場合。あとは恋愛ブランクが長くて、「ちゃんと恋愛しなくちゃ!」って変に意気込んでる場合もある。

 

f:id:sexrecipe:20150703193707j:plain




◆言葉は自分から生み出す物であって、当て嵌める物ではない


日頃言葉を綴るからこそ、言葉ってなんて不便で逆説的なものなんだろうと思っている。言葉にすればするほど本質から遠ざかっていく。それでも、表現せずにはいられない衝動。「芸術家は孤独である」とはよく言ったものだ。

言葉にした瞬間、形のないものは形を有する。それは「言葉」という枠に当てはめることで、ある部分を誰かに伝えることが出来る一方、ある部分を失うということだ。あとは相手次第。相手がそれをそのまま受け取るか、歪めたり、逆に失われた物を想像力で補うのかは、もうこちら側はどうすることもなくただただ委ねるしかない。






つまり「言葉」というのは、誰かに何かを伝える一番簡単な方法である一方で、それは常に本質を欠いているということだ。「好き」と一つに言ったって、発した側と受け取った側の物は絶対に同じ物ではない。それでも伝えたい、というのは人間の奥深い寂しさと愛のように思う。



その言葉である「好き」を、言葉の通りに受け取ろうとするともうそこに本質はない。「『好き』とは何か」なんて解答を求める時点でナンセンスなのだ。言葉にする前の、心の奥底から沸き上がってくる衝動、それだけでいい。それを無理に形に嵌めたら「好き」になっただけで、元の形は全員が全員違う。
だから、「それは『好き』ってことだよー!」「それって『好き』って訳じゃなくない?」なんて誰にも定義することは出来ない。それを当の本人が、「これは『好き』なのかな?」なんて照らし合わせているから、いつまで経っても自分にとっての「好き」は見つからない。

 




◆計量カップを投げ捨てろ。


この「好き」問題はまさに石橋を叩いて渡る、というより“青”信号みんなで渡れば怖くない、といった具合である。

そもそも感情から考えるからおかしなことになるのだ。「このくらい『好き』だったら、恋人になってもいいよね」「セックスするには『好き』がちょっと足らないかしら・・・」
頼むから、計量カップで測るのはお菓子づくりのときだけにしてくれ。あたかも人生というレシピがあって、それをみんながみんなレシピ通りになぞっているような感覚に陥る。「好き」が足らないから、ちょっとあすこで買い足してきましょう、なんてものじゃないのだ。「好き」が足りませんわね、それでは恋人というケーキが作れないわ、なんて、狂言にも程がある。


もっと衝動的なものだったはずだ。問答無用、理由なんてなくただ触れたい。ただ一緒にいたい。ただ抱きしめたい。
それをいちいち「この位の期間過ごしたからもうセックスしていいわね」「一緒にいたいけど、一緒にいる理由が見つからなくて」「好きだけど、相手から嫌われたら嫌だわ」おい誰が決めたんだ。3ヶ月したらセックスしていいだとか、理由をつけなきゃデートできないだとか、「好き」って伝えたら「うん好きだよ」「ううん嫌いだよ」のどちらか二択で解答しましょうとファイナルアンサーをフィフティ:フィフティにした奴、ちょっと出て来い。ましてや「付き合う・両想い」は好い事=正解で、「片思い・振られる」はバッドエンド=wrong wayみたいになっているこの現象。「好き」ならそれでいいじゃないか。答えなんかない物を、答え合わせをするから苦しくなる。胸を張って一人想いたいだけ想い続ければいいし、堂々と振られてみせればいい。人生はもっと衝動的で情熱的で刹那的じゃなかったのか。


 

f:id:sexrecipe:20150703193736g:plain




◆理由のある行動は、免罪符。

だから、「好き」の答え合わせをしてる場合じゃないのだ。頭で「これは『好き』なのかしら」と理由をこさえている時点でダメだ。

「一緒にいたいから一緒にいる」「触れてみたいから触れてみる」「セックスしたいからセックスする」、強いて言うなら理由が結果だ。その間にワンクッションの免罪符を挟むんじゃない。「恋人だから一緒にいよう」「夫婦だからセックスする」それは理由でなくいい訳だ。「したい」という純粋な想いを貶めた先の免罪符。理由がなくちゃ行動できないのか。いつまで先生や親の顔色伺って過ごすのか。

善悪賛否そんなのどうだっていい。自分のもっと本能的で、それは誰かが黒々としたものと表するかもしれないが、それこそがいのちだと思うし生きるということだと思う。だから、「愛」だと私は定義する。それを出せ。奥底から突き上げるその衝動を、大事にしまい込んで人生終わったって、後悔するのは目に見えている。

 


f:id:sexrecipe:20150703193810j:plain



誰かがこう言った、あの人がダメだと言った━━━━━じゃあ訊くけれど、「自分」は、今と何と言ったの?

 

 

 

────────────────────────────────

 あなただけの、プライベートカウンセリング。

────────────────────────────────

 
詳細はこちら▼

プライベート カウンセリング | Sex Recipe Shop
(カウンセリングを受けたクライアント様の声も記載しております。)


90分10,000yen。学生半額。夫婦・カップルでのご相談は大歓迎。

性から人生、パートナーシップのお悩みに答えます。

気になる方はお試しで、以下のいずれかにご連絡をいただければと思います。
簡単な範囲でよろしければ、無料で文章にてお答えします。

 

Tel 090-2912-3359
Mail lovecreator.minori@gmail.com
LINE @minoriinyo
Twitter @lovecreator3
Facebook Minori2