セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

自分を愛する生き方

「あなたじゃなきゃ」って言われる人生じゃなきゃ、生きたくない。

大抵のことは、代替がきく。 ましてやこの資本主義のご時世、歯車でなければ経済は回らない。 明日GoogleのCEOが死んだから、明日からGoogleが使えない、じゃ話にならない。 でも、本当は、私たちが生きたいのは、 「あなただからこそ」という世界なんじゃな…

自分を愛せないのなら、自分に恋をすればいい。

恋をするように、生きていきたい。 息をするように、恋をしていたい。 熱しやすくて冷めやすくて飽き性な私は、恋をなくしたら多分生きていられない。いわゆる恋でなくて、新しくて刺激的でクリエイティヴな何かとの出会い。— 藤井みのり@9/23石原舞とお話会…

弱い人間が生きてゆくということ。──父の背中で、私は会社を辞めていた

新卒で入社した会社を4日で辞めた。それは、父のお陰だと思っている。 ……祖父に土下座していた父の後ろ姿が、未だに、忘れられない。 弱いことは悪いことでもなんでもない強いことが凄いことでもなんでもないただ自分が生きて行けるフィールドを選ぶそのため…

自分を愛するということは、自分が変わるということは、自分に「降伏」するということだ。

同じ自分というのには、きっと二度と出会えない。 その自分がどれだけ愛おしくても、死ぬほど大嫌いでも。

「やりたいことがない」ときの、処方箋。

「目標ってありますか」 とある学生が、石原舞に訊いた。彼女はそれに対し、 「一つだけ伝えるとね。 もし、もしその質問が、自分に向けたものなのなら。 目標や夢ややりたいことがないことは、全然問題じゃないんだよって、言いたい。 そんなものなくたって…

人生を変える「Aloof Time」──世にも美しい、自分の世界の作り方。

世界を変える。それは、現実を変えるというより、世界観を変えるということだ。だから、観方が変わるから、それは結果的に世界が変わったことになる。どんな風にもどんな角度からも見えるなら、自分はこの世界をどんな風に切り取って観ていたいのか。 すべて…

【嫉妬の正体】恋愛に「正論」を持ち込んだら、人生が終わる。

せっかく面白いネタなので、もう少しお互いが別の異性と肌を重ねた時の話をしたい。 sexrecipe.hatenablog.com 明け方近くに、私が帰ってきた時。誰とデートしてセックスして帰ってきたのか全部ヒデアキは知っていて。玄関を過ぎてリビングに入った時、この…

【浮気のススメ】彼が、私以外の女を抱いたら、彼をもっと愛おしく思えた。

ヒデアキと私の間で6月から試みていた「そうだ、試しに別れてみよう実験」は、実はずっと続いている。彼氏彼女とかの肩書き一切なしで、別れてみるというのは結局突き詰めれば「他の異性と、デートしてもセックスしても何してもOK」ということ。つまり、肩書…

「自分を信じる」なんて、どうかしてる。

人の言葉で話す人が私は嫌いだ。人の言葉というのはつまり、自身の経験を経ずに生まれた言葉すべて。そこに重みがないのは聴いていてすぐにわかる。そしてつまらないなと思ってその場を離脱する。一体何を話しているんだろうと思う。一体何と話しているんだ…

「裏切りは、女のアクセサリー。」

少し前に、何かの話でルパン三世の峰不二子の話になった。私は峰不二子というキャラクターが好きだ。自由奔放で、自分がその瞬間に信じたいものしか信じない。いつだって今を生きていて、自分が欲しいものには恐ろしいほどに正直で、どんな酷いことをしたっ…

愛する人に、私が死んだ時に覚えていて欲しいこと。

私でなくていい。私は勝手に愛する人を愛するけれど、同じように人はみんなそうやって人を愛するのだろうけれど、私が消えた世界で、そんな愛がヒデアキにずっと注がれていたなら、元気が無くなった時に元気にしてくれる女性がその都度いてくれたら、嬉しい…

「ワガママ」と「本音」の違いの話。

だから、やりたい!と思ったなら、お膳立て方便並べるよりも、「ワガママなんですけどやってきます!!!!」と飛び出してしまえ。その瞬間周りはちょっとびっくりするかもしれないけれど、飛び出してしまったのだからもう引きとめようがない。そして元気そ…

裸の男と、正義の話。

「どんな男性が好きか」と聞かれたら、今の私は「裸の男が好き」と答える。もちろん物理的な意味ではない。裸で土俵に立てる男。仕事や肩書きやお金や地位や経歴や夢などがなくても、ただその二本の足で立っている人。臆すことなく、比較することなく、ただ…

お金も人生も、「正論」より「楽」を選びたい。

プノンペンでカンジダになった直後にお腹を壊して、病院の人に「あら、また来たの」という感じに対応されているのだけれど(本人は元気です!)、自分の中に「海外で病院に行くのは怖い」という思い込みが何故かあったなと思う。でも「だから行かずになんと…

自分がどこに向かうか、分からなくなったら。

大好きな友人に、別の大好きな友人の本を贈った。なんとなく思って送りつけた私のエゴなのだけれど、その本を受け取ってくれた友人は「自分がどこに向かうのか分からないけれど、自分の本気の選択をしていきたい」とメッセージをくれた。勝手に送りつけただ…

自分を愛するということは、自分を一つにしないことだ。

日本からカンボジアへの飛行機の中で綴っている。東京を発つとき、ヒデアキから手渡された2つのおにぎりが本当に嬉しくて、涙を堪えながら機内で食べた。それはコンビニのありふれたおにぎりだったけれど、今まで食べたどのそれよりも、美味しかった。お米粒…

「自分」にだけ、責任を持って生きる。

自分の人生に責任を持てよ、と思うことがしばしばある。「責任」というのは概して他人とか社会、世界と自分ではないものに向けられるような気もするけれど、そこに私は納得がいかない。人に責任なんて持てるか。永遠の愛なんて誓えないように、人との約束な…

変わる、というのは「弓の矢を引く」ということだ。

「変わる」ことを決断するとき、それはその人の想いの強さなのか、決断力の差なのか、意志の固さに寄るのか。私の中ではどれもしっくりと来ない。それは私自身が上のどれをもあまり持たずに生きてきたからだと思う。勿論、夢を叶えたいという思いや好きこそ…

「品」のある人と話していたい。

最近、昔より随分人付き合いが悪くなったなぁとふと思うのは、大抵誰かと話していて「つまらないなぁ」と感じるときだ。これでも人に合わせることは出来た方で、昔はそんなヒデアキを見て仕方ないなぁと代わりに対応していたけれど、最近はむしろ私が音を上…

言葉になる前の、純粋な形のない何かを少しでも愛して死んでいきたい。

言葉なんてものがなければいいのに。言葉が生まれる前の、純粋な「そのもの」を少しでも長く愛していたい。言葉になってしまった瞬間、ピントがずれて薄っぺらくなってしまうのが嫌で、自分の思考が言葉を紡いだ瞬間に脳味噌を撃ち抜きたくなる衝動にしばし…

「問題」なんてものはどこにも転がっちゃいない。

最近強く想うのは、「問題なんてどこにもない」ということ。 究極、戦争も環境破壊も貧困も、まるで「問題」ではない。そこに「好き嫌い」や「快不快」があるだけで。 ミクロな視点で見る。例えば太陽が滅ぶことも問題ではない。ただその「事実」があるだけ…

「自分を自分で抱きしめる」ということ。

ヒデアキとアジア旅に来ている。台湾→ベトナム→カンボジア→シンガポールとなる予定。思うのは、どこにいてもすることは同じだなということ。日本にいようと海外にいようと、1日のすることはほぼ同じ。朝起きてご飯を食べて、散歩をして、時折ゲームをして、…

何かが滞ったなら、「一人」になる勇気を持つ。

「共有することも大事だけれど、一人の時間のない共有はすごく薄っぺらいものになると思う」ヒデアキが運転席で漏らした一言にはっとした。当たり前のことではあるけれど、ついその時間をうやむやにしてしまっていたし、まわりを見渡せば私を含め、共有にば…

愛を持って、冒険へ。「振れ幅」こそが、その人の深みだ。

最近「ゼロ」になりたいという想いが止めどなくて、現状維持したままなんとかゼロになってみようとふんばってみたけれどダメだった。しばらく足掻いた末に諦めて、仕事を全部止めて、ヒデアキとアジアの旅に来月出て来ようと思う。何も決めない。台湾スター…

そうだ、試しにパートナーと1ヶ月別れてみよう。

最近より一層、パートナーであるヒデアキのことが好きで好きでたまらない。夜隣にいないとなかなか寝れないし、いつもはすぐにお腹が空くのに、ヒデアキがいないと全然お腹が空かない(ヒデアキとご飯を食べるということが大好きなんだと思う)。この間は、…

愛したい「自分」がわからなくなったら。

よく誤解されるのだが、私は軸だとか自身だとか一貫性やこれが自分だぞ、というものをほぼ持ち合わせていない。むしろ未だに「何で3日前の自分はこれがしたいなんて思ったんだろう」と首をかしげることは多々あるし、モードの変化が激し過ぎて自分が自分につ…

感謝なんて、本当はしたくないくせに。自分自身の埋葬オナニー。

先日のブログにも書いたが、私の中では「感謝しなくちゃ」<「感謝が湧いてくる」<「感謝すらなくただ目の前の物と向き合っている」という図式がある。しなくちゃなんて論外で、尊敬する坂爪さんが以前「やりたいがやらなきゃになったらゲームオーバー」と…

すべてに本当は「価値」なんてないんだ。

今まで書いて来たことを一見ぶっ壊すようなタイトルだけれど、読み進めて頂ければ幸いだ。先日めずらしくヒデアキと一波乱あって(正確にはただのコミュニケーション不足)、そこでふと湧き上がって来たのが、「全てに本当は価値なんてない」ということだっ…

後悔しない生き方。「チャンス」とか「ここを逃したら…」と思った瞬間に、失うものがあるんだ。

久々のブログの更新。予定を詰めすぎると書きたいことがあっても書けなくなるから、改めて余裕は大事だなと痛感した大阪。出し切りすぎて久々に体調を崩しました…。 photo by まきろんさんここでの大阪での私の感じたことはまた後日書くとして、先日ヒデアキ…

「引き寄せ」だとか「シンクロ」だとか、言ってる時点でダサい。何を当たり前のことを言っているのか。

至極シンプルで当たり前の話をしたい。「引き寄せ」だとか「シンクロ」だとか、そんな名前をつけるのも馬鹿馬鹿しくなると思う。本音を生きるだけで、愛すべき人達しかいなくなり、お金もパワーもアイデアも新たな出逢いも、流れがどんどん起こっていく理由…