読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

【相談#2】相手が喜ぶセックスの仕方──「Mの顔を見続けろ」という言葉の本質。


セックスで相手を喜ばせたい。
セックスがうまくなりたい。
もっと気持ちいいセックスがしたい。
愛されていると思えるセックスがしたい。



セックスには大抵誰しも悩みを抱えているが、根本では同じものを求めている。表面ではそれが「セックスが痛い」「濡れない」「感じない」・・・それはあくまでわかりやすく目に見える悩みであって、そこも大事だが、対処療法で済ますとまた似たような悩みが浮上する。今のパートナーとうまくいったとしても、次ではもう通用しない。それがセックスの本質だ。何人ヤった、とかじゃ語れない、時間でも長さでもない、もっと本質的な部分。だから「愛あるセックスがしたい」と嘆く女性が後を断たない。何をもって、愛ある、喜びに溢れた、心底気持ちいいセックスなのか。



f:id:sexrecipe:20150523153644j:plain





ひとつおすすめの漫画がある。この漫画はすごい。SMを描いた『ナナとカオル』白泉社)は、おすすめの漫画TOP5に入る。あれは自称「エロいよ…」とか言っときながらもう既にエロ漫画を越えている。SMを通して見せる愛のかたち、心理描写、それを絵で言葉で巧みに表現していて「セックスがわからない」という人に、SMは置いておいてとりあえず勧める作品である。



さてこの『ナナとカオル』の最新の15巻、主人公達(ナナとカオル)とは違うカップルが自分たちのセックスとSMに悩む。どうしても最後中折れしてしまう彼氏。恐怖から自分の性癖を曝け出せない男と、彼氏の中折れで自分に自信をなくしていく女。彼氏のどうしたらいいのかわからないという苦悩に一言、「Mの顔を見続けろ」とカオルが言い放つ。その瞬間男は気付く。今まで目の前の女を見ていなかったこと。過去の女に罵倒された恐怖やトラウマの過去ばかりを見ていたこと。目を瞑ってひたすらそれを振り払おうと腰を振っていたこと。自分は、今、目の前の女を愛しているはずなのに、一体何をやっていたんだろう───是非、女性にも男性にも、読んでみて欲しい。



f:id:sexrecipe:20150523153742j:plain





この漫画はSMだが、どんな種類のセックスであれ、そこに介在する愛がどんな形であれ、共通しているのはそこに人間と人間がいるということだ。男とか女とか年齢とか経験は全く関係ない。そこには人間としての感情と、想いと、欲求と、伝えたい受け取りたいものがあるということだ。「Mの顔を見続けろ」、それはどんなセックスにおいても一番大切なものだ。セックスはコミュニケーションだとかオーダーメイドだとか様々な表現があるが、とどのつまり「相手を見続けること」これ以外にセックスをよりよい形に変えていく方法はない。どんなハウツーも知識も、相手なくして成立しないしかえって害になることもある。ベッドの上で生きてはじめてそれらは意味を持ってくる。



「Mの顔を見続けろ」───あなたは、相手を「見」ているだろうか。些細な表情、手の位置、動き、声のトーン・・・全てを「見」る。そのためのあの至近距離である。そのために肌を重ね、普段見えることのない相手の奥深くまで潜っていく。そして嘘偽りを纏う言葉ではない、そんなものの届かないところに触れて、はじめて「セックス」が成り立つ。AVやノウハウ本に書いてある手順など全く参考にしなくていい。次に何をしたらいいのか、どこに触れたらいいのか、強さは、深さは、長さは、タイミングは、そんなもの、すべて目の前の人間が教えてくれる。相手を「見」ることなく知識ばかりを検索している時点で、セックスから逃げているのと変わらない。目の前の相手から逃げるな。目を逸らすな。別の何かに求めるな。自分を「見」てくれない相手と愛し合いたいなんて、私は決して、思わない。



f:id:sexrecipe:20150523153720j:plain

 


藤井みのり



Facebook


https://www.facebook.com/minori2

 

Twitter


https://twitter.com/lovecreator3

 

 

相談型LINE@コラム

 

無料、不定期配信。
いただいたお悩みやご相談に答える形で配信中。
LINE@
でしか読めない限定コラムはこちらから友達追加で簡単に読めます。

 

http://line.me/ti/p/%40lha1700b

(バックナンバーはホーム画面に掲載してあります)