セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

「愛情」が「愛」になったとき、あなたの人生はまるごと変わる。

 

 

 

 

 

 

 

今までたくさんの恋愛をして、たくさんのことに傷ついて、たくさんのことを学んで、相手を知って、自分を知ってきた。そして今のパートナーが目の前にいて、毎朝「今日も一緒によろしくね」と言い、毎晩「今日もあなたがいてくれたおかげで幸せだった。ありがとう。」と言って眠りにつく。過去の恋愛も私は幸せだったが、今の私の感じる幸せはその時間の多さにおいてもその深さにおいても比類を見ない。それは何故か。そこにあるのが愛情ではなく愛だからだ。

 

 

 

「愛されたい」と誰もが思う。別にそれはいい。人として当然のことだ思う。ただ幸せは、「人間」、人と人の間に大きく生まれるものだと思う。だからベクトルはほどほどがいいのだ。「自分を愛してください!!!」でも、「愛してあげたいんです!!」でもなく、ニュートラルなところ。自分ばかり見ては他人任せで、人ばかり見ては自己犠牲。そうではなく、ただ真ん中。

 

おそらくそのずれたベクトルが「愛情」だ。条件付きの愛のような。そしてその向こう側にある真ん中を流れているのが「愛」だ。こうしてくれるから好きとか、自分がこうだったら好き、ではなくて、自分が幸せと感じていて、相手がいてくれることにさらに幸せを感じているだけの状態。

 

 

 

 

 

 

それには自信が必要な気もしている。幸せを感じていいという自信。いい意味で現状に満足してありがたいと思える自信。自信がないと、「もっと自分は幸せでなくてはならない」となんだか何かにとり憑かれたように強迫観念を抱く。それでは今の幸せに気付ける余裕もない。

 

一体私たちは何にそんなに追い立てられているんだろう。何にそんなに余裕をなくしてしまっているのだろう。そして結果を求めて、「3日で変われる○○テクニック」みたいなものに走ってしまう。それはあとからついてくるものなのに。そして結果はまやかしで、また別のものに走り、どんどんペースアップしていく人参レースがヒートアップしていく。人参はもう山ほどお腹に入っているというのに。

 

 

 

f:id:sexrecipe:20141201221253j:plain

 

 

 

 

幸せをただ感じたくて、私たちは生まれてきたんじゃなかったのか。

 

 

 

 

 

 

ラヴ・クリエイターMinori

 

Facebook minori2

Twitter @lovecreator3

◆LINE ID minoriinyo

(女性限定、性の悩みをいつでも相談できる無料LINEグループ始めました。)



◆オンラインショップ『Sex Recipe』