読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

【追記あり】「人間」であるために必要なモノ。絶望を否定している人が多すぎる気がする。

自分を愛する生き方

 

明日のお話会のために名古屋に来ている。先ほど女子大生の子とお茶をしていて話をしていて、過去の自分にすごく今の彼女の状況が似通っていて、当時の自分がフラッシュバックしてきた。大学生の時はとにかく葛藤との戦いだった。自分の人生をどう生きるか。自分と他人。やりたいこととすべきこと。希望と諦め。親との喧嘩。退学したい想いとできない現実。思い返せば短かったが、当時の自分にとっては永遠とも思える長さだったのだ、その時期は。

 

 

 

f:id:sexrecipe:20150218212515j:plain

 

 

 

◆変わりたいならどうしたらいいのか

 

まず彼女にされたのがこの質問だったのだが、これは答えとしては簡単、「コミュニティを変えること」に尽きる。人は環境によって形作られる。そして現状に違和感を覚えているのなら、環境そのものを変えることが一番早い。実際に私はその方法で人生を大きく変えることができたし、今深い関係を築いている友人の大半は変えた後のコミュニティの人間である。今までのコミュニティを手放すことは、コミュニティ側の人間にとっては裏切り行為のように映るようだが、そうでないことをお互いがしっかり捉えるべきだと思う。その一時の悲しみや苦痛に、その行動をとどめてはならない。それで結局多くの人達が足を引っ張り合うから、大半が余計悲壮感を漂わせて生きなければいけなくなるのだ。



:参考記事

 

 

 

 

◆やりたいことがない

 

夢ややりたいことがない、だから進路が決まらない・・・でも就活しなくちゃいけない。そんな悩み、逆に普通ではないのかと思うのだ。夢やビジョンを持って一目散に走っていける人の方が少ない。大半はそれぞれを比較して、「この中ならこの業界がマシかな・・・」と相対的に進路を決める。これは私個人の意見だがあまり勧めない。もう少し絶対的に生きるべきだと思うのだ。やりたいことがないならないなりに方向があると思う。休学するでもいいし、「やりたくないことを削ぎ落としていく」という逆のベクトルからの行動がある。実際私は就活が嫌で拒否し続け、しかし親との大喧嘩に負けて内定をとるが、その想いは捨てきれずに就職して4日で辞めている。できれば最初の段階で我を通しておけばよかったなとも思うが、当時の私にできるそれが精一杯だったのだ。そして就職が嫌なら独立するしかない訳で、手探りで進み始める。進路が決まらないなら行きたくない道を、退路を断て。したら自ずと進むしかなくなり、結果進みたい方向がおぼろげにでも見えてくる。



:参考記事 

 

 

 

 

◆希望ばかりが、気持ち悪い

最近痛切に感じていることなのだが、「夢」「希望」「愛」「ポジティブ」みたいなものばかりを世間が追いかけている気がしてならない。特に大人達が。FacebookをはじめSNSを見ても「やっぱり愛が大事だ!」「世界は希望に満ちている」みたいな投稿がタイムラインにぎっしりで、ふとした瞬間それにものすごい気持ち悪さを覚えたのだ。スクロールしてもしてもそんな記事ばかり。リアルには違いないが、むしろそれ自体がファンタジーに思えて仕方なかった。いい年した大人達が何をやっているんだろうと思った。もちろん希望を目指すことで現実もそうなっていくのは分かるのだが、それにしてもあそこまでポジティブばかりだといくらなんでも違和感が甚だしい。Twitterで「死にたい」といったツイートに対しても、「そんなこと言っちゃダメだよ!」みたいなコメントが書かれていると、思想の自由の起源すら否定しないではいられないんだろうなと感じてしまう。

 

あるときそんなFacebookのタイムラインを見ていたら、そんな気持ち悪い希望だらけのタイムラインに、ひとつだけ、ぽんと絶望の投稿が置かれていた。私のその違和感や気持ち悪さをすべて代弁していた。ファンタジーの「人」ではなく、リアルな「人間」がそこにあった。それがあまりに美しくて、泣きそうになった。葛藤、苦痛、孤独・・・すべてを包括して「人間」なのだ。着飾って、一面だけ見せて、光ばかりを追って───光だけの世界は、白一色の世界でしかないのに。

 

 
必死で自分を隠さなければ。
だって本来の私を出したらみんな離れていって一人になってしまうから。
見下されて軽蔑されて、おかしいと思われて、気持ち悪がられて糾弾されて生きていけなくなってしまうから。
生きていく為には、自分を周りと同化させて、平気なふりをして、まともなふりをして、醜くみっともない惨めな自分が、気持ち悪い自分が出てこないように、きつくきつく蓋をして鍵を掛けて、自分すら忘れるくらいに深く暗い心の底にしまっておかなければ。
だって一人になるのは嫌だもの、苦しいのはもう充分だもの。

今年に入った前後から普段にも増して寝られない日々が続いて、あまりにつらくなったら睡眠導入剤を飲んで意識を強制オフさせる、それも効いたり効かなかったり...自分に緊張状態を強いて安らげないから、自分を責めているから、色々思い当たっても、どうにも抜け出せずに。
周りがどんどん楽にその人らしく生きていっているのを見ると、いつまでも自分の闇を握り締めている自分が恥ずかしくなって、余計に自分を責めてそれらを拒絶しようとして、余計にその闇に取り込まれてしまう。
周りに安心して心身を委ねられないから、自分を硬く閉ざして激しいエネルギーを自分の中になんとか閉じ込める。
だって誰も助けてくれないもの。
結局私が自分を責めてるから悪いんでしょう。
あなたたちはいい、なんだかんだ安心があるんでしょう。
私に何か言いたいのなら、そこが世界のすべてだった幼い頃に、常に一挙手一投足を監視されて力でねじ伏せられて無視されて、いつか殺される恐怖を常に胸にしまいながら声を潜めて自分を殺して生き延びる経験をしてから言ってみろ。
物心ついた頃から安心がなかった私は、普通に生きられてるお前らとは生きることに対する枷が違うんだよ。
不幸ぶってたって、結局今お前は守ってもらえてるんだろ。
拠り所があれば、そりゃ強気になれるよな。

そうやって自己憐憫に浸っていつまでも、自分を責めて周りを拒絶して、孤立して虚しく不幸ぶって生きていけば?
なんだかんだでそういう自分が気に入ってるんだろ?抜け出す気がないんだろ?
いつか誰かが手を貸してくれるだなんて、淡い期待を抱いてるんじゃないの?
お前がお前でいる限り、救いなんてねーんだよ。

こんな自分がいつまで続くんだろう、ずっとこんな自分のままならば、この先も自分の人生がこんな感情の移ろいの連続であるならば、もう死んでしまいたい、昔のように能動的に死に向かって行動に移す程の情熱はないにしろ、虚ろな願望がこだまする。

久々に少し絵を描いていたら、自分の中で必死に抑えていた闇が、自分を責める声が、際限なく止め処なく響いてくる。
普段直視しないようにしている絶望が、にじり寄ってくる。
なんでこんなに苦しいのかもわからない、何がそんなに怖いのかもわからない。
奥底に厳密にしまっている、底の見えない終わりのないとてつもない孤独が、私の中から次から次へと際限なく沸いてきて、とどまることなく肥大し続けて、その孤独の沼に足を取られて体を飲み込まれて、恐怖と共に、身動きの取れない体を無理やり少しでも動かしたり休めたりして、すべての感じる力をなるべく眠らせるようにするしかない、自分の感覚を誤魔化して追いやるしかない、動く程に沼は私に絡まって私を底へ底へと運んでいく。
暗く光も当たらない、希望もない、すべてが虚ろに映る、私には与えられない、いつか、いつかという望みはことごとく裏切られる。


どうせ私が悪いんでしょう。
自分を責める私が、自分を憎い私が、いつまでたっても自分の闇を受け入れられない私が、自分を生きる覚悟の出来ない私が。

いつか切望している安心が得られるはず、だって私の唯一の望みはそれだけだから、そんな幻想の夢物語に一縷の望みを掛けて縋り続ける私が愚かなんでしょう。
こんな私だから自分を責めるんじゃなくて、自分を責めるためにすべてを動かし創っている、そんな原因と結果の反転した事実が目の端をかすめながらも、まだここに浸っていたいのならば、好きにすればいい。
行き着くところまで行き着けば、地獄の業火に焼かれて楽になれるでしょう。


────松元 亜弥  Facebookより引用。




だから最近、私は私の中の絶望をもう一度拾い集めている。一時期、希望ばかりを求めてそれらを全部埋めてしまった。なかったことのように、過去のものとしてしまった。もちろんそれで人生は大きく変わったし、その行為自体も悪いものとは思っていない。ただ、何かが足りないという感覚があって、それがその絶望の投稿を見た時の感動にリンクしたのだ。あんなにも大きな絶望を抱えていたのに、一体どこに置いてきてしまったんだろうと。自分の半身を置き忘れてきてしまったような感覚だった。絶望に行きていた思春期の自分からしたら、むしろなりたくなんかないと思った大人になってしまっていた。絶望から目を背け、隣にあるのにないように振る舞っている大人。力があるのにその絶望に向かったり受け入れたりせずに、「希望でなくてはならない」と半分はりつけたような顔で生きている大人。そんな大人になりかけていたことに絶望し、そして次の瞬間希望を感じたのだ、自分が絶望を抱いていることに安心した。ああ、自分は人間だと。

 

とはいえそれを思春期の自分にどれだけ説いても絶対に理解できなかった自信がある。成長には段階がある。だから絶望に足掻いた自分も、絶望を埋めて先に進みだした自分も、そして今ここにいる自分も、すべて自分であってよかったと思うのだ。

 

 

 

f:id:sexrecipe:20150218212942j:plain

 

  

絶望を、手放したくはないんだ。





 

•˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳  Information  •˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳  

 

2/19(木)@名古屋 13:00-16:00

性から見る、自分に自信を持つためのお話会。

https://docs.google.com/forms/d/1qoB950I6pOUagNyQb7DLflHROY70deCAaqh_QgcqUcU/viewform?usp=send_form

 

2/21(土)@大阪 15:00-18:00

『いい女は「性」から作られる。』お話会。

https://docs.google.com/forms/d/1ix8dxKHordHn5e1PPGCSl3lsIp5v6OUC_s4Ritibm_s/viewform?usp=send_form

 

2/25(水)@東京19:00-22:00

アカデミア日本橋『未来の生き方について』
カヤノヒデアキ×Minori×宮田亮介

https://www.facebook.com/events/847738875269246/

 

2/28(土)@大阪 14:00-17:00

「Sexのお悩み、まとめて解決♡お話会」

https://docs.google.com/forms/d/1O9KPGkdb55Sxh4IF_vigysq6z18B_tyOzSkMo_wabYM/viewform?usp=send_form



【男女講師&男女混合】3/13(金)@東京・恵比寿 19:00-22:00

「AVから学ぶ、異性の本音。」
「セクマナ」こじしょー ×「セックスレシピ」Minori

https://docs.google.com/forms/d/14qM3Sif42ndV4ohlfTQlrLmvyxTMhwlQmhcPAQM-KBQ/viewform?usp=send_form

 

3/15(日)@東京 16:00-19:00

「今すぐ使えるセックステク&いい女になる5つの秘密♡お話会」

https://docs.google.com/forms/d/1GFKNJvD64_BaLxq3SUARahKKXtNufKfADOLLQb6VpEE/viewform?usp=send_form




 

【無料】性の悩みを、その場で相談。

 女性限定、性の悩みをいつでも相談できる無料LINEグループ始めました!


 

【今すぐ変わりたい、あなたへ。】Sex Recipe Shop。

マンツーマンセッションから、セックスレシピの作り方ワーク、徹底的に自分を輝かせるトレーニングコースまで。