セックスレシピの作り方

恋も、性も、私らしく。「自分をもっと大切にしたい」と思った時に読むブログ。

カヤノヒデアキとの結末の話。


『出会いはネット。きっかけはセックス』

そんなよくある流れで長らく人生を隣で過ごさせてもらっていたヒデアキとの関係について、「結局、結末はどうなったの?」と何度も聞かれるからもう、ここにまとめさせて欲しい。



ありきたりな表現になるけれど、ヒデアキは私の人生を大きく変えた。漠然とした将来の不安と、人生において大切にしたいもの、その価値観において周囲との齟齬に苦しんでいた、いわば居場所のなかった私を、そういう場所へと繋いでくれたのが彼だ(たまたま彼が当時片思いしていた女の子と同じ名前だという理由も合間って)。

彼のお陰で、たくさんの自由な大人達に出会うことで、初めて将来に希望を持てた。ざっくり言えば、それまで「こう生きるべき」というスタンスの大人しか知らなかった私にとって、そこから繋がっていった出会いは今でも私の人生の根幹を成してくれている。



付き合った当初、彼はいわゆる多数派の価値観を有していた。他の男の人とお茶を飲むだけで妬いていたし、浮気疑惑なんかが浮上した時の彼は、泣いてしまうほど怖かったのを覚えている。けれど、約7ヵ月を掛けて鹿児島から北海道まで歩いた婚前道中膝栗毛をメインに、丁寧に言葉を重ねていった。価値観を確認して、信頼を深めていった。そうして、「付き合いながらも、自由に恋愛してみようよ」という話になって、お互いの自由度を更に底上げしてみた。それが付き合って3年と半年くらいの頃。




お互い恋愛をしたりしなかったりして、そしてヒデアキは今のパートナーのまゆさんと出会う。私にとっても、めちゃくちゃ尊敬して、時折度肝を抜かれ、言葉に揺さぶられ、とにかく太陽みたいな女性。婚前道中後引きこもりがちだったヒデアキはこの頃からだいぶアクティブになっていて、逆に散々動きまくっていた私は休みがちになった。


同じタイミングだから紛らわしいのだけれど、この頃からゆっくり私の方は鬱っぽくなっていった。原因はいまだに分からない。だからこの自由恋愛が鬱に全く関係していない、とは言い切れないけれど、仮に関与していてもほんの少しだ。


今振り返れば、強いて言葉にするなら、「色々飽きちゃった」からだと思う。鬱期の、でも元気な時の私は、新しいことやりまくってたから。オタクに返り咲いて、コミケで本売って、デザインやって、オフ会主催して、スペインに飛んで、ほぼ女の子と恋愛しまくってた(女の子の中から探したんじゃなくて、出会うほとんどが女性だった)。



去年の3月末に、ヒデアキは一緒に住んでいた家を出た。それは、喧嘩したとかは一切なくて、単純に「一緒に過ごす理由があまりなくなったから」だ。自由恋愛とか三角関係してなくても、このスタンスは一貫していた。つまり、一緒にいたいから一緒にいるのであって、惰性で一緒にいるのなんてつまらないよね、って姿勢はずっと変わらな買った。「俺、今月末でここでる」「おっけー」みたいな。勿論寂しくないわけじゃないけれど、むしろ「もっとアクティブに動くんだね、かつてヒモで引きこもりだった時よりずっとずっと目が輝いてるし、あなたが楽しそうなのは私もマジで嬉しい」って応援したい感じ。


 


「お金渡すから行ってきて、そして感想を私に聞かせて」とかつてヒデアキを飛田新地に送り出した時の気持ちに似ている。

彼を隣で愛してくれる人がいる。その事実を何年経っても嬉しいと思うくらいに、私は彼を愛している。死ぬまで、死んでも大好きなままだ。それだけは、終わらない。

 

 

そんな私は去年4人の女性に恋をして、そして最後に落ちた恋は今も続いている。けれど、ヒデアキだけじゃなく、一度愛した人にはいつだって同じように思う。私の知らないところで笑っていて欲しいし、誰かにたくさん愛されていて欲しい。実際の距離や連絡頻度、別れ方に関わらず、そう思っている。



そして今の彼女(旦那さん、と呼んでいる。お茶目でしょ)は、たまにまだ鬱に傾いてしまうことのある私にとめどない愛を注いでくれて、お陰で私は形を保っている。




形を保っているといえば年下なのに緊縛もできてしまうから、自分自身へのカタルシスのような思いと涙をいつも溢れさせてくれて、その度に私は軽くなることが出来ている。

 



ヒデアキに向けてかつて綴った記事だけれど、私のスタンスはやっぱり変わらないみたいだ。強いて言うなら、愛する幸せより、愛される幸せの方が最近は比重が多い、ということくらい。幸せなことに変わりはないし、今はどこまで理不尽なワガママやって愛してもらえるかというチャレンジに身を投じさせてもらっている。──これだから、恋愛はやめられない。楽しすぎる。


f:id:sexrecipe:20190216191026j:plain

(photo by Chiaki Toyozumi



という訳で、結論を述べるなら、「ヒデアキとの結末」なんてものはない。県の違うところに、前より少しだけ離れたところにヒデアキさんがいる。それだけ。何も変わらない。変わるはずがない。卒業したからって同級生との関係性が変わらないように。子どもが増えても上の子どもへの愛は減らないように。ただ、小さくピリオドを打っただけ。物語の章と舞台が進んだだけ。




そんな私は、また一つ、それを進めなくちゃいけないタイミングに来た。その話はまた次の記事で。






読者さんと紡ぐ、ここだけのコラム。
質問も話を気軽にできる、LINEだけの「S/Recipe Journal」はこちら▼


「S/Recipe Journal」

 
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)


以前と同じように、いつでも1対1のトークで気軽に相談できます。
Journalの読者さんはさらにイベントやメニューがお得に受けられるので、気軽にご登録くださいー!




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.014BTC

  


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.








 

 

「私らしい"恋愛"って何だろう」「自分を愛するって?」って思ったら。

 
気づけば、人生を勘違いしてしまっている。


楽しくて始めたことが、義務になっている。
好きだった人といるのが苦痛になっていて。

あの時はあんなに愛してくれたのに、とか。
喜ばれたからちょっと背伸びしてみたことを、
し続けなくちゃならなくなってたりだとか。
 

今悩んでる事は、ほんとうは、ほんとうは、
悩むような事じゃなかったはずなのに。
物語の主人公は、自分が主人公であることに、気づかない。


「変わりたいなら、"今の自分の魅力"を、捨ててしまえばいい」らしい。









どっちを選ぶべきか──と悩んだ時点で、人生に詰んでいる。


別にランチをAセットにするかそれともBセットにするか、という話じゃあない。悩むという行為には2種類ある。悩むことそのものがなんだかんだ楽しい場合と、そうでない場合。ほら、ディズニー行くのにランドかシーかどうしよう、みたいなね。新しく買うリップの色に悩んじゃうとか(これはでもワンチャン後者になりうるのだけど)。


そうではなくて、「その悩むということを本気で終わらせたい」場合。大抵、「変わりたい」時と合致する。今の自分じゃ、どうにも出来ないから。と、少なくとも思っているから。





ほんとうは、無邪気に楽しんでいたい。恋もそう。美味しいランチをただ頬張りたいように、ただ心の赴くままに楽しみたい。けれど、どうしてか真面目になってしまう。大人の顔をした自分とか、社会の顔をした自分とか、時には昔の親の顔をしてみせる自分が言うのだ、「そんなことじゃダメ!」「もっとこうすべき!」。こういう時、一度心の中に探偵を雇ってみるといい。平等な目で、検証するといい。「心から楽しんで、罰が"本当の意味"で当たった事は、果たして過去どのくらいあっただろう」って。

 



そりゃあその顔を提げた人たちには怒られただろうけれど。周りの反対を押し切ってでも、恋愛に没頭したその瞬間は、泣いてしまうほどに幸せだったはずだ。注意されても自分を貫いて見せたその時は、震えながらも誇らしかったはずだ。何より、全てを洗っていると、ひとつの帰結に結びつく、つまり、「楽しんでいる時は自分が笑っていて、生きてるって最高!ってなっていて、だからやっぱり、楽しいのだ」ということに。人生の生きる意味や、コレを選んだ方がお得かしらとか、この人よりもっといいひとがいるかもとか、自己肯定感とか、そんな難しいことは、後から現れてアリバイをこさえているだけに過ぎないのだということに。


一番必要なのは、自分の機嫌を取ることだ。些細なことでも楽しむことだ。一杯の珈琲を淹れる時間に幸せを見いだすことだ。「自分を愛するから愛される」とか、「まずは自分から幸せになろう」とか、そんな文言はどうでもいい。それは所詮言葉だ、体感覚じゃない。むしろそんなものに翻弄されてしまう、「これは自分を愛するってことなんでしょうか」とか言い始めたら、完全に、馬鹿だ。人生の答え合わせなんぞ、少なくとも死後にやっていればいい。


f:id:sexrecipe:20190205190423j:plain

photo by Chaki Toyozumi


楽しいことを選び続けたら、当たり前だけれど人生は楽しくなるんだ。楽しくないことまで楽しめてきてしまうし、そんな自分はむっすりしているよりよっぽど魅力的だ。楽しんだらいけないというどこかに嵌められた枷を解いて。どうせいつ終わるかわからない人生。今ここで終わったことにして、駆け出してしまえばいい。



難しいことを考えてどつぼに嵌ったらね、少しでも楽しいことをしてご覧。
楽しむために生きてるって思って大丈夫だから。

嵌っていた、楽しむことを無意識に諦めていた、昨晩の私へ。




 ◽️性の悩みを越えて、心と体両方で愛し合える私になる
─────────────────────────────────────────


【セックスレシピ・コンサルティング

https://sexrecipe.works/sexual/

 



 ◽️ イベント情報
──────────────

【日程が変更になりました!】
 
3/2-3(どちらかの日程の予定)、沖縄で「セルフ・ウェラート・ジャーニー〜あなたの物語が溢れ出す、自己体験型の小さな冒険〜(仮)」を開催します。

詳細はFacebook、ブログ、また以下の無料ジャーナルにてお伝えします✨

トークライブからイベントまで、主催者さん常時募集中。呼ばれればどこへでも出向きます!)

 

◽️無料相談型LINEコラム、リニューアルスタート─────────────────────────────────


「S/Recipe Journal」

 
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)

 


──"Sex, Self and Story"の3軸。

以前と同じように、いつでも1対1のトークで気軽に相談できます。
Journalの読者さんはさらにイベントやメニューがお得に受けられるので、気軽にご登録くださいー!





SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.012BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.





罪悪感に塗り潰されるな。傷ついても、その溢れ出す愛を、貫け。


彼女が父親に、彼女(私)がいることをカミングアウトしたらしい。


帰ってきた言葉は、

「で、お前タチ(攻め)なの?ネコ(受け)なの?」

だったそうな。笑った。



・・・



カムア(カミングアウト)、という言葉が使われるようになってどのくらいだろう。


私が初めて愛した人は、FTM(ざっくりいうと性同一性障害の体が女性で心が男性。つまり男)だった。けれど、結局、「身長が高い・低い」とか、「足が早い・遅い」とかそういう個性でしかない。だから、カムアもクソもなかった。強いて言えば、「だから?」って。性癖が特殊だとか、こんな体験があるとか、そんな物はどうだっていい。多数派少数派は何においても存在する。中国人が人口が一番多いからって、別に私たち日本人がそれを恥じたりはしないだろう。足が遅い人の集団で、たった一人早ければそちらがマイノリティだ。マイノリティは、アイデンティティにはならない。そこに甘んじるな。


だから、カミングアウトという言葉が嫌いだ。いちいち承認してもらうだなんて。──とは言え、そこの苦悩だって知らない訳じゃない。当時の彼の苦悩を隣で見ていて、本当に苦しかった。今の彼女だって「…親父にカミングアウトしてきた」という言葉に緊張が孕んでいたのを知っている。そんな些細なことに、横たわるありもしない筈のタブーというものに、足元を絡め取られて自由に走れない、この空気が、私は大嫌いだ。





だからこそ、私は今の環境を選んだんだ。どれだけマイノリティだろうが、そんなものを気にする人は周りに誰もいない。複数恋愛も一対一の恋愛も好きにすればいい。不倫とか浮気とか、そんな上っ面な誰かの作ったどうでもい概念ではなくて、お互いの心を大事にするという、本質的なパートナーシップが前提の世界。つまるところ、"自分を丁寧に生きる"人たちのコミュニティ。そこでは、カミングアウトではく、"ウェルアウト"(well out:溢れ出す)が大事だ。私はこう感じる。私はこれを大事にしたい。「それはルール違反だ」というコミュニケーションぶった切るような人たちではなくて、「それはなんだか嫌な気持ちがするんだ」って、ちゃんと人と人として会話が出来る場所。





「この間ね、怒られたんだ。誠実じゃないって。傷つけてるって。でも、私は心から愛してるんだよ。そこに一切の嘘偽りはないんだよ。…でもね、分かってもらえなかった」


──以前、友人から零れた言葉。彼女は二人の人を愛していた。それを聞いて、やりきれない想いになった。どれだけ二人を愛しているか、どれだけそこで紡がれる時間が幸せだったか、涙まじりに語った彼女の言葉に嘘はない。


「…けど、どれだけ分かってもらえなくても、仮に周りの人たち全員に否定されたとしても。あなたと、彼だけは、そこに在った愛を知ってるんじゃないか。だから、そこだけは偽るなよ。譲ってしまうなよ。それを本当にしておけるのはあなたと彼だけで、妥協したらそれは嘘になってしまうから。当人しか分からない世界はあるんだよ。外から見たら表面しか見えないから。罪悪感とか、そんなものに塗り潰されるなよ。これが私たちにとっては真実なんだって、当たり前のように突き進んでいけよ。その罪悪感は自分の迷いだから。何度も確認して、自分の一部のようになったら、何を言われても揺らがないし傷つかないから」


伝えているうちに、私まで込み上げた。愛したい人を、愛したいだけ、愛せない世界なんて。外野は黙ってろ、自分にとっての愛くらい、自分で決めなくてどうするんだ。愛とは、なんて誰かから教わるくらいなら、私たちは永遠にwikipediaの住人だ。





傷つくことのない愛は、愛じゃないと思う。生きてる限り死ぬように、走っていれば転ぶこともあるように、それはある種の必然だ。いいんだよ。傷ついて、目一杯泣いて、ぶつかって、確かめて。幸せだけとか、ただただ愛されるとか、それも真実だけど、生きてるんだろ。何一つ傷がないのなら、それは傷つくものが一つもない牢獄で育ったか、何にも直に触れることなく生きてきたのかのどちらかだ。雨が冷たいとか、雪は触れれば解けるのだとか、裸足の下で砂浜の砂が海にさらわれていくこそばゆさとか、生きるってそういうことで、愛するってそういうことだよ。だからこそ、感動するんだ。心が揺れて、揺さぶられて、新しい自分に出逢って。だから、私たちは、誰かを愛するんだ。


f:id:sexrecipe:20190125163002j:plain




今、自分の中から溢れ出している="ウェラート"しているものは、何。

それを握りしめて。小さくてもいい、一歩を、踏み出せ。
その先に、感動する景色が、絶対に待ってるから。





 ◽️性の悩みを越えて、心と体両方で愛し合える私になる
─────────────────────────────────────────


【セックスレシピ・コンサルティング

1月中のお申し込みに限り、5000円オフキャンペーン中。

https://sexrecipe.works/sexual/

 



 ◽️ イベント情報
──────────────

 
2/23,24、沖縄で「セルフ・ウェラート・ジャーニー〜あなたの物語が溢れ出す、自己体験型の小さな冒険〜(仮)」を開催します。

詳細はFacebook、ブログ、また以下の無料ジャーナルにてお伝えします✨

トークライブからイベントまで、主催者さん常時募集中。
 呼ばれればどこへでも出向きます!)

 

◽️無料相談型LINEコラム、リニューアルスタート─────────────────────────────────


「S/Recipe Journal」

 
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)

 


──"Sex, Self and Story"の3軸。

以前と同じように、いつでも1対1のトークで気軽に相談できます。
Journalの読者さんはさらにイベントやメニューがお得に受けられるので、気軽にご登録くださいー!





SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.009BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.






パートナーとうまくゆかないのは、「分かり合おう」とするから。


大好きな人には、自分のことを分かってもらいたい。

けれど、よくよく考えてみれば、
自分すら自分のこと、よくわからないじゃないか。


・・・


結論から言えば、甘えなのだ。


70億通りの世界がこの地球には合って、それは多少類似することはあれど、重なることは決してない。だから、「分かった気」にはなるけれど、「分かった」ことはない。一瞬、分かり合えた気がして嬉しくなるけけど、本当に分かっているわけじゃない。


だのに、他人に分かってもらえるのだという気になって、一度分かってもらえないと腹を立てる。だから、いつだってうまくゆかない。ぶつかる。前提がずれているんだ。「あなたのことはマジで分からない。私のことも分かってくれなくて大丈夫。でも、私はここにいるし、この先歩む道を、あなたと共に歩みたいと思う」。違うことを、恐れすぎている。違うからこそ愛せることを、気づけば忘れている。


www.youtube.com



この動画はなかなか面白かった。こういうことなんだ。違うことを恐れて、違うからと遠ざかってしまうけれど。人を愛しているのであって、価値観を愛しているのではない。でなければただの倒錯だ。「◯◯だから愛している」のではなく、「◯◯だけど愛している」の方が本質に近い



付き合いの長い友人と話していた。


私「ぶっちゃけさ、例えば『今年はこういう流れが来ます』とか言ってるようなタイプは大嫌いなんだよ。今年はこうしたいとか、僕の周りはこう、なら分かるけど、だったら70億人の統計取ってこいって思うわけさ」

友「え…、私結構そういうの言っちゃうんだけど」

私「知ってるよ。でも別にそういう"価値観"とか"タイプ(傾向)"が好きじゃないってだけだよ。私は親友のあなたが大好きだよ。例えば、私の幼馴染に限っては未だに言動の大部分が理解できないし共感できないけど、でもだからこそ、今でももっと知りたいと思うし、やっぱり大好きだもの」



文章が鋭いから、藤井みのりの性格は鋭くて強いと思われがちなのだけど、そんなことはない。大好きな人に嫌われたら毎回過呼吸になるくらいに繊細だ。だから、それと同じだけ、人を嫌いたくない性分でもある。


昔、大切な人に突き放されたことがある。すごく尊敬して、大好きで、お世話になってきた人だった。3日間泣き続けた。何が悪かったんだろうと自分を責め立てた。私は悪くないけど謝って許して貰えないだろうかとか、打開策を死ぬほど考えたけれど、すでに連絡手段すら断たれていた。

その先に見出した答えは、「相手が私を大嫌いだろうと、私があの人を大好きで愛していたら、それで全然問題ないじゃない。分かってくれないと嘆いて、私が相手を勝手に悪者にして嫌いになってしまうことの方が、よっぽど嫌だ」だった。傷つくのは辛いけれど、それを避けて私を曲げたら、私も相手も私に失望するだろう。私を突き放したその考えはまるで理解できないけれど、理解できないものを理解できないという事実ごと愛してあげればそれでいい話だった。半年後だったか、突然連絡が来て、謝罪の一言もないあたりが最高にその人らしくて、愛おしいなぁと笑みが溢れた。


f:id:sexrecipe:20190124192548j:plain


分かり合えなくていい。距離が近くなくていい。「あなたとあなたの大切な人」に一番ふさわしい距離と相槌で歩んでいればいい。パートナーシップの形を定めるな。自分の形状を固定してしまうな。



私は私。あなたはあなた。それ以上、本当は何もいらないんだ。






無料相談型LINEコラム、リニューアルスタート。

「S/Recipe Journal」

 
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)

 


──"Sex, Self and Story"

以前と同じように、いつでも1対1のトークで気軽に相談できます。
Journalの読者さんはさらにイベントやメニューがお得に受けられるので、気軽にご登録くださいー!



SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.009BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.


「3回連続で、挿入でイケた!」という友人の分析をしてみた



多くの女性は「中イキ」しづらい(ということは当たり前のように男性の方々には頭の隅でなく中央あたりに留め置いておいていただきたい)。


当然だ。中があまりに敏感だったら、出産の時の痛みは鼻からスイカどころか冷蔵庫を出すくらいの痛みになるだろう。とはいえ中が「気持ちいい」というのも、本当だ。


要は、最初から人間は歩けないけれど、やがて歩くことを覚えることと似たようなものだ。つまり、「歩こうとしなければ歩けない」ように、「気持ちよくなろうとしなければ気持ちよくならない」のだ。けど、なかなかどうして人間成長すると諦めを覚えてしまう。「そんなの無理だよ」が口癖になる。気持ち良さの追求をやめてしまった人類の未来は、もしかしたら、二足歩行すら諦めてハイハイで皆が通勤している世界かもしれない。

 

 

人間は「覚え成長する」生き物だ。身長や運動神経のように多少生まれ持った才能や特徴の差異こそあれど、ポテンシャルは誰にでもある。諦めたら試合だろうがセックスだろうが、そこで終了するということだ。




親友から電話が掛かってきた。「聞いて。知っての通り中でイケなかった私が、……3回連続でイケたの。幸せすぎる、どうしよう」自分ごとのように嬉しくなった、「それはマジでお祝いすべき。今すぐホールケーキを買いに走って!」


2、3年前だったか、彼女にバイブコンサルとしてバイブを選んであげたことがある。彼女は外イキ(クリトリスでイくこと)しか出来なかったし、中に指を入れるなんて怖くて出来ないというタイプだった(そういう女性は一定数いる)。小さめでソフトな物を選んであげた数日後、届いたメールに爆笑したのを覚えている、「みのり、ヤバい!!!バイブヤバすぎる、入れて5秒でイった!!!」さすがに5秒は早すぎる。


けれど、バイブとちんこは全くの別物だ。自分でコントロール出来ない。相手の都合もある。彼女に聞いてみた、「3回連続でイけるようになったのには理由がある?」返ってきた答えをまとめるとこうだ。



・セックス後に彼と、「これが気持ちよかった」「ここはこうして欲しい」の共有をしていた

・彼が本当に上手になった。具体的には、舌でとにかくゆっくり丁寧に、「イかそう」とかではなく、クリを舐めてくれて、中を優しく刺激してくれる。

・イきそうになったら、「イきそう」と伝える。そうしたら彼は手と舌を止めて、すぐに挿入する。イく手前まで自分が上がっているから、挿入の刺激を少しプラスするだけでイける、という図式。

 


セックスはコミュニケーションだと、このブログの最初の記事から伝えている。ノウハウじゃない。それは結果論だ。コミュニケーションのないセックスはただのオナニーだ。愛のないセックスはスポーツのようなものだ。別にそれらはそれらで好きだけれど、本当に「心から」イきたいのなら、自分の体と相手の心に向き合うことは避けて通れない。



ちなみに、単なる「気持ちいい技法」で気持ちよくなれる最大値は2~3割が限界だ(当社比)。唸るほど上手い技術を持っている人には男の人でも女の人でも舌を巻くけれど、けれどそんなものなのだ。きっと多くの女性が一度は体験したことがあるはずだ、「どこかで冷めているセックス」は。気持ちいいけれど、冷静な自分がいる。喘いではいるものの、晩御飯どうしようかなー、とか考えている。


それを溶かすのが、心だ。それは彼氏やパートナーでなくてもいい。ただ、自分が心から自分という人間をさらけ出せる相手。初対面だとしても、とろけるくらいに投げ出せる関係性。「脳イキ」という言葉があるように、体でなく脳(心)で抱きしめて欲しいのだ。それを抱きしめてもらえた時、何もかも投げ出して、「トべる」のだ。






「自分がしてほしいことを伝えて自分が気持ちよくなることで、
 相手がほんとに喜んでくれるんだなってことが心からわかって、
 そんな存在の自分すごいやん!!!と自信になりました。
 言われたことそのまんまなのですが、実感できて嬉しいです。」


この言葉を読者さんから聞いた時、本当に嬉しかった。



「体に素直になったから、素敵な人に出会えた!」
「最高のセックスが出来て、今めちゃくちゃ幸せ!」
「イケるようになってから、自分に自信が持てた!」


そんなみんなの笑顔が見たくて、私はこの仕事をもう7年近く続けているんだと思う。



f:id:sexrecipe:20190121205401j:plain



自分の体を愛さずに、自分を心から愛せるかよ。
 

もっと自分のことを好きになって。
パートナーが喜んでくれて、相手ごと、自分に自信が溢れていく。




タブーを超えた先に、自分だけの「愛にあふれた自分」が、待ってるから。







「あなただけの、オリジナル"セックスレシピ・コンサル"」スタート!


性のことに、本気で向き合いたいあなたに、私も向き合うから。
対面・通話お好きな方を選べます。コンサル後、1週間のサポート付き。
1月中のお申し込みに限り、5,000円オフキャンペーン中

"私だけのセックスレシピ"を、人生で一度、作ろう。


詳細はこちらから▼

https://sexrecipe.works/sexual/






【News ! 】


無料LINEコラム、リニューアルして再スタートしました!

性のことを気軽に話せるコミュニティや
24時間相談出来る、読者さんへのお手紙LINEコラムです。

「S/Recipe Journal」
 
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)

 


1/19最新配信

『#002 「 あのね、」って言える世界がいいな』


以前の100を超えるバックナンバーは見れないけれど、前と同じように、いつでも1対1のトークで気軽に相談できます。
またゼロから、読者さんと小さな物語を共有していきたい。性のことはブログで触れさせていただきます!




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com







Words Warm the World.