読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

【相談#5】「あたしが結局つまらない女だから、フられたんだ」──男を夢中にさせる女とはどんな女なのか。

「お前が夢中にさせてくれなかったから…」そう言われて別れを告げられた友人から相談が来た。フられた次の日にはもう彼女ができていた。前の恋愛も同じ理由でフられて、同じ事を繰り返したくない、今度こそは本当に愛されたい、と。『男を夢中にさせる女』『…

【相談#4】「彼と別れるべきか悩んでいる」「彼が私を大事にしてくれない」

久々に幼馴染みと電話をした。2週間くらい、LINEもメールも電話も突撃訪問でも連絡がつかず、さすがに警察か実家に連絡しようかと悩んでいたら「ごめん携帯バグってたー」とのこと。どちらかと言えばお前の存在が人類のバグだと前々から思っているのだが、と…

「親が嫌い」「彼氏が嫌い」で、何が悪いの?

最近「いい人」が多い。それは「すべては自分に原因がある」「環境を選んだのは自分」「親を選んで生まれて来たのは自分」・・・“自分”に焦点をあてる考え方、これは悪くないと思う。人を変えようとしたってなかなかできない。だったら自分の考え方価値観判…

ハネムーンはもう古い。“婚前”旅を断然オススメする7の理由。

ヒデアキと日本を歩いてトータル4ヶ月になろうとしている。歩行距離1500km、半分来たなあという感じである。この旅は様々なメッセージはあるものの、わかりやすい部分では「ハネムーンとかかっこつけて(成田)離婚するくらいなら、結婚とかややこしくなる前…

【恋愛芸術主義】私という人間を創りあげた、5つの恋愛。

恋愛至上主義、とは言わないが、恋愛してなんぼという価値観が私の中にあるのは事実だ。それは多分物心ついたときからで、小さいときからおませさんだった私は常に自分の中に好きな男の子TOP3を作っていたし、今の自分がびびるほど、好きと思ったらすぐにア…

「いい男がいない」のは、「いい男を所有しよう」としてるから。

「婚前道中膝栗毛」とか掲げつつヒデアキと歩いているが、ぶっちゃけ「結婚」制度を使おうという気は今のところ全くない。 先日Facebookを見ていたら、友人が「大好きな人を所有するって、あるのかな。」と投稿していた。彼女は愛深い女性でハグしてきた人数…

【ダイエット的セックス】イくためのセックス、愛するためのセックス。結果しか愛せていない人に相手"そのもの"は愛せない。

私がセックスを考えてもらう上で、よく投げかける問いがある。「あなたの人生に置けるセックスの意義は何か」。人生の中でセックスをどう位置づけたいのか。そうすると大抵、「人生において◯◯のためにするセックス」という風に問いが入れ替わる。表面的には…

セックスでその男の生き方がわかる。どんなセックスを選ぶかはどんな男を選ぶかに等しい。

「AVみたいなセックスはやめましょう」──しかし99パーセントの男は辞められない。これだけスローセックスだのポリネシアンセックスだの言われているのに何故セックスは変わらないのか。答えは簡単、その人自身が変わらないからだ。人間自体が変わらずしてセ…

女に「なる」のを辞めて、女で「ある」ことを選ぶために脱ぎ捨てた、5つのこと。

女とは何か。 フェミニンな格好をすること?スカートやヒールを履くこと?毎朝メイクをすること?雑誌を買ってセールに買いに走ること?セックスで受け入れる側であること? 一糸まとわぬときに、私は果たして「女」であれるのか。ヒデアキと旅をして時もカ…

男を、死なせるくらいの女でなくてどうするの。

私に中に、「こんな女になりたくないな」というのがある。 「そんなことやって何になるの?」 「もっと周りを見て物を言ってよ。」 「そんなくだらないことに命をかけてどうするの。」 「お金は? 生活は? いい加減夢からさめなさい。」 「あの人の彼氏はこ…

【沖縄】人生に置けるあり方と立ち位置の話。

「何をしたかじゃなくて、自分がどうあるか。結果として行動より在り方の方が人生を大きく変える。この世界において自分がどこを立ち位置として定めるのか。目には見えないけれど、自分はどんな意識で生きるのか。何をしたとか大きなことに目をとられがちだ…

「あなたのため」魔女にならないために。Onenessと魔女は同居しない。

おとぎ話に出てくる魔女は、いつから魔女だったんだろうと考えたことがある。いわゆる悪い魔女として生まれて来たわけではないだろう。マレフィセントのように何かしらきっかけがあって、気付けば魔女となっていた、というほうが自然である。 もちろんこの世…

自分に恋するから恋愛になる。自分以外の別物になるから自分を愛せるようになる。

はっきり言ってヒデアキの前での私は、いわゆる私ではない。もちろん愛する人の前では多少なりと人は変わるだろうが、その変化は過去のパートナーとの前でのそれとは全く異なる。それはきっと、私がレールを脱ぎ捨ててから歩んだパートナーだからだ。 ヒデア…

【浮気論】人生は千の偽りと万の嘘から出来ている。誤魔化して、偽って、嘘をついてこその人生。

実は過去に一度、ヒデアキと破局の危機を迎えたことがある。よくある浮気疑惑なのだが、先日そのことを改めて思い出していて、ふと思ったことがある。この世界は時に、というか結果的に常に、真実より嘘が真実になるという摩訶不思議な現象が起きている。浮…

【世界否定論】世界なんて変えられる訳がない。変えられるなんて言ってる奴は大抵ジカジョーか頭が弱いのどちらかだ。

「僕達は世界を変えることができない」というフレーズひとつとってもそうだ。あまりに自分の世界といわゆる「世界」との差が開きすぎている。何も干渉できないとも思わないが、焼け石に水どころではない無力感。「あなただって世界を変えられるのよ」と言わ…

「今、何を感じてるか」じゃ生ぬるい。それは結局理性の産物であって、感覚にはほど遠い。

綺麗なものも見て、汚いものも見て、両方を見て初めて語れるものがある。両方感じて初めて双方を愛せるようになる。考えることも感じることも両方実感してバランスを知る。その感じるも、心で感じる、「今◯◯って感じてます」的なものはハートで感じているに…

パートナーとマンネリ化しない5つの生き方。関係もセックスも2人が新しくあることが必要。

◆セックスはつくるもの、という共同意識。 マンネリにあげられるひとつとして、セックスはとても大事なファクターだと思う。この点に関しては、付き合った時からヒデアキにも私にも「セックスはオーダーメイドである」という考えがあった。だから要望は常に…

「何のために私たちは生きるのか」という答えの所在について。

"10代の頃"とあるが、私たちは今だって、"誰かの言葉""誰かの感情"そして"誰かの考え"を生きている。誰かの答えを生きている。答えを知った気になって深く考えもせず、そういうものとして生きている。答えが存在しないかもしれないのに、だ。

【セクシャルの罠】行動しないセックス論じゃ何も変わらない。「セックス大事ですよね」じゃオナニーにもなりゃしない。

先日大阪で、ある主婦の方と話をした。夫婦間の関係に悩んでいるとのことで、ずっと話し合ってきたが解決しない部分があるのだという。それがスキンシップや愛情のやりとり。多少デフォルメしてあるが、彼女の前日の流れの概要はこうである。 奥さん「もっと…

【追記あり】「人間」であるために必要なモノ。絶望を否定している人が多すぎる気がする。

明日のお話会のために名古屋に来ている。先ほど女子大生の子とお茶をしていて話をしていて、過去の自分にすごく今の彼女の状況が似通っていて、当時の自分がフラッシュバックしてきた。大学生の時はとにかく葛藤との戦いだった。自分の人生をどう生きるか。…

どうやらヒデアキが、うちの母親に説教されたらしい。

「両親の理想(というか当たり前)」 ⇔ 「ヒデアキの実情(現在)」 ・定職に就いている ⇔ 現在、職どころか今半分プー ・貯金がある程度はある ⇔ 現在、財産数百円 ・ある程度有名大卒以上の学歴 ⇔ よくわからない大学*中退 ・将来のことを考え設計する ⇔ …

【SM論】罪悪感を抱くほどに、ただただ罰して欲しいから。

だからSMはとにかく気持ちいい。ただのキスがその何十倍もの意味を持つ。空気を吸えるこのありがたさすら感じさせてくれる。そしてその人が普通に目の前にいることの奇跡も。透過してしまった「今」を一瞬で色彩豊かに変える。そこにある当たり前の関係が一…

愛したいだけ、愛したい人を、愛したい。

これはシンプルなことなのだ、とても。本来は生きること、幸せを感じることはとてつもなくシンプルだ。だからまず、複雑なことは一旦脇において想像してみて欲しい。もし心から愛おしいと想う人がたくさんいたら。顔を思い浮かべるだけで生きる力が湧いてく…

【完全保存版】セックスが私に教えてくれた24のこと。

「性に向き合うと、人生が変わる。」 それはずっと、私がこの仕事を始めた時から伝えていることだし、誰かのこういったメッセージを聞くたびに、確信に変わっていく。 改めて、「セックスが私に教えてくれたこと」を書き出した。 ・女性であることを受け入れ…

“自分軸”の作り方。感情移入が激しく周囲の影響を受けやすい人へ。

先ほどお茶をしていて、とにかく自信のないという女性に出逢った。夢がない。やりたいことがない。軸がない。自信がない。自己肯定感がない。自分がない。そして感情移入や、まわりの環境の影響を受けやすい。それは過去の私だった。20数年、ずっと悩んでい…

【実録】女性が、お金と時間と美しさを一挙両得しちゃう話。

先日の大阪でのお話会で聞かれた質問がある。 「みのりさん、女性らしくいるために(綺麗であるためにとかそういったニュアンス)気をつけていることってあるんですか?」 それを聞いて、しばらく返答に迷った後、こう答えた。 「・・・敢えて言うなら、気を…

「自信」は自分の悩みをまず、自分自身が聞くことから始まる。

どんなに成長したって成功したってお金や地位を手に入れた人だって、その場その場で「悩み」や「壁」にはぶつかる。少なくとも客観的に見て。 この間、タスクオーバー気味な自分に出くわした。どうする。モチベーションあげてこなすのか断捨離するのか。意味…

陰極まって陽となる。とことんタブーにぶつかり続けてこそ見える世界がそこにはある。

大阪から帰って来ました。大阪はやはり好きだ。今回は突発的に決まったお話会だけだったが、来月早速イベントで2度行くことになったので今から楽しみである。 今回も沢山の出逢いと学びを貰ったが、ひとつ根幹に流れていたのは「陰極まって陽となる」ことだ…

「いい女」とは結局どんな女なのか。

最近母とハマって見ていた韓国ドラマがある。サヴァン症候群の主人公が小児外科医を目指す物語、『Good doctor』。 白衣を着て戦うドハン先生がかっこよすぎてやばい。 人と違う自分に悩み葛藤しつつ、医師としての在り方を問うていく姿は見ていて心動かされ…

もし未来が、女性性と男性性のバランスのとれた世界になったら。

私がこの仕事を始めるときに、意見を聞かせてくれた尊敬するお姉さんのラヴィンみやさんが、Facebookで素敵なことを伝えていて、すごく考えさせられた。 どうして男は女に優しくしなくてはいけない?それは平等じゃない。ということを考えてみた。 それは、…

【自分を愛するまでの5つの失敗】 いいから、やれ。失敗して逃げて失った先に、成長があるのだから。

「結局自分を愛せるかどうか」「これは逃げなんだろうか?」「何もないことが武器になるんだ」「無理しない、だから無理じゃない」「究極の自己肯定の先には何があるんだろう」最近ふと掘り下げてみたくなって、考えてみたワードである。それぞれについて考…

『真ん中で生きる』とはどういうことか。真ん中で生きた先の未来の話。

「あなたの真ん中はなんですか?」と聞かれたらなんと答えるだろう。生きる上での真ん中。自分という人間としての、真ん中。自分の中心はどこにあるのかそれをわかっていればいつだって愛も叫べるというものだ。 先日開催させていただいた個展×トークライブ…

「愛・感謝」≠「選ぶこと」: 自分を愛する人生を歩むための方程式。

過去の私の恋愛の話を少ししようと思う。 大学1年からずっと綴ってきたノートがある。葛藤、悩み、苦悩、感動した言葉や自分への励まし、そんなものがずっと書いてある、「自分ノート」とでも言うべきか。その中に、当時の恋愛への葛藤も綴られていたのを先…