読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

人生を変える「Aloof Time」──世にも美しい、自分の世界の作り方。

世界を変える。それは、現実を変えるというより、世界観を変えるということだ。だから、観方が変わるから、それは結果的に世界が変わったことになる。どんな風にもどんな角度からも見えるなら、自分はこの世界をどんな風に切り取って観ていたいのか。 すべて…

愛する人に、私が死んだ時に覚えていて欲しいこと。

私でなくていい。私は勝手に愛する人を愛するけれど、同じように人はみんなそうやって人を愛するのだろうけれど、私が消えた世界で、そんな愛がヒデアキにずっと注がれていたなら、元気が無くなった時に元気にしてくれる女性がその都度いてくれたら、嬉しい…

裸の男と、正義の話。

「どんな男性が好きか」と聞かれたら、今の私は「裸の男が好き」と答える。もちろん物理的な意味ではない。裸で土俵に立てる男。仕事や肩書きやお金や地位や経歴や夢などがなくても、ただその二本の足で立っている人。臆すことなく、比較することなく、ただ…

お金も人生も、「正論」より「楽」を選びたい。

プノンペンでカンジダになった直後にお腹を壊して、病院の人に「あら、また来たの」という感じに対応されているのだけれど(本人は元気です!)、自分の中に「海外で病院に行くのは怖い」という思い込みが何故かあったなと思う。でも「だから行かずになんと…

関係性をつくっていくということ。

CambodiaのPhnompenhに来てちょうど1週間が経った。少しのクメール語と少しの地図とそして多くのCambodiaの見せる顔を見て、海外に来ているその「外」という感じが薄れていっている。先日現地の日本語学校の生徒に「カンボジア人と日本人の違いを教えてくだ…

「自分」にだけ、責任を持って生きる。

自分の人生に責任を持てよ、と思うことがしばしばある。「責任」というのは概して他人とか社会、世界と自分ではないものに向けられるような気もするけれど、そこに私は納得がいかない。人に責任なんて持てるか。永遠の愛なんて誓えないように、人との約束な…

変わる、というのは「弓の矢を引く」ということだ。

「変わる」ことを決断するとき、それはその人の想いの強さなのか、決断力の差なのか、意志の固さに寄るのか。私の中ではどれもしっくりと来ない。それは私自身が上のどれをもあまり持たずに生きてきたからだと思う。勿論、夢を叶えたいという思いや好きこそ…

言葉になる前の、純粋な形のない何かを少しでも愛して死んでいきたい。

言葉なんてものがなければいいのに。言葉が生まれる前の、純粋な「そのもの」を少しでも長く愛していたい。言葉になってしまった瞬間、ピントがずれて薄っぺらくなってしまうのが嫌で、自分の思考が言葉を紡いだ瞬間に脳味噌を撃ち抜きたくなる衝動にしばし…

愛を持って、冒険へ。「振れ幅」こそが、その人の深みだ。

最近「ゼロ」になりたいという想いが止めどなくて、現状維持したままなんとかゼロになってみようとふんばってみたけれどダメだった。しばらく足掻いた末に諦めて、仕事を全部止めて、ヒデアキとアジアの旅に来月出て来ようと思う。何も決めない。台湾スター…

愛したい「自分」がわからなくなったら。

よく誤解されるのだが、私は軸だとか自身だとか一貫性やこれが自分だぞ、というものをほぼ持ち合わせていない。むしろ未だに「何で3日前の自分はこれがしたいなんて思ったんだろう」と首をかしげることは多々あるし、モードの変化が激し過ぎて自分が自分につ…

すべてに本当は「価値」なんてないんだ。

今まで書いて来たことを一見ぶっ壊すようなタイトルだけれど、読み進めて頂ければ幸いだ。先日めずらしくヒデアキと一波乱あって(正確にはただのコミュニケーション不足)、そこでふと湧き上がって来たのが、「全てに本当は価値なんてない」ということだっ…

後悔しない生き方。「チャンス」とか「ここを逃したら…」と思った瞬間に、失うものがあるんだ。

久々のブログの更新。予定を詰めすぎると書きたいことがあっても書けなくなるから、改めて余裕は大事だなと痛感した大阪。出し切りすぎて久々に体調を崩しました…。 photo by まきろんさんここでの大阪での私の感じたことはまた後日書くとして、先日ヒデアキ…

「自分は存在しているだけで価値がある。」…本当に思ってる?

「対価なしに幸せを受け取っていい」──尊敬する加美大輔さんがよく使う言葉、そして彼のコア・メッセージだ。人は対価なしに幸せを手に入れていい。世界は幸せに対して対価なんて求めない。何故なら、幸せであるということは、どんな人間でも抱く共通の夢で…

したいときはちゃんと、する。したくないときはちゃんと、しない。セックスでそれが出来たら、あとは早い!

自分を愛することは、「したいことをちゃんとして、したくないことをちゃんと、しないこと」というのはいつも書く通り。我が儘であることと言っても良い。自分の本音で生きることと言ってもいい。好きなことを好きとして、嫌いなことを嫌いとするとか。要は…

< 30Days>11月メンバーへの手紙と、メンバーからの手紙と、軌跡。

30日間一緒に走り抜けてくれた、第一期生である3人に向けて。 悩んだら、また1人だと思ってしまったら、どうせ私なんてやっぱり…となってしまったら、そんなときにこの30日間を思い出して欲しいので、ここに残しておきます^^最終日に送ったメールと、貰っ…

ダメな男ばっか引き寄せる女の子に共通しすぎてることについて。

色んな女性から相談を受ける上で、ある一定の法則なり兆候に気づくことがある。いわゆるダメ男──KY、DV、仕事できない、コミュ障、支配欲強すぎ、草食と言うかミドリムシ──にばかり言いよられたり、ばかりと付き合って恋愛しまくっては失敗したりしている女…

彼の膣愛撫がとにかく下手で、伝えるのだけど動作が受動的で・・・イヤイヤしてくれてると思うと集中できない!

こんばんは。昨晩近所のスーパーが、翌日全休のためにお肉がみんな半額で、嬉しくって山ほど買って、「ディズニーランドみたい!!!♡」って喜んでたら、本当に嬉しそうだったんだろうね、私を見てヒデアキがすごく幸せそうだった。また半額にならないかな・…

「絶対に自分を生きてやります。死にたかったのは自分をいきたかった反動だったのかもしれません」

苦しいと思うのは、そこに本質があるからだ。 悩みがあるというのは、自分がそこにあるのに選べないからだ。 消えてしまいたいというのは、それほどまでに「生きたい」自分がいるからだ。

私たちは、弱いんじゃなく、強いんだ。──「死にたい」と思うのは、武士道が生きているから。

女の子達へ。強くあれ。というより強いということを、思い出せ。何者にも汚されない。どんなことを介しても傷ついたりなんかしない。その傷は人が描いたものであってあなたのものじゃない。それどころか人のそれを一瞬で癒すことができる、それくらい私たち…

【前代未聞】私が「気持ちいい潮吹き」が出来るようになった「ローリング・タッチ」の方法。

◆360度のローリング・タッチ、というテクニック。 そのあるひとつというのは、指を中に挿入した際のモーション。彼のしてくれたこの動作を「ローリング・タッチ」と名付けようと思う。 一般的には、膣内に指を挿入したら大抵指の向きは変えず、前後に指を動…

自分を愛せているかは、「究極ひとりになっても」にYes.と言えるかだ。

◆軸も自信も、「つくる」ものではなく「できる」もの。 先日LINEで、自分に軸のないことを相談してくれた方がいた。私と似た背景もありその心境は痛いほどわかったうえで、それを越えてきた私が言えることはただ一つ、「軸はつくろうとしてつくるものじゃな…

「誰でもない」自分になりたくないなら、「一緒に高め合える関係」はやめておけ。

ぶっちゃけ女子といるより男子といる方が楽・・・!!昔からそうなのだけれど、前回の記事から更にあの“ママ世代の違和感”(ママに限らず、居心地が悪いと感じる女子同士の会話)を掘り下げていたら、「常に同意を得なければならない」という、暗黙の予定調…

圧倒的に嘘つきのママ達。

最近学生や若い世代と会うことが増えてきた。仕事柄ママ・母親世代と接することが圧倒的に多いのだけれど、その2つの年齢層で圧倒的に異なる感覚を覚えることが多々あった。一体何が双方で違っているのか、ずっと疑問だったのだが今朝方ふと気がついた。ああ…

「ビールの一口目」のような愛し方。

突然だけれど、私はかなり記憶力がない。先日女性と話していて、「ロケット鉛筆みたいな記憶力なのよ私もー」という表現を聞いたがまさにそんな感じ。仲のいい友人にはよく「みのりちゃんの記憶力ビッチだもんね」と言われる。…ビッチ上等じゃないか。 ◆忘れ…

その人が誰かの「彼氏」や「旦那」でも、愛せますか。

「彼氏」「旦那」でなくても、究極誰かのパートナーであっても、その人を愛せる?それくらいでなきゃ、愛し抜けない。それは「相手そのもの」を愛しているのではなく、「彼氏」や「旦那」という入れ物を愛してるということ。— みのり@セックスレシピの作り方…

自分を「好き」だと言えるようになったのは、誰かを「嫌い」だと言えるようになったから。

一昨日、ヒデアキと2人で歩いて旅(アート)をしている婚前道中膝栗毛に、東京から友人が合流しにきてくれた。会ったことはなく、LINEでちょこっとやりとりをしただけの関係。でも彼女は「みのりさんとヒデアキさんに会ってみたいので会いにいきます!」と、…

私が性器を「気持ち悪い」と思わなかった訳。どんなお姫様にだって赤黒い性器はついている。

女性器が気持ち悪い。ペニスが気持ち悪い。いわゆる性器に対する「気持ち悪さ」みたいなものが、私には、性に興味を抱いた中学生の頃から、ほとんどなかったなと思うのだ。女子校出身だったから、はじめて男根を見たのは大学1年生。そのときも、一般に言われ…

「ダメな自分を愛する」ことの本当の意味は、「価値観を開く」こと。両親との関係は、恋愛と何の関係もない。

「親との関係に悩んでいる」「恋愛に悩んでいる」「お金の事で悩んでいる」「自信がなくて悩んでいる」世の中は悩みに溢れている。悩む事が人類の趣味ではないかと思うくらいに、悩みに人生を費やし、悩んでは誰かに相談し、それぞれに頷き、そして実行でき…

【相談#3】オナニーの方法。6年かかって、やっと「気持ちいい」を手に入れた。

私がいつも、『まず、オナニーしましょう』と回答する質問がいくつもある。 ・どこが気持ちいいかわからない ・挿入が痛い ・中でイけない ・セックスへの嫌悪感が拭えない ・しちゃいけないって思ってしまう ・Gスポットってどこかわからない ・濡れない自…

“自分軸”の作り方。感情移入が激しく周囲の影響を受けやすい人へ。

先ほどお茶をしていて、とにかく自信のないという女性に出逢った。夢がない。やりたいことがない。軸がない。自信がない。自己肯定感がない。自分がない。そして感情移入や、まわりの環境の影響を受けやすい。それは過去の私だった。20数年、ずっと悩んでい…

【実録】女性が、お金と時間と美しさを一挙両得しちゃう話。

先日の大阪でのお話会で聞かれた質問がある。 「みのりさん、女性らしくいるために(綺麗であるためにとかそういったニュアンス)気をつけていることってあるんですか?」 それを聞いて、しばらく返答に迷った後、こう答えた。 「・・・敢えて言うなら、気を…

「自信」は自分の悩みをまず、自分自身が聞くことから始まる。

どんなに成長したって成功したってお金や地位を手に入れた人だって、その場その場で「悩み」や「壁」にはぶつかる。少なくとも客観的に見て。 この間、タスクオーバー気味な自分に出くわした。どうする。モチベーションあげてこなすのか断捨離するのか。意味…

陰極まって陽となる。とことんタブーにぶつかり続けてこそ見える世界がそこにはある。

大阪から帰って来ました。大阪はやはり好きだ。今回は突発的に決まったお話会だけだったが、来月早速イベントで2度行くことになったので今から楽しみである。 今回も沢山の出逢いと学びを貰ったが、ひとつ根幹に流れていたのは「陰極まって陽となる」ことだ…

【自分を愛するまでの5つの失敗】 いいから、やれ。失敗して逃げて失った先に、成長があるのだから。

「結局自分を愛せるかどうか」「これは逃げなんだろうか?」「何もないことが武器になるんだ」「無理しない、だから無理じゃない」「究極の自己肯定の先には何があるんだろう」最近ふと掘り下げてみたくなって、考えてみたワードである。それぞれについて考…

『真ん中で生きる』とはどういうことか。真ん中で生きた先の未来の話。

「あなたの真ん中はなんですか?」と聞かれたらなんと答えるだろう。生きる上での真ん中。自分という人間としての、真ん中。自分の中心はどこにあるのかそれをわかっていればいつだって愛も叫べるというものだ。 先日開催させていただいた個展×トークライブ…

【相談#5】「どうやったらパートナーが喜んでくれるか」──「僕は一般的な女性が何をされたら喜ぶかはどうでもよく、みのりは何をされたら喜ぶかを考える」

ヒデアキが友人に返信した内容が秀逸だった。(相談内容は聞いていないが、恋愛・セックス相談で男性の意見が欲しいといった内容だったらしい) 男性的、女性的というのも面白くて、男性的な意見を述べることはできなくて、カヤノヒデアキの意見しか表現でき…

「愛・感謝」≠「選ぶこと」: 自分を愛する人生を歩むための方程式。

過去の私の恋愛の話を少ししようと思う。 大学1年からずっと綴ってきたノートがある。葛藤、悩み、苦悩、感動した言葉や自分への励まし、そんなものがずっと書いてある、「自分ノート」とでも言うべきか。その中に、当時の恋愛への葛藤も綴られていたのを先…