セックスレシピの作り方

恋も、性も、私らしく。「自分をもっと大切にしたい」と思った時に読むブログ。

「愛される」と「期待」の関係の話。


「こういう期待をされているんだろうな」と無意識に思っている物事は少なくない。

例えば、早く返事返せよって思われているんだろうな、とか。
例えば、もっと好きって言って欲しいんだろうな、とか。
例えば、仕事の効率悪いと思われてるんだろうな、とか。
例えば、敬語使えよって思われてるんだろうな、とか。

それが事実にせよそうでないにせよ、そう描いてしまった時点でプレッシャーだ。そして、顔を覗き込まなくたって、色はなんとなく察せてしまうのが人間だ。生きている時間が長いほどに、その精度はきっと上がってゆく、判断材料になるサンプルデータが多いからだ。そうして気付けば、反射的に生きてしまっている自分がいる。





期待に(私なりに)応え続けてきた人生だったと思う。何かを自分から決定した時だって、ずっと周囲の顔色を伺ったり、きっとこれを選ぶことが正解なんだろうなとか、これを選んだら喜んでくれるのだろうなという基準があった。判断を下すタイミングだってそうだ。今切り出したら怒られるだろうとか、早く決めないといけないという無言の圧力とか。





三つ子の魂百までというけれど、長年染み付いたものはそう簡単には拭えない。どれだけ描いた方へ舵を切り直したって、アンバランスな体勢を立て直したって、体どころか心に染み付いたものはなかなか治らない。治ったように見えて、もっと無意識下に潜り込んでいたりするから厄介だ。


そして最近になってやっと気が付いた。もしかしたら、これが私の鬱の原因だったんじゃないかとも思っている。「自分を生きる」という方向へ羅針を立てて、それが本能的に欲するものだと気付いても、肝心の中身が伴わない。分かってはいても、具体的なものが見つからない。それを散々してきたつもりで、それもまた掘り下げれば誰かの期待だったという玉ねぎみたいな現象。そして尚且つ、染み付いた癖で結果、「自分が選んでいると思っているのに延々と誰かの期待に走らされ続けて、エンジンを蒸し続けるだけ」になっている。







冒頭に述べた、目に見えないものも数えるならば、きっとそこらじゅうをぐるりと「期待」というものが取り囲んでいる。イライラをぶつけられるとか。拗ねられるとか。嫌な空気を出されるとか。催促されるとか。それらを跳ね除けるだけの自己愛が必要だけれど、それを育むにはそれらに応えずに淡々と自分のために歩んできたという軌跡が結構必要になってくるというパラドックス




そしてそういう類の期待は、本当の意味での「どうなっても構わないから、お前のやりたいようにやってご覧。どんな結果でもお前を受け入れるから、自由に生きろ」という "期(を)待(つ)" ではなく、大抵は自分の機嫌取りを他人に丸投げした結果だ。手っ取り早く他人をコントロールしたいだけだ。

  

f:id:sexrecipe:20190615032636j:plain



私は、そういう人と居たくはないし、そういう人間ではありたくない。してしまうことのある自分への自戒も兼ねて。だから。



と夜中に心の中で大きく叫んで、寝ようと思う。




【相談&報告型LINEコラム】
  
無料、不定期配信。
  
いただいたお悩みやご相談に答える形で配信中。
LINE@でしか読めない限定コラムは
こちらから友達追加で簡単に読めます。

      
「S/Recipe Journal」
 

   
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)
  




TwitterFacebookInstagram(フォローお気軽にどうぞ!)

        Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

   Facebook:ホットなハイライト。

   Instagram:インスタでもブログ読めます。

 

 

 
■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

私にとって、人と生きる上で、一番大切なことの一つ。


自分にとって心地いい距離感、というものを最近よく考える。


例えば必要以上のスキンシップは苦手だ。手を繋いだら歩きにくいし。触られてたら気が散るし。本当に抱きしめて欲しい時だけ抱きしめて欲しいし、あとはもうセックスの時でよくないか、と思ってしまう。

例えば主題のないトークは苦手だ。用件が終わったらLINEは終了するし、基本的に電話も苦手だし、グループチャットなんてすぐに抜けてしまう。

例えば自分の機嫌を自分で取れない人が嫌いだ。どう考えたって、「こうすれば機嫌が良くなる」を知っているのは自分な訳であって、具体的な手法を提示されるならばまだしも、機嫌の悪い時に私に話しかけないで欲しいと思う。



その辺りを考えるに、私の心地いいと感じる距離感はもしかしたら平均値より少し長いのかもしれない。無理にべったりしたくない代わりに、久しく間が空いても最近会ったかのように話せる間柄が好きだ。生産的なこと、クリエイティブなことに互いに没頭できるなら、いつまででも長い時間一緒にいたいと思える。


私にとって、人と生きる上で、一番大切なことの一つ。







それは、単に私が生きたい世界を心地よく生きたいからだ。


だから、それが揺らぐことが一番苦しい。もっと常識的にとか、もっと人を疑ってとか、相手に合わせてとか、そういう指針に私の羅針が引っ張られてしまっているときが、一番辛い。生き辛さというのは、そういうところから来ているんだと思う。思うように振る舞えない、進みたい方へ進めない。フラストレーションに雁字搦めになっていく。私は、素っ裸で生きていたいし、裸のままの私で相対したいんだ。




その上で、私は、新しい世界に飛び込みたい。羅針が動かないから、自分を拡張する他ない。今年の役残り半分は、新しいことに手を伸ばしていきたい。やってみて、続かなかったら、納得いかなかったら、次へ、また次へ(とりあえず来週長野へ釣りへ。あと陶芸セットを注文してみたりとか)。


ふらっとノープランでとりあえず海外に住んでみる、っていうのも悪くないかもしれない。


f:id:sexrecipe:20190612225746j:plain




────好きな人がくれたこの言葉が、好きだ。






【大好評。無料:LINE限定コラム】


『完全無料。よりクローズドな、もう一つのセックスレシピ』
   
   
月2~3回のフリーコラム。
相談質問、いつでも気軽にどうぞ。
完全手動でお返ししております。
    
読者さんと紡ぐ、セックスレシピの
アナザーストーリーのコラムはこちら▽
    
      
「S/Recipe Journal」
 

   
(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)
  




TwitterFacebookInstagram(フォローお気軽にどうぞ!)

        Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

   Facebook:ホットなハイライト。

   Instagram:エモい物語をあげて行く予定。

 

 

 
■Mail■

lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 





自分はどんな人間なのか、と立ち止まった時に。


「自分を大事にする」という言葉を、最近手にとって改めて眺めてみている。お大事にとか、誰かを大事にしたいとか、割とあっさりと言ってしまう言葉だけれど、詰まるところどういうことなのだろう、と。


「あなたは人を大事にしない人だね」と言われたとする。この時、二つの選択肢がゲームならば眼前に現れている。


▶︎"この人の描く自分"を大事にしますか
 "自分の思う自分"を大事にしますか

 

と言った具合に。



主語がない、省略して構わない、と言うのは時に悪い文明だとも思う。気付くと手品のようにすり替わっている。それは相手の主観なのか。それとも自分の主観なのか。いつの間にかあたかも自分が考え感じたように錯覚してしまうから恐ろしい。けれど、種明かしまでがセットなのだ。翻弄されたとしても、後半のコマンドは最終的に選択できるようになっている。なぜなら今回の主人公は自分以外にいないから、だ。



だからといって、主人公のステータスやそのロールそのものが不変であるかと言うとそうではない。主人公とプレイヤーは、イコールでないからだ。メタ、つまり設定を弄ることが出来ながら、世界観の中で物事を感じることが出来るという二重構造になっている。私達に与えられた自由は、「自分の中の"分人"を選択できる」ということだ。「どの自分で物語を進めますか」というコマンドが、画面端に四六時中提示されているのだ。


分人主義の考えでふとこの記事を思い出したので貼っておく。一秒前の自分を裏切れ、貫かないことを貫け、と言うのは私がそれこそ"大事にしている"指針なのだけれど、詰まるところその自由さの話だ。NYでなくたって、進む道先に照らすべき松明は、誰もが宿している。


sexrecipe.hatenablog.com




ありたい自分である自由、……と言うと大層なことに聞こえるかもしれないが、理想とか夢とかそんな壮大なことじゃなく、今この瞬間どっちを選んだら自分が嬉しいか、という子どもにもわかる理屈で選んでいいはずだ。でなければ、人は生まれながらに不自由じゃないか。運命が決まっているという諦念説も、自分で切り開くという熱血説もあまり好きではない。というかそんな、仮にどっちかだとしても何も実際は変わらないような問答はどうだっていい。選択の自由があることをつい忘れてしまっている、ということを忘れないでいればいい。



同じ構図なのだ、自分がどんな人間か、だなんて。優しいと言われても非人道的だと言われても、そんな言葉に括ることは到底出来ないし、その言葉があってもなくても、自分という人間そのものがその瞬間から変わるわけではない。だったらそれは気にすることでも意に介すものでもない。決定権は自分にあるのだから、言葉は自分から産んでゆくべきだ。松明の火と共に焚べるべきだ。他人の言葉は決して刺さらない。背に刺さり、そして背を押して、突き動かすのは、自分が選んだ言葉だけなんだ。



f:id:sexrecipe:20190610032904j:plain



Just do it. This is MY way.


───────

【お知らせ】

6/21(土)予定していた江ノ島でのイベントは事情により延期となりました。
予定を開けてくださっていた読者さん、ごめんなさい。

また追ってご連絡します。




読者さんと紡ぐ、アナザーストーリーのコラムはこちら。

「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.012BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.


 






 

絶賛浮気中の今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


ぶっちゃけると、最近彼女公認で浮気をしていて(浮気とは微塵も思っていないけれどわかりやすく図式にするとそうなる)、最近彼女とその子とで喧嘩したというので絶対修羅場になるのも目に見えてはいるんだけれど、「3人で住んだら絶対面白いのになー…」ということを思っている。更にぶっちゃけると、その子と通話を繋ぎながら彼女とシたセックスがなんかもうシチュエーションに燃えすぎてしまって、声聴いただけで潮吹いてしまったから、セックスはテクニックより相性より時に大事なものがあるぞ、と最近思っている。


最近LINEコラムの方は、私がコラムを書いて、感想として返ってきた読者さんの面白い物語を匿名で読者さん達に共有して、すると化学反応が起きてそれをまた共有する、という形を取っている。みんな言わないだけでさ、本音を、タブーだからって言えないだけでさ、好きって気持ちを、けれど隠せる物でもないから、こういうクローズドな場所でぽろりと打ち明ける。それでいいと思っている。そういう場所でありたい。そういう意味で、私のLINEコラムは媒体というより媒介なんだろう。



「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




最近は「2人とも好きなんです!」という話が多くてニヤリとしている。何たって私の掲げる言葉は「愛したい人を、愛したいだけ、愛せる世界」だ。いいじゃないかと背中をドカンと押していく。これは私が先陣切っていきたいし、その姿で「まぁ傷だらけにもなるけど、それでも好きな人を好きで入れるのって、やっぱ幸せだし楽しいんだよね」って笑っていたい。そりゃあ私も葛藤するし。その二人が喧嘩しているの見たら「まぁ私のせいですよね」ともなる。酔いが回った暁に、その潮盛大に吹いた後、おまけに盛大に泣いた。二人に怒られた。「お前がワガママ張らなくてどーすんだ」「正しさより譲れない間違いで突っ走れよ」──はい、としか言えない。今後は二人に何があっても、私は私のワガママ張っていこうと心に決めた瞬間だった。…ありがとう。



"長年付き合って来た彼も大事にしたい、けれどこのときめきも止められない"。…そういうもんだろ、人間って。そういうもんでしょ、恋愛って。だから楽しいんだってこと、忘れると女として、人間として、何か大事なものを失ってしまう気がしている。振り回して、「傷ついた!」とかぶつけられた言葉に傷ついたりして、でもやっぱり「…それでもね、愛してる」って言えた時、人は無敵になる。恋愛に限らず。そこら辺に、私に取っての「愛」の定義みたいなものが転がっている気がしている。



f:id:sexrecipe:20190517204132j:plain




5月に入って、やっと、自分の足と自分のペースが合ってきた気がする。今まで走ろうとして、そのテンポが合わなくて、足を縺れさせていた感覚があって。何度も転んだ。きっとまた何処かで転けるのだろうけれど、それでもやっぱり走り続けたいんだ、私は。



来月久々のイベントをやろうと思っている。6/21(金)、江ノ島ラムピリカで。詳細はまた追って告知するけれど、よければ開けておいて欲しい。今までより、「優しさ」と「シャープさ」のある内容。それは私達に限らず、参加する側も。何も生まれない「対話」は、嫌いなんだよね──。




惰性で愛したくはないから。私は永遠の愛も誓わないし、嫌いなものには手を振って笑って"バイバイ"がいい。



───────


読者さんと紡ぐ、アナザーストーリーのコラムはこちら。

「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.012BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.










私を確認するということ。──"Re: I am"という一ヶ月を過ごして。


初めまして、お久しぶりです、こんばんは。

「私という人間を、一度終わらせてみる」といって潜った先は、何者でもない自分。肩書きとかじゃない。結論から述べると、──この一ヶ月、死ぬほど長かったっす。逆精神と時の部屋みたいな。





「今までの自分でない自分でいる」なんて、このご時世、至極簡単で。他人といる時間を増やせばいい、その人が自分に溶け出していくから。今までと違うタイプの人と居ればいい、どんな人もネットですぐに仲良くなれる。なんならバーチャルだっていい、この一ヶ月は特に、バーチャル感が強かった。人生は多かれ少なかれロールプレイングだけれど、そのロールを強めればいい。何にだってなれる、ただし今の自分が許す限りの範囲内で。


そうして鏡の少し向こう、奥みたいな世界に身を埋めて見れば、新しい目で自分の価値基準をもう一度見渡せるのだ。海外に行って、日本の良さが分かるみたいな。





飲まれて染まるものと、そうでないものがある。飲まれてみるのも流されてみるのも悪くはない。ただ、「自分は今自分の意思で流されているのだ」ということを忘れてしまうと、辛い。そのロールは些か堪えるものがある。正直飲まれて堪えていたところもあるのだけれど、必ず思い出させてくれる人がいるものだ。「あなたは自分でそこに居るんだよ」。あれ、と思って身を起こせば、足がつくことに気がつく。濁流はせせらぎだったことに気がつく。数歩歩けば陸に上がって、大きく一つ伸びをする。人生は、そんなものだったこと思い出しながら、ゆっくりお茶でもしばこうかと歩き出す。




f:id:sexrecipe:20190501200051j:plain

photo by Chaki Toyozumi




先の見えない不安に苛まれるけれど、先が見えてしまう物語はやっぱり嫌だったし、先が見えないのが人生なのだから、クレームをつけたって仕方がないのだ。ただ、栞は挟んでおくといい。こんな感動がまた読みたいのだというページに。何度だって読み返せる。その、情熱というほど熱くなくて良いけれど、温かさでページを捲る。だいたい36度くらいの温かさで。



一ヶ月分のことだからとりとめなくなってしまったけれど、散文体も悪くはないよね。そういう訳で、やっぱり文字と物語に私は回帰したことをお伝えしつつ、またせっくスレシピをどうぞよろしくお願いします。






読者さんと紡ぐ、アナザーストーリーのコラムはこちら。

「S/Recipe Journal」

 

(またはLINE ID "@gdl2473t"を追加)




SNS◼︎フォローお気軽にどうぞ!)


Twitter藤井みのりの脳内メモ帳。

Facebook:ホットなハイライト。

Instagram & note : プチエッセイ連載中。

VALU: 現在の時価総額0.012BTC

 

 


■Mail■


lovecreator.minori@gmail.com

 

 

 


Words Warm the World.