読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックスレシピの作り方

『あなた専用の、セックスレシピを。』セックスは「する」ものではなく、「つくる」ものだ。

本音とね、向き合って感じてる場合じゃないよ

本音が分からないんです──わかるわけないよ、安心して。 軸がないんです──そんなものどこにもないから大丈夫。 自分らしさが欲しい──うーん、どこに売ってるんだろうね。

圧倒的リアルをただ、生きていたい。

肩の力を抜いている。焦りもする。怖いと思うこともある。けど、世界は優しいと、他でもない私自身が知っている。 世界がどうだなんて解釈も定義もいらない。でも、私が今まで感じて、心が震えた数々の出来事は、ちゃんと覚えている。だから、大丈夫。 ■逃げ…

ぶれない自分軸を作るんじゃなく、ぶれることを許せる自分が軸になる。

■違和感 去年の小さな違和感を拾い集めている。 昔より、たくさんの自分を抱えられるようになった。朝起きれないことを責め立てる自分。スケジュールがいっぱいでないと不安で仕方ない自分。何かをインプットし続けていないと気が済まない自分。結果を出し続…

なぜ人生を「それらしいもの」にしたがるのか

最近、Facebookがとても気持ち悪くて開けない。とても偏っているあの様が、とてもじゃないけれど受け付けない。アンバランスなものが嫌なのだ。ずっと日が昇っているような感覚になる。ずっと笑顔を貼り付けているような感覚になる。人間がいない。ヒトはい…

この世界で、一番魅力的な人間。

弱さを否定するな。それは人間そのものの否定だ。 強さを肯定するな。それも人間らしさの否定になる。 それは、自分そのものの否定になる。 愛したいものを、愛したいだけ、愛していけ。

「新年の抱負」と「お金の循環」という言葉の気持ち悪さ

明けましておめでとうございます。ブログの更新が滞るくらいには充実した年末を過ごしていて、クリスマスもお正月もどこか他人事のように過ぎていきました。というか他人事なんだけどね。なので今年は面白い一年になりそうだなと思っております。先に言って…

幸せとか成功とか目指しただけ、愛から自分が遠ざかる。

八方美人という言葉は、自己矛盾という言葉を殺すよね— みのり@セックスレシピの作り方 (@lovecreator3) December 17, 2016 いくつかのコミュニティにいると、真逆なことが起こる。でも、それらをすべて肯定したところでそれは、何もおかしいことはないと思…

「許す」という言葉が、私は大嫌いだ。

友人が神のようなツイートをしていた。 言いたいことを言うということは「好き勝手言ってる私をみんな受け入れて!お願い!受け入れてもらえないんて嫌!」ってことじゃない。例えそれで傷つく人がいても、嫌な思いになる人がいて批判されても、嫌われても、…

世界で一番魅力的な男の人は、自分の弱さも相手の弱さも愛せる人。

女性ほど、弱さを愛せる生き物はいないと思ってる。外では一生懸命戦って、強く強く自分を見せようとする男の人の奥にある、本当は小さくて脆い部分を優しく抱きしめてあげることができるから。生まれてくることすらまだできない小さな命を、お腹の中で温か…

生きさせろよ。Not illusion, but real.

いつからだっただろう。生きているのに、「生きてる!」って思える瞬間があまりに少ないことに気が付いたのは。その虚無感みたいなものをなんとかしたくて、いろんなことをやってみるけれど、結局それもまた偽物だと気づかされる繰り返し。幻、イリュージョ…

クリスマスを5回過ごせる、愛し方がしたい。

近しい人たちには伝えていたけれど、今年のクリスマスを私は5回やりたいと思っている。大好きな5人の人と、大好きなクリスマスを、それぞれの形で過ごしたいんだ。だって、その方が嬉しいから。その方が幸せだから。愛する人が5人いたら、私の幸せは単純計算…

「自分を信じたい」という人ほど、自分を信じないことを選んでいるのは、なぜ?

そういう人は決まって「自分をもっと信じたいんです、軸が欲しい、自信が欲しいんです」と言うし、そういう時の私も脳内で大体同じ感じになっている。そしてそれを考えている時点でもうゲームオーバー感なので、そんな自分を抹殺しにかかる。勢いよく自分で…

女には100人の男を愛せるくらいの愛がある。

先日のヒデアキへの記事を書いたら、昔大好きだった人から連絡が来た。「記事読んだよ。昔の藤井みのりも好きだったけれど、今の、パートナーがいた上での、藤井みのりが好きだ。いい女になったね」久しぶりに聞いた声に、一瞬喉が詰まった。嬉しかった。肩…

私が、カヤノヒデアキという男を愛する理由。

気づけばカヤノヒデアキという男の隣を歩み始めて4年が過ぎた。この人生で、1年以上続いたのはこのブログとヒデアキとの関係、というくらいに飽き性で、続かせることができないことがもはや特技ではないかというくらいの私が、なぜこの人とだけは一瞬たりと…

【本音掘り下げ症候群】ねぇ、それいつまで掘り下げてんの?

最近ちょっと声を大にして言いたいことがある。「本音が分からない」「好きが分からない」「愛している自信がない」「自分に軸がない」「決断すべきか迷っている」etc.そんな想いを送ってくれる人たちに、もれなく伝えていることがある。それは、掘り下げた…

Adventurousな恋に、身を投げ出して。

今この瞬間を生きている、そう思えないのなら、Adventureousな恋に身を投げ出す最高のタイミングだ。 カンボジアで大空を舞い続ける、私の大好きな親友である石原舞と、海の近くの温泉で語り明かした先に思ったのは、世界中を旅するよりも、たった一つの恋に…

「答えは自分が持っている」とは、こういうこと。

答えはいつだって自分の中にあるから。「相談」はいらない。人との間には、究極、「報告」だけでいいんだ。それが、究極に、愛だとも思う。報告まみれの中に生かしてもらっているのは、結構なレベルで、幸せだ。

【不倫推奨論】不倫するほどに、幸せになれる。

もし愛した人に、また愛する人がいたのなら、そこまで幸せにするくらいの気概で愛していけ。自分が幸せになるから人も幸せになる、そこにはタイムラグなんてない。感じたままを次の瞬間突き放していく、その生き様こそが、本音を生きる美しさ、生きることそ…

自分の「本音」「本当にしたいこと」を知る、具体的なやり方。

LINE@コラムで非常に好評だった、「本音を掘り下げる方法」を、今回相談をくれた友人の事例を使って、わかりやすく書いてみたいと思う。 以下、先に話し始める方が友人。==========LINE@でしか読めない無料コラムはこちら。LINEのようなやりとり…

【30Days ワークセッション】リニューアルオープン。

私にとって、仲間たちと一緒に見る景色が、宝物。 だから、むしろ、一緒にいさせて欲しい。終わっても、仲間でいて欲しい。 そして、本音を生き始めたあなたが、同じような境遇の人に出会った時に、ここで得たすべてのことを、伝えて欲しい。そう思っていま…

人生を変える「Aloof Time」──世にも美しい、自分の世界の作り方。

世界を変える。それは、現実を変えるというより、世界観を変えるということだ。だから、観方が変わるから、それは結果的に世界が変わったことになる。どんな風にもどんな角度からも見えるなら、自分はこの世界をどんな風に切り取って観ていたいのか。 すべて…

魅力的になるには、自分との「約束」を破り続けること。

ここ1~2週間、私自身、一年でも稀に見るほどの落ち込みようだった。死なないと頭ではわかっていつつも、死にそうになるのは、まだ自分が自分との約束をあちらこちらに提げていたからだったなと、生理が来た途端マイナスに傾いていた針が真逆に振り切れて、ほ…

世界で一番、愛を伝える、セックスの作り方。

200記事目を書くにあたって、この『セックスレシピの作り方』をずっと読み返していた。このブログの初めての記事が『愛のないセックスの何が悪い。愛があろうがなかろうがセックスはセックスだ』で、そしてある意味今でもやはり、私の言いたいことは、セック…

安心して、変わり続けて欲しい。

「本当の自分」というやつは、一体どこにいるのだろうか。という問いを以前長く抱いていた。そして得た答えも、またいわゆる「そんなものどこにもなくて、ただ、今自分がここにいるだけ」というものだった。 変わることを恐れたくない。ひときわ、相手が変わ…

【私の立ち位置】「選ばない」という愛も、あっていいと思った。

「どこに私は立っているんだろう」 ここ数日、すごくそれを考えていた。山ほどの価値観が私の中を駆け巡っては去って行った。何か一つのことそれだけを捉えていたいのに、「それってこういうことだよね」「それをしたらこうなるよね」「それの意味はとどのつ…

「他に好きな人が出来てから、もっとパートナーを愛せるようになった」

先日江ノ島で、恋愛をテーマにしたイベントをさせてもらった。そこで一番面白かったのは、過半数が、「他に好きな人が出来てから、もっとパートナーを愛せるようになった!」と話していたこと。もちろんその逆も然り。もう一回言うけれど、愛のそそぎ口を増…

【恋愛とは】息をするように、浮気できる自分でいたい。

この間のセックスは、私の中で、忘れられないセックスの一つになった。そして2日後にヒデアキと体を重ねたら、うまく言えないのだけれど、何かのリズムが合わなかった。私がセックスをした日、彼もまたセックスをしていて。私とヒデアキのテンポが合わない、…

【嫉妬の正体】恋愛に「正論」を持ち込んだら、人生が終わる。

せっかく面白いネタなので、もう少しお互いが別の異性と肌を重ねた時の話をしたい。 sexrecipe.hatenablog.com 明け方近くに、私が帰ってきた時。誰とデートしてセックスして帰ってきたのか全部ヒデアキは知っていて。玄関を過ぎてリビングに入った時、この…

【浮気のススメ】彼が、私以外の女を抱いたら、彼をもっと愛おしく思えた。

ヒデアキと私の間で6月から試みていた「そうだ、試しに別れてみよう実験」は、実はずっと続いている。彼氏彼女とかの肩書き一切なしで、別れてみるというのは結局突き詰めれば「他の異性と、デートしてもセックスしても何してもOK」ということ。つまり、肩書…

「自分を信じる」なんて、どうかしてる。

人の言葉で話す人が私は嫌いだ。人の言葉というのはつまり、自身の経験を経ずに生まれた言葉すべて。そこに重みがないのは聴いていてすぐにわかる。そしてつまらないなと思ってその場を離脱する。一体何を話しているんだろうと思う。一体何と話しているんだ…

「裏切りは、女のアクセサリー。」

少し前に、何かの話でルパン三世の峰不二子の話になった。私は峰不二子というキャラクターが好きだ。自由奔放で、自分がその瞬間に信じたいものしか信じない。いつだって今を生きていて、自分が欲しいものには恐ろしいほどに正直で、どんな酷いことをしたっ…

愛する人に、私が死んだ時に覚えていて欲しいこと。

私でなくていい。私は勝手に愛する人を愛するけれど、同じように人はみんなそうやって人を愛するのだろうけれど、私が消えた世界で、そんな愛がヒデアキにずっと注がれていたなら、元気が無くなった時に元気にしてくれる女性がその都度いてくれたら、嬉しい…

「ワガママ」と「本音」の違いの話。

だから、やりたい!と思ったなら、お膳立て方便並べるよりも、「ワガママなんですけどやってきます!!!!」と飛び出してしまえ。その瞬間周りはちょっとびっくりするかもしれないけれど、飛び出してしまったのだからもう引きとめようがない。そして元気そ…

裸の男と、正義の話。

「どんな男性が好きか」と聞かれたら、今の私は「裸の男が好き」と答える。もちろん物理的な意味ではない。裸で土俵に立てる男。仕事や肩書きやお金や地位や経歴や夢などがなくても、ただその二本の足で立っている人。臆すことなく、比較することなく、ただ…

お金も人生も、「正論」より「楽」を選びたい。

プノンペンでカンジダになった直後にお腹を壊して、病院の人に「あら、また来たの」という感じに対応されているのだけれど(本人は元気です!)、自分の中に「海外で病院に行くのは怖い」という思い込みが何故かあったなと思う。でも「だから行かずになんと…

関係性をつくっていくということ。

CambodiaのPhnompenhに来てちょうど1週間が経った。少しのクメール語と少しの地図とそして多くのCambodiaの見せる顔を見て、海外に来ているその「外」という感じが薄れていっている。先日現地の日本語学校の生徒に「カンボジア人と日本人の違いを教えてくだ…

自分がどこに向かうか、分からなくなったら。

大好きな友人に、別の大好きな友人の本を贈った。なんとなく思って送りつけた私のエゴなのだけれど、その本を受け取ってくれた友人は「自分がどこに向かうのか分からないけれど、自分の本気の選択をしていきたい」とメッセージをくれた。勝手に送りつけただ…

自分を愛するということは、自分を一つにしないことだ。

日本からカンボジアへの飛行機の中で綴っている。東京を発つとき、ヒデアキから手渡された2つのおにぎりが本当に嬉しくて、涙を堪えながら機内で食べた。それはコンビニのありふれたおにぎりだったけれど、今まで食べたどのそれよりも、美味しかった。お米粒…

「自分」にだけ、責任を持って生きる。

自分の人生に責任を持てよ、と思うことがしばしばある。「責任」というのは概して他人とか社会、世界と自分ではないものに向けられるような気もするけれど、そこに私は納得がいかない。人に責任なんて持てるか。永遠の愛なんて誓えないように、人との約束な…

変わる、というのは「弓の矢を引く」ということだ。

「変わる」ことを決断するとき、それはその人の想いの強さなのか、決断力の差なのか、意志の固さに寄るのか。私の中ではどれもしっくりと来ない。それは私自身が上のどれをもあまり持たずに生きてきたからだと思う。勿論、夢を叶えたいという思いや好きこそ…

「品」のある人と話していたい。

最近、昔より随分人付き合いが悪くなったなぁとふと思うのは、大抵誰かと話していて「つまらないなぁ」と感じるときだ。これでも人に合わせることは出来た方で、昔はそんなヒデアキを見て仕方ないなぁと代わりに対応していたけれど、最近はむしろ私が音を上…

言葉になる前の、純粋な形のない何かを少しでも愛して死んでいきたい。

言葉なんてものがなければいいのに。言葉が生まれる前の、純粋な「そのもの」を少しでも長く愛していたい。言葉になってしまった瞬間、ピントがずれて薄っぺらくなってしまうのが嫌で、自分の思考が言葉を紡いだ瞬間に脳味噌を撃ち抜きたくなる衝動にしばし…

「問題」なんてものはどこにも転がっちゃいない。

最近強く想うのは、「問題なんてどこにもない」ということ。 究極、戦争も環境破壊も貧困も、まるで「問題」ではない。そこに「好き嫌い」や「快不快」があるだけで。 ミクロな視点で見る。例えば太陽が滅ぶことも問題ではない。ただその「事実」があるだけ…

「自分を自分で抱きしめる」ということ。

ヒデアキとアジア旅に来ている。台湾→ベトナム→カンボジア→シンガポールとなる予定。思うのは、どこにいてもすることは同じだなということ。日本にいようと海外にいようと、1日のすることはほぼ同じ。朝起きてご飯を食べて、散歩をして、時折ゲームをして、…

何かが滞ったなら、「一人」になる勇気を持つ。

「共有することも大事だけれど、一人の時間のない共有はすごく薄っぺらいものになると思う」ヒデアキが運転席で漏らした一言にはっとした。当たり前のことではあるけれど、ついその時間をうやむやにしてしまっていたし、まわりを見渡せば私を含め、共有にば…

今目の前の「その人そのもの」といたいのか。それともその一歩先のその人といたいのか。

最近仲間と話していてよく話題に上がる「不在の実在」。今目の前の相手といたいのか、それとも、例えば少し成長した未来の相手、もう少し年収のあがった相手、もう少し器の広くなった相手、もう少し我慢できるようになった相手、別の何かをしているときの相…

嫉妬も独占欲も「自分の側にいて欲しい」も、いいじゃないか、ただ等身大で伝えれば。

デート強化月間、というと何だかよくわからないが、「試しに別れてみよう」という試みは続いている。むしろ試してみたことでお互いの普段出て来ない感情や感覚が浮き彫りになって、「初めましての自分」に出逢えて面白い。 ヒデアキの方も案外「みーちゃんが…

愛を持って、冒険へ。「振れ幅」こそが、その人の深みだ。

最近「ゼロ」になりたいという想いが止めどなくて、現状維持したままなんとかゼロになってみようとふんばってみたけれどダメだった。しばらく足掻いた末に諦めて、仕事を全部止めて、ヒデアキとアジアの旅に来月出て来ようと思う。何も決めない。台湾スター…

そうだ、試しにパートナーと1ヶ月別れてみよう。

最近より一層、パートナーであるヒデアキのことが好きで好きでたまらない。夜隣にいないとなかなか寝れないし、いつもはすぐにお腹が空くのに、ヒデアキがいないと全然お腹が空かない(ヒデアキとご飯を食べるということが大好きなんだと思う)。この間は、…

愛したい「自分」がわからなくなったら。

よく誤解されるのだが、私は軸だとか自身だとか一貫性やこれが自分だぞ、というものをほぼ持ち合わせていない。むしろ未だに「何で3日前の自分はこれがしたいなんて思ったんだろう」と首をかしげることは多々あるし、モードの変化が激し過ぎて自分が自分につ…