セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

一歩踏み出す勇気が欲しい時に読む記事

「自分探し」と「自信探し」が、アラサーになっても終わらない人へ。

「何かを解決しようとして相談に来る人」は解決しないし、そうでない人はすぐに解決する。 そういうことだ。「答えは自分がすでに持っている」ってよく言うじゃないか。

一歩踏み出すときに必要なのは、自信じゃない。

私の人生の転機は間違いなく、20歳の時。ずっと言い訳にしていた親を振り切って沖縄に家出した時だ。航空券ひとつ取ったことない、親の許可なく遠出したことのない私にとって、当然、自信なんか一欠片もなかった。 それが出来たのは、当時私に「お母さんやな…

自分のホントの願いを、めちゃくちゃ早く実現する話。

「本当に自分の中の"ホントノトコロ"に気づくスピードがはやくなった」とある女性から、LINEが送られてきた。 「前までは、決められない、決めない、やらないとか、動けなかったんですよね。ドブに足突っ込んでるみたいに。でも、最近は決めるし、はやいし、…

"居場所"をぶっ壊してみる愛があっていい。

居場所なんてものを意識してしまったら、それこそ本当に、「考える葦」になっちまう。 居場所を守るために、自分を殺しちまったら、一体なんのための居場所なんだ。主人公不在の背景映画に、物語も何もないじゃないか。— 藤井みのり@セックスレシピの作り方 …

彼に応援してもらえないのは、あなたが無責任だから。

たまに「彼が応援してくれないんです」的な話になることがある。「まぐわいについて私は彼と深めたいのに」「スピ系だから怪しいって言って…」いや当たり前だろ。スピリチュアルは怪しいし、私が彼氏だったらまぐわいとか彼女が言い出したらドン引きだわ、と…

決断するときこそストーリーを選べば、決して後悔しない。

恋愛のスタートでも、少し大きな買い物でも、何かを始めるときでも、その決断に「物語」が生まれるかどうかは大事だ。 例えその決断のあとに得るものに納得がいかなくても、違ったと気付いても、後悔しないから。決断そのものが、未来の自分を後押ししてくれ…

「どうやったら、愛したいだけ、愛せるのか」

時折、「どうしたらそんな風に愛せますか」みたいな質問をもらうことがある。 それに関しては、ベクトルが逆なんだと思う。こういうものを愛したい、と思って愛するんじゃない。こういう風に愛してきたから、今の私がいるんだ。結末のわかった物語なんか誰も…

泣きながらコンドームを捨てた日に。

実を言うと、2017年は、私の人生史上最高にセックスレスだった。ヒデアキとした数は片手で足りる。女の子とした回数のが多い(※バリネコですが)。 まぁ新しい恋愛とかセックスに、自ら飛び込む気力がなかったというのもあるけれど。自分の変化を自覚するま…

「ものがたり」を選ぶ、生き方。

バルセロナに飛び立つ前。石原舞が、電話越しに言った。「自分が思った物語になるよ」

「自分を生きる」ことの、その手前にある何か。

バルセロナで何が最高だったかって、大好きなチョコレートとコーヒーが美味しくて安くって可愛くって、更に猫舌にぴったりの温度で出てくるものだから、あすこにはいつか住めたらいいなと思っている。 文字にするほど、行間は消えていく。だから、あたかも皆…

「どのくらい好き」かなんて、聞かないで。

「このくらい好き」なら、付き合ってみようとか。 「これくらい過ごした」なら、肌を重ねてみようとか。 ましてや「好きだから、結婚しよう。」だなんて。 そんなこと言われたら、千年どころか、 一万二千年前の愛だって、冷めてしまう。

不正解が、ときめきだったりする。

損しようが、不合理だろうが、 それでもその瞬間の自分を選べるか。 きっと、それだけ。 「どう考えてもこっちを選ぶべき」 「お金を払ったのだから」 「前から予定していたし」 正論も、損得も、過去の延長も、 それに伴う周囲の反応もさておいて。 今この…

一歩踏み出すのに必要なのは、自分だけの願いのコンパス。

「今の関係を終わらせるのが怖い」「セックスが怖い」「一歩踏み出すのが怖い」……どうしたらいいですか。というのが、LINEで時々いただく相談に、必ずあるワード。(LINEお手紙コラムはこちら。無料です▷LINE Add Friend) ◼︎言葉や知識じゃ、自分はいつまで…

愛するだけじゃ、もう、足らない。

何人かの女性から届いた声は、 『もっと、大事にされたい』だった。 愛し抜くフェーズは、終わったのかもしれない。 少なくとも私の中では終わりを告げていた。 愛するだけじゃ、もう、足らない。

"三角関係"すら、超えてゆく。愛する人から、一歩引いてみた世界の話。

もしかしたら、私は人を愛することが出来ないのかもしれない。無償の愛を捧げることも、ベクトルを向けられなくなった途端に別のところへ走って行ってしまうのかもしれない。

自分を愛せないのなら、自分に恋をすればいい。

恋をするように、生きていきたい。 息をするように、恋をしていたい。 熱しやすくて冷めやすくて飽き性な私は、恋をなくしたら多分生きていられない。いわゆる恋でなくて、新しくて刺激的でクリエイティヴな何かとの出会い。— 藤井みのり@セックスレシピの作…

弱い人間が生きてゆくということ。──父の背中で、私は会社を辞めていた

新卒で入社した会社を4日で辞めた。それは、父のお陰だと思っている。 ……祖父に土下座していた父の後ろ姿が、未だに、忘れられない。 弱いことは悪いことでもなんでもない強いことが凄いことでもなんでもないただ自分が生きて行けるフィールドを選ぶそのため…

どうぞ私を、捨てていってください。

犬も歩けば棒にあたる。人も歩けば壁にぶち当たる。何処彼処、いたるところに、そこらじゅうに、壁が突っ立っている。仕方ない。人生って、そういうものだもの。アインシュタインではないけれど、その度に自分の形を変えなくちゃならない。そうでないと先へ…

自分を愛するということは、自分が変わるということは、自分に「降伏」するということだ。

同じ自分というのには、きっと二度と出会えない。 その自分がどれだけ愛おしくても、死ぬほど大嫌いでも。

「海外で得たものは、海外で捨てるしかない。」

今、Cambodiaの首都、Phnompenhにいる。出張とは名ばかりで、何より私が私のために決めたCambodia滞在。そもそも今回の海外行きが決まったのは、とある1本の電話からだった。 ・ ・ ・ 1年前の夏、ヒデアキとアジアを旅したその最初の国台湾で、自分の中でズ…

一時間前の自分を軽やかに裏切って、 一日前の自分を悠々と殺して、 一週間前の自分とは別人で、 一年前は前世みたいな生き方をしよう。

「人生プレゼンしたら、終わり」「やってから、考える」 最近この二つをよく思うし口にする。「◯◯だから、好き」より、「◯◯だけど、好き」の方が、"好き"。それと同じようなものだ。今よりお金がなくなっても、やるのかとか。一人だとしても、それを選ぶのか…

一歩目、生まれ変わること。

石原に送ったメッセージ。 ・ ・ ・ なんかさ、生まれ変わるという言葉じゃとても薄いんだけど、なんだろう、ずっとここ1年くらい燻っている何かがあって、でもそこに踏み切れないというか、生きたいのに生きれない部分があるというか、火を灯したい冷めきっ…

自分で自分すら決められる。

世界をつくるということは、 言葉をつくるということだ。 自分にとって、「愛する」とは何か。 自分にとって、「信じる」とは何か。 自分にとって、「生きる」とは何か。 それに「言葉」で答えられなくてもいいけれど、 自分の中の感覚や体験をもってして、…

自分を愛するのに一番手っ取り早い方法は、自分を「選ぶ」こと。

「自己肯定」なんて言葉に踊らされてさ。肯定を肯定するということは、否定を否定しているっていうロジックにどうして気づかないかな。自分を肯定したいなら、この世の全てを否定するくらいがちょうどいいのかもしれないよ。

優しい世界に生きたいのなら、欲のままに生きること。

「どう伝えたらいいのか」そういう質問を、最近連続して投げかけられた。答えはいつも決まっている。「そのまま伝えたらいいんじゃないですか」 (昨日、「引きこもり見舞い」をいただきました! 可愛い♡ どちらかというと「引きこもり祝い」だなと思ってお…

浮気を許せないのは、自分に浮気してないからじゃない?

やはり時々言われるのが、「どうして嫉妬しないの」って。浮気とか許せないし、されたら悲しいのに、なんでそんな関係が築けるんですか、って。 うまく説明できなかったのだけれど、一つ思い浮かんだのは、「自分が自分自身に、思う存分浮気してるから」じゃ…